情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

質問のコツがスッキリ腑に落ちました ~ ITゼミ×コワーキング座談会

専門学生の就活支援をSHITSURAIさんで開催しました。

 

先週開催したITゼミ本体は授業っぽい感じですが、座談会はお菓子とフリードリンクを囲んで休み時間のような雰囲気を大切にしています。

 

なぜ、セミナールームでなくコワーキングスペースなのか

これから社会で働く学生に、コワーキングスペースの存在を知ってもらいたいから。会社でも自宅でも無い場所からうまれる人間関係は、時に悩みを共有したり、新しいアイディアや、問題の突破口が見つかることもあります。

f:id:es4794:20151212202319j:plain

また業界同士では競合や利害関係がありますが、コワーキングスペースは利害関係が殆どありません。なので混じりっけのない情報がストレートに入ってきます。※もちろん自己責任で取捨選択は必要。

地域にはこうした特性を持つ場所がある。という事を知った上で働く事は、彼らにとっては選択肢が増えることになる。だからコワーキングスペースをお借りして開催しています。

 

就活で多くの学生がぶつかる壁が「質問」

質問を通じた企業とのコミュニケーション。本来質問は自分の得たい情報を得たり、不明点を解消するためにあるものなのに、真面目で正直な学生ほど礼儀が過剰反応してしまい、聞きたい事が聞けず、企業からの情報が消化不良になっている学生が多く見られます。

 

例えば

「こんな質問して失礼にならないだろうか」

「相手にいい印象が残る質問ができるだろうか」 

といった思考が働き、喉元まで出掛っている質問にフタをしてしまうのです。

 

今回参加してくれた学生はノープロブレムな感じでしたが、休日にこうして行動するだけあって問題意識が非常に高い。ポイントをメモを取ったり、質問や例えて解釈を深めてくれました。※学校行事で来れなかった学生も多数いましたが、2月に是非お会いしましょう。

 

質問の本質を手に入れた彼らが、エンジニアとして社会で活躍する日は近い。

 

日本の将来が楽しみです。

f:id:es4794:20151212202320j:plain