読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

何を聞くかより誰から聞くか

元気に働く 元気に働く-コミュニケーション術

たった一言がきっかけで

  • やる気になったり
  • 目からウロコが落ちたり
  • 号泣したり
  • 後頭部をブン殴られたような衝撃だったり

皆さんも経験ありませんか?

 

例えば『大丈夫、あなたならできるよ』という言葉でも、尊敬するAさんから聞くのと、大嫌いなBさんから聞くのでは、届き方がぜんぜん違う。

だから何を話すかよりも、相手が聞きたくなるような人間関係を作ることが、相手に伝えるコミュニケーションの土台。

 

じゃぁ初対面の人に聞いてもらうには?

 

相手が「この人の話なら聞いてみよう」と思えるような、身だしなみや雰囲気、そして自分が話す前に相手の話を聞くこと。

初対面でベラベラ自分のことや商品のことを話すのって、よほど利害が一致していないと売り込まれている感じがでいい印象は残らない。

 

私も授業が始まる前は、なるべく生徒の話を聞くようにしている。全員から聞くのは時間的に無理だが、雑談や学校の話など生徒の話を聞くと、本番の授業で生徒はきちんと聞いてくれることが多い。また事前の雑談が授業中のネタで使えることもある。

 

聞いてほしければ、まず聞く。

 

そういえば私の周囲にいる「話し上手」の人は、共通して「聞き上手」です。

f:id:es4794:20160609213357j:plain