読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

自分に合う企業、合わない企業は、何で判断するか

f:id:es4794:20150319135540j:plain

例えば「この人のどこが好き?」

と聞かれても、即答はなかなかできないもので

 

この人の雰囲気、何かいいな。

この人の考え方、好きだな。

 

それで十分。

自分に合う企業・合わない企業は「好き・嫌い」で判断していいと思う。

 

なぜなら

人を好きになるには理由がある。

逆に、人を嫌いになるにも理由がある。

 

自分が好きになるということは、

少なからず相手からも好かれたり・求められたりしている。

だから好きなのだ。

 

 

もし好き嫌いの基準がわからないならば、片っ端からアプローチである。

 

就活に置き換えてみよう。

合同説明会に企業100が社参加しているとして

どの企業の説明を聴こうか迷っているとする。

 

もし会社選びに基準が無いのなら

業種・職種を問わず片っ端からエントリーしてみよう。

 

すると

肌感覚で好きな業種・嫌いな業種に出会うことができる。

少しずつ好きな業種に絞って行動できるようになる。

 

『量が質に変化する』時がくるのだ。

 

 

自分が感じた気持ちを大切にする。

会社選び(好きな理由)はそれから整理しても大丈夫。

  

なぜなら

右も左もわからない状態で質を求めると、行動量が落ちる。

  

すると

少ない選択肢の中から消去法で選ぶことになり

納得した企業で元気に働く機会を逃がしてしまう。

hataraku.hatenablog.jp

 

 

選択肢があるから、決めることができる。

自分で決めたことだから、納得して働ける。

 

そんな気がするのです。