読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

祝!はてなブログ4周年~4年前から変わったこと、変わらないこと

(#はてなブログは4周年! 私の変わったこと、変わらないこと)

 

「もっと早く、ブログ書いておけばよかった―!」

 

4ヵ月前も怪しいのに4年前なんて思い出せない(汗)。当時の想いや考えを鮮明に思い出すなんて無理無理。人間は忘れる生き物なんだと改めて痛感しました。なので怪しい記憶を呼び起こして書きます。4年前というと2011年ですね。

 

4年前から変わったこと

仕事。

転職ではなく所属会社での役割。元々IT系中小企業でSEだったが、上司の退職やオーナーの変更などもあり、ミッションが大きく変わる。

  • SEの時代
    専門技術を身につけ、物作りで顧客へ貢献することで働くやりがいが得られた。しかし過去の貯金で仕事ができたのはここまで。
  • 統括の時代
    組織作りをしながら、社員の人生を預かることの責任の重さを痛感した。
  • 人事の時代
    人材採用をしながら、コミュニケーションスキルの低さを痛感した。
  • 教職の時代
    学校で委託授業をしながら、プレゼンテーションスキルの低さを痛感した。

 

環境が変わる度に、仕事に対する意識の低さをまざまざと知った。最初は嫌だった。しかし、今まで自分と向き合うことを避けてきたツケだと思えるようになった。すると、勉強するようになった。身銭を切って自己投資するようになった。少しずつ成果が出始めると、投資に利息がついて戻ってくるように、周囲が変化し始めた。

 

今までは、周りが変化すれば変われると思っていた。環境のせいにして行動しない自分を正当化していた。でも自分が変わればが周囲が変わる。周囲が変わらないのは自分が変わらないからだと思った。

 

4年前から変わらないこと

家族。 

子供たちは8歳。4年前は幼稚園の年少。もう身の回りのことは一人でデキル。小学校に入学してからは、習い事も始めて本人達も成長の手ごたえを感じている。

変わらないのは親子の立場。子供たちがいてくれるお陰で父親でいられる。父親の立場で物事を見て・判断する経験が、自分の人生をより良いものにしてくれる。

健康で元気に仕事ができるのは妻のお陰。子供たちも病気や大きなけがもしないのは、妻が健康に人一倍気をつけてくれるから。食事・健康管理・習慣付けのおかげ。

 

 

毎日時間を使ってブログを書くのはしんどい時もあるが、ある程度ブログに記事がたまってくると、まるでタイムマシーンに乗って過去に戻るように、当時を振り返る事ができる。FacebookやTwitterは流れてしまうが、ブログなら残る。

 

だから、これからも書き続けていきたい。

 

このはてなブログで。