情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

一生懸命な人を後ろから蹴飛ばす人はいないと思う

新しいことを始めるとき

「できるかなー」と不安になる時がある。

というかあった。

 

そりゃ不安だよ

何もしてないんだから

 

やれるかやれないかは

やってみて初めてわかる

やる前から考えても迷うだけだ

 

動かないから不安になり

動かないから変化が起こらず

動かないから結果が出ない

 

たいして動かず「あれはダメ」とか「できるかなー」とか口を動かす前に、さっさと動いて結果を目にした方が、圧倒的に成果に近づいていくものだとつくづく感じた。もし失敗でも早く失敗すれば次の策が打てる。人生いつ終わるかわからない。

 

でもね大人心にブレーキが掛るんです

 「断られたらどうしよう」

 「失敗したらどうしよう」

 「こんなお願いして迷惑じゃないかな」

 

確かにそう思う人もいるかもしれない。

 

でもさ、一生懸命に動いている人を後ろから蹴飛ばす人はいないと思う。むしろ応援してくれる。応援してもらったら自分も応援すればいい。そして自分が全力を出し切れば、周りも出し切ってくれると思うのです。 f:id:es4794:20160223151952j:plain

 

一生懸命な人を否定したり悲観したりする人は、一度しかない人生の足を引っ張るだけ。だってその一人が原因で悩み・苦しむことに時間を使ったら、他の人に振り分ける時間が奪われてしまう。上司部下などでどうしても関係が切れなければ、人間関係以外の所で成果を出すことを心掛けたい※経験上。

 

想いや行動が中途半端な人に協力しようとするだろうか。一緒に頑張ろうと思えるだろうか。もし駅伝レースで、言い訳ばかりで中途半端なスピードで走っている人を応援しようと思うだろうか。

 

 

想いを届けるから「共感」が得られ

全力で動くから「協力」が得られる

 

一生懸命やっていることに共感と協力が得られたら、何となく実現しそうな気持ちになるし、人生が楽しくおもしろくなる。

 

そんなことを稲毛駅伝部で学び

こんなに素敵な仲間と繋がれました。

人生の宝物です。

 

f:id:es4794:20160223000251j:plain