読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

自分のキャリアを逆説で考える、コワーキング座談会

f:id:es4794:20150405091308j:plain

 

就職活動の自己分析。

 

 

学校は自己分析の結果から学生の職業適性を考え就職支援をするのですが、実はこれが曲者でして。

 

 

学校によっては自己分析の結果を、自己PRや志望動機に結び付け、就職率を意識して面接がクリアできるようキレイに添削するので、学生から見ると「本当の自分の姿」を見失ってしまい、迷うのです。

 

 

さらに『自己分析が終わらないと、会社が選べない・仕事ができない』という錯覚まで起こります。すると迷い・行動が生まれず立ち止まってしまう。学校の心配とは逆に、就活が前向きに取り組めない学生が増えてしまう。

 

 

なんとも歯がゆい話なのです。

 

 

そこで今回は「ありたい自分」→「ありたくない自分」のように、逆説で考えてみるとどうでしょう?

 

 

自己分析も手段であり、次の行動(モチベーション)に繋がらないと意味がないと思うのです。学生になりたくない姿を描いてもらい、そうならないために自分で何が出来るか?を全員でシェアしました。

 

see also.

 

実はこの逆説からモチベーションを作る方法。最近参加した朝活からヒントを頂きました。※主催者の小林さん、ありがとうございました♪

group.ameba.jp