情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

就活解禁で不安一杯のアナタへ

f:id:es4794:20150309210325j:plain

 

 

11月下旬の都内某所。

 

社会人80名が集うXmas&忘年会。

フレンチの立食形式で、会場はまるで異業種交流会のような雰囲気でした。

 

 

そんな中、アナタはリクルートスーツで緊張した面持ちでたたずんでいましたね。

 

 

12月の就活解禁が目前。

就活への漠然とした不安な気持ちを、精一杯の笑顔に変えて、友達と一緒に参加されていました。

 

 

 

社会人が集う忘年会に大学生が就活のヒントを求めて参加する。なかなかできる事ではありません。(私の学生の頃には考えられない!)

 

 

 

きっと初めての就活で何をすべきか、迷っているのでしょうね。だから不安なのかもしれません。

 

 

 

就活では、アナタが企業を選ぶと同時に、企業もアナタで本当に良いのかを選びます。つまり自分の希望や理想を持つのも大切ですが、同じくらい大切な事は

 

 

「選ばれるに値するか」どうか。

 

 

企業がアナタを選ぶ理由。

それは“まず”「社会で働く」という意思と熱量があるかです。

 

 

 

学校で多岐に学ぶ作法や対策。本気で身につけた武器か、義務で身に付けたメッキか、採用担当は一瞬で見抜きます。

 

 

毎年多数の学生と対峙している経験もありますが、

もっと言えば、今後人生の大半の時間を共有し、一緒に企業の使命や問題解決していく人材を選ぶのが選考ですから、企業も本気です。

 

 

 

ルーチン業務や指示された事だけを処理して欲しい人を求めるなら、派遣社員でも良いのです。

 

 

 

企業は、目標に向かい、自ら考え、行動する人なら喉から手が出る程欲しい。だから今回の経験は、アナタの性格と行動力を裏付ける情報になります。

 

 

 

でも、せっかくの情報も相手に伝わらなければ意味がありません。自分の想いを相手のフトコロど真ん中に伝え、成果を出す方法。

 

 

 

それは人材開発ゼミで見つけることができます。

http://shukatuhappy.jimdo.com/

 

 

 

しかし現実は厳しい。

希望の企業から内定はもらえないかもしれない。何度も挫折するかもしれない。

 

 

そんな時、忘年会で出逢った社会人の方々をふと思い出して下さい。

 「私には支えてくれる社会人がいる」

 

 

そう思って再び立ち上がれたら、

アナタの魅力はさらに磨きがかかると思います。