情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

元気に働く-読書

プロジェクトリーダー時代に読みたかった一冊

その昔。 あるシステム開発のプロジェクトリーダーを任された時、この本を読んでいたらもっと仕事がスムーズに進んだなぁ。と思った一冊。 当時リーダーの経験はなく、案件の進行に必要なスキル(技能)も未経験。工期の見積りは約3ヶ月。納期は1ヶ月後。 …

将来が不安になった時に読む本【おススメの一冊】

普段、進路相談や就活生の支援など よそ様のキャリアアドバイスをしていますが、 私も自分の将来が不安になることはあります。 このままでいいのか もしかして間違っていたか どうなりたいか なにがしたいか 思考がぐるぐるループして 出口が見えなくなって…

私たちは歴史の先に生きている ~ 毎年この時期に読む本の話

8月6日は広島原爆の日 8月9日は長崎原爆の日 そして8月15日は終戦の日 日本の歴史上とても大きな意味を持つこの時期に、毎年読んでいる本がある。71年前の若者が命を捨てて守りたかった想いが、特攻隊員の最後の手紙として綴られています。 この本を手に取る…

本はその人らしさがよくわかる

昨夜は、千葉市内で開催された「働き方」をテーマにしたライトニングトーク会へ参加しました。持ち時間7分でテーマに即したおススメの本を紹介し、参加者からプレゼンのレビューまで頂けるものです。 ※初めて参加した時の感想はこちら 例えば、ある観光名所…

熊谷市長の著書「青年市長が挑む市政改革」がビジネスにも役立ちすぎる件

先週のイブスタに参加して購入した千葉市長の著書。 移動や合間のアッという間に読めた一冊。 Amazon.co.jp: 青年市長が挑む市政改革―未来視点で大転換: 熊谷 俊人: 本 まるで市長が目の前で、流暢に語りかけてくれるような錯覚。人生を掛けて千葉市をよい…

指導者として人材育成に迷った時に読んでいる本

神奈川県立釜利谷高等学校。 現在35歳~50歳くらいで、バレーボールに関わった人なら大抵知られていると思います。弱小だった公立高校のバレー部に就任し、わずか数年で全国大会の常連校まで成長させた蔦宗監督の著書。仕事で人材育成に関わるようになって、…

もしアナタの前に見込み客が途切れること無く並んだら、営業効率はどう変わりますか?

私の尊敬する社長の一人。 株式会社オーシャンズ・三井裕社長が本を出版したので、ご紹介します。 あなたが扱う商品やサービスがどんなに素晴らしくても、あなたが敏腕営業マンであっても、売る相手・プレゼンする相手・アポイントの相手がいなければ営業は…

この夏に読み返した本~LIFE IS BEAUTIFUL

ソーシャルアライアンス株式会社・岡根芳樹社長の本「LIFE IS BEAUTIFUL」 Amazonのカテゴリはビジネス書ですが、岡根社長の自伝というか、まるで映画を見ているような。頭で理解するというより、ストーリーにグイグイ引き込まれて気付いたら読み終えている…

一生に一度の人生ドラマ、主役は誰だ?

ソーシャルアライアンス・岡根芳樹社長の出版記念講演に参加した。 岡根社長が便利屋(創業当時は国内初のビジネスモデル)時代に起こった無理難題を、周囲の仲間と愉快・痛快に乗り越えてゆく物語。 たった一度の人生をどう生きるか。 激動の現代を生き抜く…