読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

「仕事に終わりはあるんですか?」と質問した学生の話

これから働く これから働く-質問事例

ある高校生(Aさん)とアルバイトの話になった。
千葉市内のファミレスで結構忙しいらしい。

 

A「川島さん、仕事に終わりってあるんですか?」

川「いー質問だわ~、なぜそう思ったの?」

A「だってバイトって仕事が途中でも時間で終わるじゃないですか」

川「そうだね。たまに残業とかはしない?」

A「忙しい時は、店長がもう少しお願い。とかはありますね」

川「なるほど、基本はアルバイトは時間で終わるよね」

A「でも店長はいつも忙しそうだし、遅くまで大変そうです」

川「大人になったら店長みたいになってみたい?」

A「ん~、ちょっと勘弁ですね」

川「どうして?(笑」

A「働いても働いても、上の人から厳しく言われてるみたいだし、、、終わりなき戦いって感じで、、、大人って大変ですね」

川「そう、仕事に終わりはないよ」

A「やっぱり」

川「終わりというより、区切りかな」

A「区切り?」

川「逆に、仕事の始まりはどこだと思う?」

A「店長や先輩からの指示ですか?」

川「そうそう。ただ全体で見れば始まりというより、Aさんに合流してもらう感じなんだよね」

A「あー何となくわかります」

川「仕事に始まりがないように、終わりはないのよ。だから区切り(節目)なの」(略) 

 

事業や仕事にも始まりと終わりはあるけれど
会社や個人の人生で見れば区切り(節目)の共有。

人それぞれ違う道を走っている。
途中で合流したり離れたりしながら
沢山の人と一緒に走ることもあれば
一人で走ることもある。

でもずっと走り続けることはできない。
だから区切る。
誰かが用意した区切りでもいいし
自分で決めた区切りでもいい。

仕事を区切り(節目)と捉えると
まるで自分の進路を考えるように
今までを振り返ったり
今後を考えやすくなる。
もちろん休憩して次に備えるのもいい。

休憩やリフレッシュの時間すら惜しい。
と言う人もいるかもしれない。

しかし区切りなく走り続けると
やがて走れなくなってしまう。
毎日山のような仕事をして走り続ける人ほど
区切りをつけてはいかがでしょう。

一生に一度の人生だから。