読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

踏み込むからクレームや反論が出てくるもの

セミナーなどの参加者アンケートで 「いい話でした」 「とてもためになりました」 といった声は参加者からの おひねり・スキンシップと思った方がいい。 つまり聞いて終わるパターン。 聞いたことを行動に移して活用するまで 繋がらない可能性が高い。 和や…

そのセミナー受講して終わってませんか?セミナー後に成果が出る人と出ない人の違い

答えを求める人か ヒントを求める人か セミナーでの仕入れを行動に移す人は 遅かれ早かれ成果が出ています。 普段ライフワークでもライスワークでも 学生・就活生・社会人・経営者の方々など たくさんの人前で話す機会をいただきますが ホントこの差は歴然。…

本気で関わるから嫌われる

セミナーで講演していると「川島さん暑苦しい、聞きたくない!」と感じる人はいつも一定数いる。学生でも社会人でも。 その反面「目が覚めた、チャレンジしてみる!」と行動を起こし始める人もいる。 以前は全員が満足するように、全員に共感してもらえるよ…

「厳しく教えて頂いたので成長できました」は本当か?

厳しさで成長するとは限らない話。 もうすぐ11月。 新入社員の皆さんも入社してから 7ヶ月が過ぎようとしている。 人間関係にも少しずつ慣れつつ 仕事で役割を果たす重圧を感じ始めている人も いるかもしれません。 つい先日、他社の新入社員から 「先輩が厳…

プロが練習してるのに、素人がサボったらできるはずがない

本番で不安になるのは事前の練習が足りないから。 だから繰り返しの練習をし少しずつ不安が平常心へとシフトしていく。 それでも本番は生き物だから予想外が起こる。でも練習をしていれば平常心で気持ちに余裕があるから予想外の出来事にも対応できる。 そも…

嫌われたくない「いい人講師」の代償

講師が傷つくことを放棄し嫌われないようにいい人を演じるとあたりさわりのない言葉ばかりが並び内容が薄っぺらくなるから相手には刺さらない(届かない)。 講師が「いい人」を演じる代償は、終わってから参加者の反応の無さ。 参加者に嫌われたくない思い…

上司の心が、部下の行動に映し出される

以前あるリゾート施設へ宿泊した話。事前に口コミをチェックしたら従業員の接客態度に賛否があった。実際に行ってみたら「なるほど」と納得。フロントやサービスカウンターなど宿泊者のニーズが高いスタッフの接客スキルは高いが売店や送迎バスなどスポット…

成長の秘訣は「期待しすぎないことです」と言う図書館職員の話

千葉市内のある図書館での話。 外観に見事なゴーヤカーテンがあったので勤務中の司書に声を掛けた。穏やかな雰囲気を醸し出す老年の女性だ。 川:見事なゴーヤカーテンですね。 司:あら、それほどでも。 川:とても涼しげです。 司:嬉しいですねぇ。そんな…

新入社員研修おススメ教材「他己紹介」

6月後半から新入社員の育成や研修に関する検索ワードで、このブログを訪れる人が増えてきたので、教材ネタをひとつ。 他己紹介(たこしょうかい) 自己紹介は自分のことを発信しますが、他己紹介は「他人の強みや人柄を、わかりやすく発信する」もの。そのた…

プレゼンの主役は聞き手であり、授業の主役は生徒である

当たり前すぎてつい忘れがちな話。 時間配分や内容の主導権は話し手にあるが 場の主役はあくまで聞き手にあるよね、という話。 聞き手は「成果」に関心があるが 話し手は「過程」に意識が向く。 つまり聞き手は自分にとってメリットがあるか 仕事に活かせる…

人生何が起こるかわからない

個人のキャリアの80%は予想しない偶発的な出来事で形成される。 スタンフォード大学のクランボルツ教授による計画的偶発性理論です。 例えば、ケガや病気で入院を機に本当にやりたいことに目覚めたり。ある人との出会いをきっかけに人生が180度変わったり。…

新人がバカの一つ憶えで先輩を真似ても成長しない理由

仕事は上司(先輩)から盗みなさい。 現場教育でありがちな言葉です。特にITエンジニアのような専門職では。これは先輩が新人に教えられる量には限度があるため、新人の基本スタンスとして「とにかく先輩の型(目に見える部分)をマネしなさい」という教え。…

御恩返しセミナー

4年前。 初めて参加した異業種交流会、1000リーフパートナーシップ。千葉市から1000人の起業家を作り地域を元気にしようと、様々な業界で活躍する社会人が立ちあがり、起業家を支援する仕組み。 そこに居た人はみんなカッコよかったなー。起業を目指す人も起…

一年間の航海を経て ~ オーシャンズX'mas忘年会

Oceans(オーシャンズ)の忘年会へ参加しました。 オーシャンズを例えると真っ青な海。一面に広がる大海原を関係者がさまざまな船に乗り、成果という目的地を目指す旅。と、三井社長はいつも言います。 私にとって2015年は忘れられない船旅になりました。14…

『教育とは究極の自己啓発』~ドリカフェ塾長と千葉で3年ぶりの再会

ドリカフェ塾長との再会 その人は千葉市内のあるカフェで、メモを手早く取りながら電話で遠隔授業をしていました。 ん? もしかして 日高さん?! 日高さんとは3年ぶりの再会。1000リーフパートナーシップの交流会でお会いしてFacebookで繋がり、日々のご活…

学生が役に立つと感じる授業と、そうでない授業の違いは

講師と教案が「楽しいか」「つまらないか」。 この夏、野球部で千葉県ベスト16入りした高校球児との話。 川:今度○○高校でガイダンスやることになったのよー 学:ガイダンスって、あんまり役に立たないんですよねー 川:面白いね~、例えば? 学:危険ドラッ…

勇翼の獅子

一分60秒 一日24時間 一年365日 一度きりの人生 時間は有限 可能性は無限 改めて感じたのは 今日のトレーナートレーニング。 相手の成果に真剣に関わり 大人が人生をより良く 大人が人生をより豊かになることで 子供の笑顔を増やす そのためにトレー…

人を育てるには、まず自分が本気になること

オーシャンズアカデミー 私の人生を前向きに変えてくれた、コミュニケーションスキルを高める営業強化の研修。 今年から千葉校のトレーナーとして関わっている。 http://www.oceans595.com/education/ 受講生として初めてスクールに参加した時、まさか3年後…

勇者の集い

オーシャンズのトレーナートレーニング。 営業研修(OCEANS School)に参画するトレーナー教育の場である。 志高き熱い勇者が集う場。 トレーナーとしての成長が、上向きの人生を望み、新しいことに挑戦し続ける謙虚なメンバーばかり。 ここでの経験が、私の…