読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

本はその人らしさがよくわかる

昨夜は、千葉市内で開催された「働き方」をテーマにしたライトニングトーク会へ参加しました。持ち時間7分でテーマに即したおススメの本を紹介し、参加者からプレゼンのレビューまで頂けるものです。

※初めて参加した時の感想はこちら

f:id:es4794:20160730085340j:plain

 

例えば、ある観光名所があったとして、ある人は「面白そう」、ある人は「つまらなそう」というように事象は一つでも人によって解釈が変わるように、本を通すとその人の考え方が見えてきます。

 

さらに本にまつわる体験談からその人のルーツが知れたりすると、相手をより理解することもできる。「本って凄いなー」と改めて思いましたし、和やかな雰囲気の中でリラックスして笑い・共に学びあえる空間って本当に貴重だし有難いなーと思いました。

 

主催者、参加者の皆さん、201オーナーの佐々木さんには本当に感謝です。

chiba-coworking.com

 

本から人が見れるという点で採用選考にも活用したいところですが、実は日本の採用ルールは求職者を能力と適性で判断するという原則があり、本籍・家族構成・思想信条(愛読書や新聞)などに関する質問はタブーとされています。

 

公平な採用という大義はわかりますが、実際の仕事は一人でするものではないので、能力・適性があっても組織や現場で価値観が明らかに間逆だったり、人間関係がギクシャクするとお互い長続きしないものですが、この話はまた別の機会で。