情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

本気になるとは「決めること」

毎朝6時に起きると決める。

毎日寝る前の10分で読書をすると決める。

毎週木曜日はジムに通うと決める。

 

決めると動く。

決めないと動かない。

 

本気とはやる気があふれている状態ではなく、どんな状況でも「やっている」状態。

  • 好きとか嫌いとか
  • 時間があるとか無いとか
  • やる気があるとかないとかは関係ない。

 

「やり続ける」ことが本気。例えば、毎朝6時に起きると決めたら、例え寒くても・例え前日飲み会で深酒してもやるか(起きるか)どうか。

 

時にはやらない・やれないこともある。そういう時もあるさ人間だもの。しかしそのまま惰性で忘れ去ってしまうのではなく、もう一度起動修正できるかどうか。

 

本気になればエネルギーが集中する。

 

『川島さんいつも熱いですね!』とよく声を掛けられますが、24時間365日熱いわけではありません。

 

人を育てることを本気で思っているから、研修などではエネルギーが集中して熱量があふれだし、修造っぽくなるだけなんです。

 

やり続けるからエネルギーが集中して増幅する。続けていれば経験値が上がり少しずつ自信がつく。するとこだわりも出てくるし、もっと上手になろうという欲も出てくる。

 

本気になるとは「やり続けることを決める」ことです。