読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

『校則ウザイです』という学生との話

とある公立高校生Aくんとの話。

 

A「校則ウザイです」

川「おー、おもしろいこと言うねー」

A「頭髪検査とかマジウザイですよ」

川「へー、ほかにもありそうだねー」

A「門検※なんて今どきやってる学校ないでしょ?」※登校時に先生が学校の入口で服装や持ち物をチェックするらしい

川「そーなんだー」

A「校則なんていらないでしょ。」

 

川「もし校則がない学校は、どんな感じだろうね?」

A「ルールがなければ、好きな時に学校へ行って、宿題は気が向いた時にやる」

川「ほうほう」

A「漫画読んだり、ゲームしたり、一日中寝てたり」

川「ふむふむ」

A「みんなのびのび過ごせて楽しい学校になる」

 

川「みーんな自由なら、先生も大人もみんな自由でいいのかな」

A「ですねー」

川「すると泥棒や犯罪が起こりやすくなるね」

A「まぁ、、そうですね」

川「学校は無法地帯になり、みんな好き勝手。あちこちでケンカ」

A「うーん、、、」

川「先生や警察に相談しても知らんぷり。自分の身は自分で守るしかない」

A「、、、」

川「誰も信用できない世界」

A「もういいです」

川「問題が何も解決されない世界へようこそ」

A「校則の意味が何となくわかりました」

 

ルールは必要だから作るものだし、何でもいいから作ればいいってものでもない。生徒一人一人が利益になる部分もあれば、負担になる部分があるのがルール。

 

利益と負担は表裏一体だからこそ、納得して行動するから効果がうまれると思うのです。

  • なるべく大勢の人が、なるべく多くの利益を得るルールか
  • ルールが作られた目的と背景を理解する場があるか
  • ルールに対して意見が言える、聞く耳を持っているか
  • ルールを決める段階で直接または間接的に、ルール作りへ参加できるか

 

とかく学校の校則は過去の集大成なので、ルールによっては時代に沿わないものもあったりする。単なるクレーマーは論外だが、自分の意見を学校に伝えたり、考えや納得できないことを先生や大人に持ちかけてみよう。

 

自分の意見にフタをすれば、その場はやり過ごせるが何も解決しない。でもそもそも疑問に思わなかったり、疑問を放棄すると、動かないことが一番楽な解決方法で刷り込まれてしまう。

 

校則がウザイなら

ウザイ理由を考えよう

ウザイ理由が必ずある

 

疑問は納得の母。