情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

国立歴史民俗博物館(歴博)へ行っての雑感

今日は家族のために時間を使うと決め、家族で佐倉の歴史民俗博物館(歴博)へ。

目的は来年の準備。子供たちは来年度から授業で社会科が始まるので、百聞は一見ということで、マインドセットの意味も込めて。

スマホで仕事のメールも何通か受信したが「本日休業中」でリターン。

 

実は初めて来ましたが「広い」。場内案内はこちらの方がブログで丁寧に解説されているので。(略)

 

職員多すぎ

だって受付で6人ですよ?

確かに施設は広いけどさ、いくらなんでも多すぎやしませんか?そして、館内の至る所に案内人が立っている。入口で館内のパンフレットは頂けるし、電子解説も設置されている。案内人はただ立っているだけ。声を掛ける人は皆無。

その割に食堂や売店は手薄で待ち行列ができていたりと、全体のコントロールがイマイチで残念。

 

東京五輪のエンブレム、これいいんじゃね? 

近代の展示室で偶然見つけた。

f:id:es4794:20151011232645j:plain

シンプルで日本開催が一発でわかるので個人的には好き。規約やら何やらで多分同じものは使えないんだろうけど、たまたま一番最初に一番いいものが出たのなら、同じものを使ってもいいと思う。

今度はどんなエンブレムが、どのような選考プロセスを経て選ばれるんだろうか。個人的には一定期間中に「ネットとdボタン」でいいのでは。国民から選ばれたロゴなら愛着もわくし、機運も高まると思うのだか。

 

土器パズル

物事を伝えるってこういうアプローチだと思う。パズルをして楽しみながら・四苦八苦しながら完成すると

「土器って大きいね」

「何に使ったんだろうね」

 

という疑問が出てくるのでここがチャンス。

 

「食べ物の保管や調理に使ったみたいだね」

「食べ物が良くなったから、健康で長生きする人が増えたんだって」

 

すると、一方的に知識を押しこむより深く納得する。何より本人のためになる。