情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

心と体を削りながら仕事をしているアナタへ

いーじゃん、怒ったって。
いーじゃん、プチっとキレる時があったって。

人間だもの。

相手の心の変化を感じ取れるからこそ
つい相手を優先したり
自分がちょっと我慢して場を収めてしまうんですよね。

アナタの細やかな気配りに気づく人は
なかなかいないかもしれない。
その位さり気なく自然なものだから。

自分があと少し頑張ればいい
自分があと少し譲ればいい
自分があと少し耐えればいい

これで案件が前進するなら
これで売上が上がるなら
これで相手の気が済むのなら

でもその代償は
アナタの大切にしたいものを
少しずつ削り取っているのかもしれない。

わかっているけど
つい頑張ってしまうんですよね。
つい無理をしてしまうんですよね。

それが責任感あふれるアナタの長所だし
逆に自分を苦しめてしまう部分かもしれない。
どっちもアナタらしさ。

怒る時もあれば凹むときがあっていい。

2:6:2の法則と同じように
1年365日のなかでダメダメな2割の日だってある。
完璧な人なんてそもそも居ないし。

だからダメな日は心と体をねぎらっていいと思う。
来るべき時に力を出し切れるように
羽を休めてほしい。
そのくらいいつも頑張っているのだから。

普段出さない感情を出すと
新しく見えてくることがあると思う。
好き嫌いがあるから人間味。


売上や成果も大事だけれど
もし健康な体と個性の心を削り切ってしまったら
取り返しがつかなくなってしまう

その体も、その心も
アナタはこの世にたった一つだから