読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

『教育とは究極の自己啓発』~ドリカフェ塾長と千葉で3年ぶりの再会

元気に働く 元気に働く-トレーナーの心構え

f:id:es4794:20151020181149j:plain

 

ドリカフェ塾長との再会

その人は千葉市内のあるカフェで、メモを手早く取りながら電話で遠隔授業をしていました。

ん?

もしかして 日高さん?!

日高さんとは3年ぶりの再会。1000リーフパートナーシップの交流会でお会いしてFacebookで繋がり、日々のご活躍を拝見してました。人材教育に関わるようになってから是非お逢いしたかった人。

マーケッターの本業を持ちながらドリカフェで全国を飛び回り、地方の塾生(大学生・院生)を育まれています。千葉でお会いできるのは奇跡ww

 

ドリカフェは大学生や院生を対象とした就活支援・キャリア教育、今年で11年目。卒業生が入学生の面倒を見る仕組みもあり、今では一人の学生を20人以上の卒業生がフォローしているそう。とかく教育は点になりがちで学校(学ぶ環境)が変わると指導者・人間関係がリセットされてしまいます。素晴らしい仕組みを育まれているなー、と思いました。

 

教育とは自己啓発

Facebookを拝見してずっと質問したかったこと。「日高さんの活動を支えているものって何ですか?」

『教育って究極の自己啓発』だと思っています。

知らないと教えられない。

教職は神様じゃないんです。

だから教える人こそ学ばなきゃいけない。

まだまだ知らない世界が沢山ある。

いつも学生から教えてもらってますよ。

教育制度の課題を指摘したと思ったら、ナンパや不倫の例え話が飛び出す。色々な角度から物事を見る「視座の多さ」と本質を突く「視点の鋭さ」は、3年前にお会いした時よりも磨きがかかっていて、納得を超えて感動しました。

 

何を学ぶか、誰から学ぶか

何を学ぶかは「知識」。知識を使って何ができるかが「能力」。つまり文字の書き方を学ぶのは知識、文字をどう活用するかが能力。知識を教えてくれる人は多いが、能力を教えてくれる人は少ないと感じます。 

 

日高さんと出会えた学生は幸せだと思った。

なぜなら、いつも学びの姿勢を持ち続ける「謙虚な挑戦者」であり、己より相手の利を優先する「男として粋な背中」を間近で感じられるから。もし私が学生に戻れるなら、日高さんのような人から人生を教わりたかったな。

 

会いたい人リストの威力

昨日こちらのブログを読んで、本当に実現したから驚いた。リストに書き出していないが、頭の中で5人ほど描いた一人が日高さんだったからだ。

毎日更新している人のブログにはエネルギーがある。限られた時間使って毎日ブログを更新し続けるには、続ける理由や軸があるから。そんな人達の価値観を感じられるのがブログだと思う。

 

そしてブログの価値に気付かせてくれ、毎日ブログを更新することで人生の角度を変えてくださった「かさこさん」に感謝しています。もちろん会いたい人リストの一人です。