情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

選択はリスクが伴う

f:id:es4794:20150316144008p:plain

『人生は選択の連続』

 

よく耳にする言葉です。

 

  • コンビニで飲み物を選ぶ
  • 今晩の夕食を選ぶ
  • エントリーする会社を選ぶ
  • 入社承諾するかを選ぶ 

 

食べ物、持ち物、価値観、進路など。

そもそも選択肢が無ければ迷いようがありませんが、選択できることは人生をより豊かにする可能性を秘めています。

 

 

しかし

選べると迷います。

  • どれにしようか
  • これでいいのか
  • 他はどうか 

 

 

選択にはリスクが伴うもの。

 

選択をしたからといって、正しい選択だとは限らない。

どんなに小さな選択でも辛いような複雑な気持ちになる。

でも人は選ぶ。

 

 

なぜなら。

選択せずに現状のままでいることが、最もリスクが高いと肌感覚でわかっていると思うから。

 

 

選択とはリスクを踏まえて変わること。

 

 

では、どんな人が変われるだろう。 

例えるなら、現状に満足せず変化を求める人。

 

 

もし、ある選択が必ず良い方向に変化できる保証があるなら、

変化したくない人は存在しない。

 

 

では選択に必要なものは何か。

選択肢を持つこと=他を知ること。

 

 

 逆に選択肢が無い(少ない)状態で選択を迫られると

リスクに敏感に反応し、不安になる。

 

 

就活に当てはめてみると

 

 

もし、業種・職種・会社が決めきれないと悩んでいるなら、一見自分とは関係ない職種も見てみることで、選びやすくなるし、選んだあとも馬力が出やすい。

 

 

異業種の会社説明会やインターンでもいい

アルバイトでもいい

 

 

ある正解の1点を見つけて悩み・行動量が落ちるよりも、選択肢を増やす行動が、選択しやすい状況を作り上げる。

 

 

そんな気がするのです。