読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

ある役所の見積依頼がどこまでご都合主義なんだって話

ある役所から

HP製作業務委託の見積依頼がありました。

FAXで(ノ∀`)

 

着信は4月20日午後、返答期限は4月22日。

は?!

二度見しましたよ。

 

年度始まりの時期もあって

見積り担当部署も動けず・体制も整わないので

入札は見送り(スルー)しました。

 

すると返答期限日の当日に役所から入電。

 

入札を辞退するなら辞退する旨をFAXせよと!

しかも様式をFAXで送るからFAXで返送せよと!!

期限は当日しかも17時までに!!!

 

あのさ 

どこまでご都合主義なの?

こちらが見積りさせてくださいならまだしも

そっちから勝手に見積依頼を送りつけてきて

辞退するなら申し出ろって

しかもこのご時世FAXで。

で、この説明を電話でしてるんだから

「辞退します(ガチャ)」でいーじゃん。

 

細かい話だけどFAXって結構手間かかる

送信は何十円だけど、紙に書き込んで機会操作して

送信後の紙はシュレッダー。

メールにすればゼロなのに。

 

もー意味がわからない。

合理性がまったく見当たらない。

 

もし民間企業が役所に向かって同じことしたら

あなたたちどう対応します?

 

先方もルールに沿って仕事してるんだろうけど

わざわざお金がかかるメンドクサイやり方で

ご都合主義な仕事を税金で賄っていると思うと

沸点通り越して呆れましたわ。

 

やっぱり相手のことを考えて

相手が望むことに役立つことが

ビジネスの基本なんだと改めて実感しました。

 

貴重な勉強の機会をいただき

どうもありがとうございましたッ!