読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

翌日が憂鬱なときにしていること

早く寝る。

 

例えば普段が6時起床であれば30分~1時間早く(多く)寝る。さらに頭と体がゆっくり休まるように、消灯3時間前には夕食を済ませておく。間食の変わりに(天候と体調にもよるが)30分程度ジョギングやウォーキングの有酸素運動ができればベスト。もし雨が降った読書や好きなことをしてゆっくり過ごす。

 

憂鬱(ゆううつ)がなぜ起こるかは分からない。気持ちの浮き沈みは人によって様々だし、同じ人でも仕事やプライベートの状況によって心身の状態は日々違う。ただ望まない何かがあって、役割・立場・責任・人間関係などから避けて通れない状況だから憂鬱になるのかもしれない。

 

「嫌なら辞めればいい」とか「好きなようにすればいい」いう見方もあるが、直近の現実と向き合わねばならない時もある。そんな時は心と体を備える。寝不足の体ではベストな力は出せないし、休めていない頭では思考力も落ちる。

 

1年365日。
全ての日が絶好調なんてことはない。
2:6:2の法則は有名だが、仕事も同じで調子が良くて成果がバンバン出るのはせいぜい20%。逆に何をやってもダメダメな20%の日もある。そんな日は余計なことを手放して早く寝る。

 

そしてまた明日頑張ればいい。

完璧な人間はいないのだから、
そんな日もあっていいと思うのです。

 

f:id:es4794:20160904235830j:plain