情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

チャンスは掴むのか・活かすのか

例えば「出版する」という目標があったとして、偶然「出版しませんか?」というチャンスがやってきたとする。

  • いつやるの?今でしょ?
  • チャンスは掴むもの
  • 人間いつ死ぬかわからない
  • 一度きりの人生後悔しないように
  • 次はいつやってくるかわからない

 

自分が掲げた目標があって、目の前にチャンスがある。「ウジウジ考える前に行動あるのみ」と突き進むのもいい。ただ自分の立場・環境・状況を客観的に見て冷静に行動して判断することも大切。

 

客観的に見るとは

  • リスクを過小評価していないか
  • 手段が目的に変わっていないか

 

冷静に行動するとは

  • やりたい自分を一旦手放す(横に置くイメージ)
  • 経験者の意見を聞く
  • ネットでメリット・デメリットを調べてみる
  • 費用対効果を整理する(何を提供して、何が得られるか)
  • より良い代替手段を考える

 

相手もビジネスなので採算やメリットが無ければやっていけない。チャンスだからといって無鉄砲に何でも飛びつくのは拙速。

 

チャンスは掴むことが目的ではなく、掴んだものをどう活かすかこそが、一生に一度の人生を豊かにするものだと思うから。