読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

ブログは24時間365日動くもう一人の自分

元気に働く 元気に働く-ブログ

ブログの更新を始めて3ヶ月が経過した。

9月に独自ドメインへ移行し、当初は想像していなかった変化が起こっている。

  • ブログを始めようとしている
  • ブログを始めようか迷っている
  • ブログを始めたが、続けていこうか迷っている

といった人たちの後押しになればと思い、私の周囲に起った変化をまとめてみる。ちなみにブログを毎日更新するトリガーになったのは『かさこマガジン5』。

 

アクセス数が増えた

f:id:es4794:20151102124606j:plain

7月~8月は平日更新。9月以降は毎日更新。気をつけている事は「本音を発信する」だけ。自分が見えたもの・感じたもの・考えたこと・凄いな~と思う人を、混じりっけ無しに書く。

すると、記事に興味を持った人がシェアやリツイートをしてくれる。私個人の人脈では届かない方々にもブログが伝わってゆく。SNSの投稿は繋がりが限定されるうえ、タイムライン上では流れてしまうが、ブログなら残る。この違いは大きい。

 

アウトプットが楽しくなった

仕事に正解は無いので「やってみる・動いてみる」価値は大きい。早く動き出せば・早く修正できので・早く成果にたどりつく。成果は行動の先にあるから、初動が早くなった。メールも早く返信するようになり、時間に余裕を持って行動するようになった。早くアウトプットすることが楽しくなった。

 

ネットにもう一人の私ができた

名刺交換をして「ブログいつも見てますよー」とか、初めて会った学生に「親から川島さんとは繋がっておきなさいって言われました」とか。面識のある方と、ブログのネタで盛り上がったりするようになった。

ブログが私の分身となり24時間365日動き続け、私がどんな人間か・何があったのか・何を考えていたのかを伝えてくれる。もう一人のビジネスパートナーができた。そして毎日手入れ(更新)することで、パートナーはさらに成長し続けてくれると信じている。

 

自分らしさが見えてきた

自分発信しなかったのは、傷つくことを恐れていたから。誰からも注目などされていないのに照れていた。理屈ばかりで行動を拒んでいた。だから成果も変化もなく、心の片隅では周囲や時代のせいにしていた。自意識過剰もいいところだった。

何もしなければ何も起こらない。楽な場所に居たかったら何もしなければいい。今を一生懸命生きているようでも、何となく明日は来るような気がして手を抜いていた。

 ブログで本音を書き続けると、形式的・表面的な自己分析ではなく、自分らしさが腑に落ちてくる。最初の頃は記事のネタに行き詰ったり、一つの記事を書くのに何時間もかけて嫌になることもあった。でも続けてきて良かった。

  • 誰かにやらされているから書くのではなく
  • お金のために書くのではなく
  • 自分を知るために書く
  • 自分を知ってもらうために書く 

 

ブログは、人生をより楽しいものにしてくれます。