情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

大卒の離職率が3年3割

春に入社する4年生、来月から就活を解禁する3年生の方へ。

 

『大卒の3割が3年以内に離職』の記事を読んだ雑感をシェアします。

http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/29/rate-of-young-leaving-their-jobs_n_4172753.html?utm_hp_ref=japan

 

f:id:es4794:20150309211737j:plain

実はコレ、社会人は昔からよく見聞きする数字なんです。

 

でも冷静に考えて。

新卒の30%が3年以内で退職。(実際はもっと多いと思われますが)

 

これってすごーく勿体無いと思います。

 

あ、勘違いしないで欲しいのは

『退職がいけない』と言うのではありません。

 

自分がより成長するために、より良い会社・職種・環境を求める事は健全だと思います。

 

ただし転職が必ずしも良い結果になるとは限らない。ということ。

 

私は昨年から新卒採用だけでなく中途採用の選考も行っていますが、選考で必ず確認するのは志望動機と退職理由です。

 

だって、もし当社に同類項の原因があったとしたら、いずれ退職してしまうのでは?と考えてしまうからです。 

 

また応募者の退職理由が逃げなのか問題解決なのかは、目が肥えた採用担当なら一瞬で見抜きます。

年齢が若ければ軌道修正はし易いですが、限度があります。なぜなら就業期間が短かったり、離職回数が多くなると面接者の印象は比例してマイナスになるからです。

転職って予想以上に大変です。

 

でも逆に。

もし新卒社員がイキイキ働ける会社なら、

 

社員は成長し、その会社の業績は伸び、取引先や関係業界も発展する。

 

そして社会がもっと元気になる。

 

その結果、離職率が低くなる。

 

そう思います。

 

だから

 

これから入社する4年生は、自分の可能性に挑戦して欲しい。

これから就活する3年生は、自分が納得できる企業と出逢って欲しい。

 

こんな想いを抱いて11/16に神田外語大学で行われる『人材開発ゼミ』

 

参加しようと思います。