読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

アンパンマンとマグロを使って会社説明会をやってみた

専門学校の企業研究会に招待いただき

3時間で100人の学生へプレゼンを行いました。

 

専門学校(通常は2年制)の場合、1年生の後半から徐々に就職ガイダンスが始まり、本格的にスタートするのは年明けです。エントリー解禁の3月を控えたこの時期に学生が求めているものは、個別の会社を知る以前に「なぜ働くのか・なぜ就活するのか・なぜ民間なのか」といったマインドの部分が大きいようです。

 

学生の心理

学生から見た企業説明は、上場企業・地元有名企業ならともかく、ほとんどの中小企業は知らない会社(=予備知識が無い状態)です。つまりその会社や仕事に興味を持つ前に、スピーカーである人事担当者に学生が興味関心がないと、学生は企業を見ようとしないのです。

だから合同説明会でブースを構えて待っていても、学生は知っている企業には行きますが、知らない企業には見向きもしません。これはネット就活が本格的になってからは変わらない傾向です。

 

学生に説明すると

ITゼミ(就活支援)の学生を見るとよーくわかるのが、この時期の学生は会社選びの軸を探している状態なので、会社説明をしても「ふーん」で終わってしまいがち※有名企業は別です。人事がどんなにいい話をしても、企業からすれば応募に繋がらなければ意味がないわけです。

やってしまいがちなのは、会社案内や配布資料を読み上げたり、言葉の意味を補足したりする”説明”。説明すれば学生は理解はしますが、応募には繋がり辛いようです。

 

学生にはプレゼンがいい

企業が説明会で学生に提供するのは応募の動機。情報は資料やネットで調べられるので、ネットにはない体験を提供できるかが、中小企業にとって応募に繋がる会社説明会のあり方と思います。つまり学生に「感じてもらう」こと。

  • 面白そうな会社だなー
  • 松岡修造みたいで変な採用担当だなー
  • もう会社の事を少し知りたいなー

本当に意欲のある人から質問が出ますし次の動きに繋がります。

 

感じでもらうには

①置換える

たとえ話に置き換える。文字活字を絵やイラストに置き換える。画像を動画に置き換えることで、学生への届き方は格段に違います。私もいままで絵に苦手意識があったので文字活字・静止画が中心でした。

絵があると場が潤います。殆どの学生は緊張してますから、堅い雰囲気が崩れて柔らかくなります。柔らかくなると学生にメッセージが届きやすくなります。

f:id:es4794:20160206004447j:plain

 

②体験・エピソードを作る

例えば配布資料の中にアタリを何本か書いておきます。当たりが出たらノベルティを贈呈。当たらなかった人でも下手でもいいから絵を描いて持ってくれば、同じようにノベルティあげるよ。とする。

f:id:es4794:20160206032737j:plain

 

すると「即行動する人」「下手でもチャレンジする人」「何もしない人」に分かれます。こうしたアドリブが就活には必要だということも、学生にも感じてもらったようです。マグロに見えたかは別ですが、魚には見えたので少し自信がつきました。

 

どんなに小さなことでも、練習や準備が仕事で役立ち始めると更にやってみようと思うもの。絵もそう。こんなに効果があるなら、もっとバリエーションを増やしていこうと思った。

 

相手のニーズと背景を想像すると、今までの常識を疑える。