読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

プロフィールサイトを作る時に気をつけること

元気に働く 元気に働く-プレゼンテーション術

ある大学3年生からの質問。
就活の準備でプロフィールサイトを作るようだ。

 

ホームページは365日働いてくる分身であり、自分を営業してくれる営業マン。とすれば、プロフィールサイト(ホームページ)で気をつけることは、リアルの世界と同じことだし、企業のホームページでも同じこと。

 

何を書くか(例)

  • あなたのアバウト・・・・・・生年、出身、経歴
  • 何ができるのか・・・・・・・能力
  • 何をしてきたのか・・・・・・実績
  • 何を大切にしているのか・・・理念
  • 何をしていきたいのか・・・・目標

 

 ポイントは

  • 第一印象
    トップページにあなたの写真。しかも自然な笑顔があればなお良し。あなたが一番好きな場所・好きなことをしている時の写真なら、あなたらしさが伝わるし、表情も自然な笑顔が多いと思う。
    写真のいいところはページを開いた一瞬で相手に届くこと。動画でもいいが初訪問の人は少し待たされてしまうので要注意。

  • わかりやすさ
    シンプルであること。人間は一日2000以上の広告を見ている(視界に入る)と言われている。だからシンプルなサイトは好まれる。「あれもこれも」と入れ過ぎると、論点がぼやけて相手に貴方の伝えたいことは伝わらない。とすると、プロフィールサイトを作って公開する意味がなくなってしまう。

  • 清潔感
    体裁を整え盛りすぎない(内容も装飾も)。リアルでも一緒。自分の好みが優先された服装や装飾は、かえって印象を悪くする。

 

便利な時代になったなー。

HTMLやスクリプトを知らなくても、WordやPowerPointをいじる感覚でスマホと連動するホームページができてしまう。

しかも無料で。

 

JimdoとかWixとか。

選択肢が多い時代だからこそ、道具は目的と手段を整理して使いたいところ。

 

参考