情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

夏休みのある日、就職模擬面接で変な社会人がやってきた

夏休みのある日
高校卒業後の進路が民間就職の私は
採用試験の準備で学校へ。

就職の面接指導にやってきたのは
見た目は篠原信一・中身は松岡修造のような
ちょっと変わった社会人。

面接前の全体会の挨拶で
いきなり友達の女子高生に
「好きです付き合ってください♡」と告白し
「ごめんなさい」とあっさりフラれる。

でもどんな人かわからない人と付き合えないように
就職の面接は私のことを知ってもらう場なのかも。
と何となく感じた。

不慣れな就職活動。
雲を掴むような面接対策。
何を聞かれるか解からないから
準備をしても不安が拭い切れない。

そもそも正解がない
どこまで掘り下げればいいのか
手応えがあるような無いような
この不安を少しでも軽くするために
何かヒントが掴めれば。

そんな中で授業がスタート。
普段学校では聞いたことの無い話。
「高卒就職は入社3年で50%が辞めている」
「これからは東京五輪の影響で景気の風向きが変わる」
「会社は新卒採用に投資している」


最初はよくわからなかったが
もし私がバイト先の店長だったら
時間とお金をかけて教育した新人が
大した理由なく辞めたら
ムカつくなぁ、、と思った。

それから模擬面接が3時間。
面接官の目線で友達の面接も見れたが
みんなスラスラ話せてすごいと思った。
私は、、、緊張で何を話したかよく覚えていない。
けど、友達は「良かったよ」と感想をくれた。

f:id:es4794:20160820193148j:plain


何となく1回目より2回目の方が
手応えがあった気がした。

ということは3回、4回と繰り返せば
自分の力を出し切れるかもしれない。
もう少し練習してみようかな、、(つづく)

 

 

修造です。
あっという間の3時間でしたね。
生徒皆さんから真剣なエネルギーが
ビシビシ伝わってきました。

今回の授業は
社会という海へ船出する皆さんへ
海図とコンパスをお届けしました。
手ぶらで闇雲に頑張っても苦労するので
安心して踏み出していただければと思います。

初めてのことだから
自信が無いのは当たり前。

必要なのは勇気。
勇気が行動になれば
行動は経験となり
経験がやがて自信になるよ。

一生に一回の人生
勇気を持って行動して
新しい自分に逢いに行こう。

f:id:es4794:20160820173932j:plain