読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

私たちは歴史の先に生きている ~ 毎年この時期に読む本の話

元気に働く 元気に働く-読書

8月6日は広島原爆の日

8月9日は長崎原爆の日

そして8月15日は終戦の日

 

日本の歴史上とても大きな意味を持つこの時期に、毎年読んでいる本がある。71年前の若者が命を捨てて守りたかった想いが、特攻隊員の最後の手紙として綴られています。

f:id:es4794:20160807001336j:plain

 

この本を手に取ると深く実感するのです

 

時は繋がっていること

昨日までの積み重ねが今日ということ

今日があっても明日が来るかはわからないこと

 

するとこうして生きて呼吸している

当たり前のようなことが

ものすごい奇跡ではないかと想えます。

 

だから

会いたい人に会いに行ったり

行きたい所に行った方がいい

やりたい事をやった方がいい

大切だと想う人を大切にした方がいい

 

全ての時間は難しくても

したい事を旗印にしながら

毎日を悔いなく生きていきたい

 

限られた時間のなかで

何が起こり何を想ったのか

誰のためにどんな気持ちを描いたのか

 

人の記憶は忘れやすいから

なるべく記憶より記録しておきたい

 

9歳の子供達はこのブログをまだ知らないが

彼らが大きく成長したとき

歴史の教科書とはまったく違う

学びや気付きになればいい

 

いつまで書き続けられるかわからない

だから今日も書こう

 

もしそれがネットを通じて

誰かの役に立てたのならば

こんなに嬉しいことはない