読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

応募学生を低く見る大名選考が依然あるというから驚き

これから働く これから働く-新卒採用

新卒採用の話。

学生に対して上から目線で

会社説明会や選考する採用担当は依然としてある。

というのは、応募者や就職相談に来る人からの話。

 

毎日履歴書を見て面接で「是非御社で働きたいです!」

というような志望動機を聞き

採否を決定していれば無理もないかもしれない。

 

ただ気をつけたいのは

選考は対等だということ。

 

ある学生からこんな話を聞いた。

とあるエンジニアの新卒選考試験では

簡単な模擬研修を行い開発仕様を渡し、

小規模なプログラム開発を行うような

業務さながらの選考を行うらしい。

 

おそらく現場を限りなく再現し

教育⇒実務⇒結果というフローを

選考過程で見極めようとしているのかもしれない。

 

なるべく戦力になる学生を選べるように

なるべく確証に近い判断ができるように

なるべく後悔しないように、、、企業がね

 

確かに新卒を教育して戦力になるまでは時間が掛る。

本人へ給与も払うし教育担当の社員も

準備やら何やらで生産性は落ちる。

こうした費用は会社の持ち出しになるから

なるべく早く一人立ちして稼げるようになって欲しい。

 

改めて言いたいのは

採用は対等だということ。

 

企業は採否の決定をするように

学生も企業を選ぶ権利がある。

だから会社都合を優先しすぎる選考方法は

学生にしわ寄せ行き見透かされる。

見透かされれば選考辞退や内定辞退に繋がることもあるだろう。

 

今時点の可視化できた能力で判断するか

今時点では見えないが可能性を見るか

 

選考方法に正解などないのだが

これだけは経験上言い切れる。

企業にとってベストな選考が

学生にとってベストだとは限らない。

 

採用は縁。

仕事を通して一緒に歩んでいく人を

限られた時間の中で選ぶ。

まるで婚活。

 

メッキは遅かれ早かれ剥がれる。

だから企業側が学生を選ぶように

学生も企業が選べるような選考になるよう

当社ではできる限り情報を出している。

会社の良い所だけでなく今後の課題も

エンジニアで働くやりがいや魅力だけでなく

苦労話や働く厳しさも。

 

どちらかが一方的に満足するのでなく

双方が満足する着地を探していくような

選考を行う企業が増えていけば

納得して働く人が増えていく。

 

そして納得して働く人が増えれば

企業も業界も地域も

さらに良くなっていくと思うのです。