読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

「なぜお金にならないブログ毎日書くの?」というある先輩との話

15年振りにある先輩(仮名:Sさん)と千葉駅でバッタリ出逢った。

S:川島~久しぶりだなー(略)最近どうよ?

川:まだまだ道半ばですが、充実してます。

S:いいねぇー

川:先輩も頼もしそうな雰囲気変わりませんね。

S:何いってやがる、今は空調関係の会社で働いてるよ。

川:最近はどんなご相談が多いんですか?

S:相談も何も上司にコキ使われて面倒な仕事ばっかりだよ。

川:なるほどー、、そんな話までしてくれてありがとうございます。

 

S:別にいーんだけどさ。何かさぁ人生が面白くなることないかねぇ。

川:ありますよ。

S:何よ?

川:ブログです。

S:はぁ??あぁ、、、あの広告で課金するやつ?

川:私は課金無しでやってます。

S:金にもならないのに何で書くのよ?意味わかんねー

川:金銭にはなりませんが、財産で返ってきます。

 

S:財産って?

川:仕事や人脈です。会いたい人と会えたり、夢や目標が叶います。

S:どうやって?

川:ブログに好きなことや本音を毎日書いて、SNS拡散するんです。

S:毎日?!だめだわーオレ無理。メンドクサイ

川:やるのもやらないのも自由ですから。だだ私は書き続けたら人生変わりましたよ。

S:書く時間があったらパチンコ行くわ。

 

川:先輩、この話ブログに書いてもいいですか?

S:ご自由にどーぞ(笑)

以下略

  

ブログは面白い。何が起こるかわからない。

 

ちなみに昨日のブログは1記事3000PVで私にしては過去最多のアクセス数だった。でも数字はこれっぽっちも狙っておらず、むしろ「あー、今日ブログ何書こうかなーー」と、その日に会ったことをそのまま書いてUPしただけ。

 

逆に時間を掛けても全く読まれなかったり、時間を掛けて問合せがあったり。ブログを読んで興味を持ってくれた人が「会いませんか?」と連絡を頂けたり。ホント何が起こるかわからない。

 

何のためにブログを書くのか最近はあまり考えなくなってきた。朝起きたらトイレに行くように。食事をしたら歯を磨くように。毎日ブログのネタを探し、経験や気付きがあれば混じりっけなく書いている。できれば誰かに役立つように。

 

しいて言えば自分のためかも。自分がどこへ行きたいのか。何が好きなのか。誰に役立ちたいのか。毎日自分に問いかけてアウトプットしている感じ。これをスコーンと表現してくださったのが、社労士・高瀬真理子さんのブログ

 

「自分自身のカウンセリング」

 

こうした気付きが得られるのもブログを書き続けてきたら。とにかくブログから色んな事が繋がる。課金を手放しているからこそ、変な利害関係なく有意義な情報が入ってくるし、私も誰かに役立ちたいと思えるのかもしれない。

 

Q:なぜお金にもならないのにブログを毎日書くの?

面白いことが沢山起こり、勉強にもなって、誰かに役立てるから。