読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

習慣化で最も大切なこと

忘れないようにする工夫。

習慣化に失敗する一番の理由は、忘れてしまうから。

 

習慣の魅力 

昨日のITゼミで「早起きを習慣にしたいんです」という意見を頂いた。早起きの定義は人によってあいまい。7時で早起き!という人もいれば、5時でも当たり前の人もいる。

 

例えば7時置きだった人が、6時起きが習慣(当たり前)になれば、6時に起きる事が早起きとは思わなくなる。小さな習慣を積み重ねていくと、振り返ればとんでもない高い山に登ることができる。

 

当たり前のレベルが上がっていくのが習慣の魅力。ちょっとの努力も1年間続ければ山となる。しかし、ちょっとの惰性が1年間続いたら、、、。

f:id:es4794:20151206235604j:plain

 

習慣化のコツ

つまり自分を成長させるという事は、習慣ごとを増やしたり、習慣のレベルを上げていくこと。しかし限られた時間の中で習慣ごとを増やすには、時間の空き地を作り優先順位を見直す必要がある。このような習慣化への準備が覚悟を太くする。

 

例えば、日常より1時間早起きをする習慣にするなら、

  • 知識・・・早起きしたい理由は?
  • スキル・・・早く起きるための行動は?
  • やる気・・・実行する気持ちは?
    ※アイプラスワン・石井社長:習慣育成より

最低でもこのくらいは腑に落とさないと続かない。というか、習慣にしようとしたことを忘れてしまう。だから決めた事は忘れないように書き出した方がいい。見えるところにメモを貼ったり、スマホを使ってリマインドするなど。

 

早起きができるか・できないかの前に「早起きする理由と行動」を忘れないようにできるか。もしここすら始まらなければ、早起きを習慣にしたい理由が薄いと見た方がいい。

 

まずは、習慣にすることを忘れないようにすることです。