情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

遊ぶことはいけないこと?勉強することはいいこと?

ある学生から質問をいただいた。

 

学:「遊びと勉強の違いって、何でしょうか?」

川:「なぜそんな質問をするの?」

学:「親がね、遊んでないで勉強しろ、って言うんですよ」

川:「へー、で、本音はどう思ってるの?」

学:「考えてもよくわからなくて、、、だから質問しました」

 

勉強と遊びって本質的には同じことだと思うのです。 

なぜなら、勉強以外で得た経験・知恵・勇気だって、勉強と同じくらい社会に出てから役に立つ。遊びを通して勉強になることは山ほどあるし、勉強にならない遊びだってある。

私の周囲でシゴトが出来る人は、ほぼ間違いなく遊び上手だし、色んな遊びを良く知っている。

 

遊び=悪でなく

遊び=勉強以外という解釈の方が腑に落ちます。

 

例えば

テストで100点取ることと

森でカブトムシやクワガタを沢山捕まえること 

 また

テストで0点取ってガックリ肩を落として帰るのも

駄菓子屋でお小遣いを全部ハズレくじに使って帰るのも

 根っこは同じだと思うのです。

 

一番マズイのは、遊びもしないけど勉強もしない。という人。時間は流れているので、何も変わらない。

 

なので学生に伝えました。

「全力で取り組むなら、勉強も遊びも同じものだよ」と。