情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

いい事も悪いことも、原因は大抵自分にある

もし風邪をひいた人がいたとして

『昨日◎◎さんと遊びに行ったから、風邪ひいちゃいました!』

と言う人がいたらどう思います?

 

もしその人が自分を棚に上げ、自分の体調不良を他人のせいにしていたら、私は「自己管理の出来ない人」「苦しくなったら相手のせいにする人」と見えてしまう。重要な仕事を任ることはない。

 

風邪をひいた原因を、普段の食事・生活習慣から振り返ってみたり、薄着を選択した自分の判断ミスを反省して、同じ失敗をしないように気をつけたりする。だから成長もするしアドバイスもできて他人に役立てる。だから失敗しても一緒に仕事をしていける。

 

状況の原因は自分にあるか他人にあるか。仕事の心構えや習慣を振り返り、判断ミスや行動不足と解釈するか。人事部が悪い・人事異動を決めた上司が悪い・私は被害者だと解釈するか。

 

起こってしまった事実は変えられないが解釈は選べる。解釈次第で人生が面白くもなるし、つまらなくもなる。

 

因果応報

たらいの法則

情けは人のためならず

  

いい事をすれば、いい事が返ってくるし

悪い事をすれば、悪い事が返ってくる。

 

相手に役立つことをしてれば、自分に返ってくるし

相手に迷惑なことも、巡り巡って自分に返ってくるもの。