読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

部下を強く指導する時ほど同調が必要な理由

人を指導する時によくあるのが
指導に便乗して正論を押し込むこと。

例えば部下Aが勤務中にケアレスミスが多いのを
部下Bから上司Cに報告が上がったとする。

C:A、ミスが多いらしいな。

A:申し訳ありません。

C:仕事を何だと思ってるんだ?やる気あるのか?

A:あります

C:だったらミスは減るだろ。だから会議で気の抜けた発言するんだよ。

A:そんなことありません

C:しっかりしてくれよ。オレが社長に怒られるから。

A:、、、。


この上司Cは何一つ指導をしていない。

ミス便乗して正論を押し込む。
指導の主旨とは関係ない昔話を引用する。
部下の成長より自分の愚痴と保身が丸出し。

かなり極端な例だが
業種問わずこうした上司部下の関係は
採用・キャリア支援を通じてよく耳にする。

以下は当社で実際に会った話。

川:Aさん、最近ミスが多いって聞いたけど?

A:申し訳ありません。

川:どうしたの?キミらしくないね

A:どうしてですか?

川:真面目で周りに気配りできるAさんが、体調不良とか、別の問題を抱え込んでいないかなと思って。

A:実は、、、(本音)

川:なるほど、、そりゃ無理もないよ。

A:、、、やっぱり、、、プロとして意識が低いですね。もっとしっかりしないとと思います。

川:じゃぁ善後策を一緒に考えようか。

 

人間なのでミスはつきものだが、
仕事には相手がいるのでミスありきの仕事では
信頼関係は築けない。

部下を育てるために指導がある。
時には強く指導せねばならない時もある。

しかし上司の愚痴・武勇伝・正論などは
部下の心は固く閉ざす。
なぜならこれらは
話の主役が部下ではなく上司だから。
間違った方向を歩もうとしている部下を
無理やり振り向かせようとするものだ。

部下を正しい方向へ導くには
まず足を止め、同じ方向に振り向かせる必要がある。
相手の言い分や背景をたっぷり受け止め同調すると
部下の歩みが一旦止まり、こちらを振り向かせることができる。

上司の話はそれからなのだ。