情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

ある朝、偶然見かけたある親子の話~働き方の雑感

今朝、最寄駅の近くで見かけた親子の話。

ある親が子供を急いで保育園へ預け、慌てて車に飛び乗って走りだした。

 

f:id:es4794:20150914125202p:plain

ふと、、、

「通勤って時間もパワーも使うよなー」と。時間の主導権が会社にある環境は、時間に合わせて生活を組み立てる必要があるし。

 

本来は目的(成果)のための手段(職場・取引先・チーム・上司・部下)であるべきだが、会社というものは時に目的と手段が混在してしまうもので。

  • 定時に出社する
  • 定時に退社する
  • 日報提出や交通費精算のために会社に戻る

何のために?

 

会社がより大きな成果を目指すとしたら、個人が能力を最大限に発揮できることが望ましい。 定時出社・定時退社が悪いと言っているのでなく、社員が個々の性能を最大限に引き出す手段は、色々あるよね、と改めて思うわけで。

 

 

 

もちろん環境は一つの手段。従来のメリット・デメリット、環境を変えることで生まれる新たなメリット・デメリットを、トータルで見てどうよ?というバランス感覚が大切だと思う。

 

なぜなら、時代は変化しているから。

 

ネットやクラウドがこれだけ普及し、安価になり、新たなサービスが生まれ続けている。年功序列が崩壊したように、会社が存続し続けることは誰もわからない。

 

だからこそ、可能性に挑戦する。

 

私の恩人から頂いた大好きな言葉。

その挑戦が成功する保証はない。

しかし

その挑戦が失敗することも誰も保証できない。

 

わかるのは、本気で行動した人だけなのだ。