読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

最終面接で遅刻した学生が内定した理由

失敗のリカバリに将来性を感じたから。

ある学生から面接開始30分前に電話があった。

学:本日9:30から面接予定のAと申します。

川:どうしました?

A:実は電車の乗り継ぎを間違えてしまったようで、到着が10分程遅くなる見込みです。

川:了解しました。気をつけてお越しください

A:誠に申し訳ありません。失礼します。

(申告した時間通りに来社)


A:お忙しい中でお時間を頂いたにも関わらず、遅刻して大変申し訳ありませんでした。

川:どのような乗り継ぎで来られました?

A:◎◎⇒**⇒△の**駅で乗車する電車を間違えてしまいました。

川:9時に**駅に居たということは、もし平常だったら何時頃着く予定でしたか?

学:30分前には千葉駅に着く見込みでした(略)


面接でも失敗談を聞くことはできるが
過去の話なので信ぴょう性が疑わしかったり、
就職エージェントを経由していると
どこまで加工されているかわからない。

この学生も試験科目はすべてパスしていたものの
リアルな失敗を誠実にリカバリした点は
大きな安心材料になった。

一度説明会で来社しているので
移動時間は予測しやすい状況だったはず。
にも関わらず30分前到着で準備していたから
10分オーバー程度の遅刻で済んだのだ。

結果だけ見れば失敗でも
経緯を紐といていくと
どのような準備・判断をし
どのように乗り越えようとしたのかが見えてくる。

仕事は問題と判断の連続なので
失敗は日常茶飯事に起こるもの。
だから失敗はNGではない。

失敗しないように最善を尽くし
失敗を乗り越え今後に活かせる人なのか。

荒削りでも将来性を感じる人材とは
「失敗を活かせる人」かもしれない。