読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

「家族サービス」という言葉への違和感

『川島さん、週末は家族サービスですか?』

時々質問されるのですが
この”家族サービス”という言葉には違和感があります。


家族サービスという言葉の心理は
「家族のために何かを我慢する気持ち」
の表れなのかもしれません。

だとすれば別に
”家族サービス”と言わなくてもいいのではと思う。
だって子供を持つ親なら誰でも少なからず
家族のために何かしているわけだから。

子供が生まれて育児が始まると
時間とお金は無条件に子供へ向かい
夫婦二人の時は好きなことが好きな時にできたことが
子供中心の生活へと変わります。

8年前に子供を授かり
子育てしながら仕事や家事をするって本当に大変。

だから家族にサービスする・しないというより
無くてはならないものにどう関わるか。という考え方なので
”家族サービス”という言葉に違和感があるのかもしれません。

週末、子供たちがインフルエンザに揃って感染。
かかりつけ医院で診療待ちしながら考えたメモ。

f:id:es4794:20160206210225j:plain