読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

高校生の採用選考で企業は何を見ているか

千葉県立四街道高校の進路ガイダンスで

就職希望の3年生に「就職の準備と心構え」をお伝えしました。

 

従来、高卒の就職支援は礼法指導や模擬面接などが一般的ですが、近年では「コミュニケーション能力」を軸とする自立した人材の育成が課題になっています。

 

そこで

高校生の採用選考で企業は何を見ているのか。

選考のポイントを「野球部」に置き換えながら、就職への心構えをお届けしてきました。 

 

1.なぜ野球部なのか(企業理念)

目指すは全国優勝?県大会出場?それともレクリエーション?

  • チームが目指していること
  • 大切にしていること
  • やらないと決めていること

これらに興味関心を持ち、共感できるか。

一緒に困難を乗り越えながら働いていける方かどうかは、この点がまず大切。

 

2.育て甲斐があるか(素直さ)

素直な人は成長します。

もし単調な基礎練習であっても前向きに取り組めるかどうか。

「えー?コレ必要ですかー?」といった先入観を手放して、目の前のシゴトに打ち込めるかどうか。

将来性も重要なポイント。

 

3.すぐ辞めないか(働く目的)

入部してすぐ「やっぱり練習がキツイので辞めます」とか

入部して1年後に「やっぱりサッカー部に行きます」なんて

ちょっとガッカリしません?

 

社会に出れば良いことも辛いこともある。

そんな中、アナタが頑張れそうな理由はどこにあるのか。

 

企業はあなたが「なぜ働くのか」を「あなたらしい」言葉で聞きたい。

そんな「あなたらしさ」を考え・整えるのが心構え。

 

授業でお届けしたツボとコツを活かして、

社会に出る準備を進めて頂ければと思います。

 

ありがとうございました。