情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

転職する会社を決定する2つの方法

転職先の会社を決定する方法には「相対比較」と「絶対判断」という考え方があります。

f:id:es4794:20160517232144j:plain

相対比較

数字にできる項目で会社を比較するやり方。

例えば「給与形態・支給額」「賞与の有無(月数)」「昇給制度・昇給率」「福利厚生・保険関係の有無」などをA社・B社・C社で比較。目に見えるもので比較するので判断しやすい。もし給与や待遇など数字化しやすい情報はこちらがいい。

絶対評価

軸を決めて主観で判断するやり方。

例えば「人間関係がいい会社」「チームワークがいいプロジェクト」などは数値化できないし比較もしづらい。あなたにとって譲れないものをもう一度整理し、絶対評価で判断することも大切。

なぜなら相対比較を突き詰めていくと際限なく企業が探せてしまう。するとタイミングを逃して永遠に企業が見つからないこともあるし、転職活動が長期化するとモチベーションも下がり、転職の目的自体を見失ってしまうことにもなりかねない。

業務内容が合う企業は数多く存在しても、人間関係や企業そのものをいいと思えることは少ない。もし数値化しづらいものが転職のキーワードに含まれているなら「何となくいいな」という感覚は大切にして良いと思います。 

blog.kawa4ma.asia