情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

靴を磨いてみませんか?

仕事で人前に立つようになってから

身の回りで気を使うようになったものが「靴」です。

 

エンジニアで内勤が中心だったころは

靴にこだわりは全くと言っていいほどありませんでした。

履ければいーや、程度。

 

講師や営業活動をするようになってからは

足元が気になるようになりました。

 

なぜ靴をキレイにしておいた方がいいのか

靴がキレイな人は意外に少ないから。

 

例えば相手の靴は見ていないようで

結構見ているものでして。

 

名刺交換したとき

座敷でランチや飲んだりするとき

相手を見送るとき、、、

 

だから靴がキレイな人は印象に残ります。

高価な靴というわけではなく

手入れが行き届いているか。

 

高価な靴でも手入れがされていなければ

台無しで印象は逆効果ですし

高価な靴でなくても清潔で手入れが行き届いた靴は

相手への印象が良くなります。

 

靴を車に例えるならタイヤ。

タイヤの性能は燃費にも影響します。

タイヤのコンディションは安全にも関わります。

 

だから

靴を清潔でキレイに保つことは

相手への印象も良くなり

仕事をよりよいものにしてくれます。

 

忙しい日でも3分あれば靴は十分キレイになる

使用するもの

  • 乾いたタオル(または雑巾)
  • 靴クリーム
  • 仕上げ用ワックス

 

手順

  1. まずタオルが乾いた状態で埃(ほこり)や汚れを取る。
  2. 次に、使用している革靴と色を併せた靴クリームを使い、タオルハンカチでまんべんなくなじませる。f:id:es4794:20160125005833j:plain
  3. 最後に仕上げ用ワックス、または防水スプレーを塗布

汗や雨などで靴へのダメージ大きいものですが、特に革靴は手入れをすればするほど革が応えてくれます。もし雨が降っても、手入れされた靴ならキレイなままで靴へのダメージも少なく、結果として靴が長く使えます。

 

明日もよろしくね。