情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

「いつもの習慣」は能力にも呪縛にもなる話

何年・何十年と続けている習慣は

もはや習慣というより呼吸のようなもの。

 

習慣は、一度身に着けてしまうと

無意識でできるようになりますが

逆に手放すことが難しくなります。

 

本当はその習慣が不要になったとしても

手放すことに罪悪感すら感じることがあります。

 

仕事、勉強、スポーツ、家事や育児、、、

なんでもそうですが繰り返したものは

無意識でできるようになりますが

無意識なので問題も感じにくくなるようです。

 

先日、土日に都内で用事が入りました。

土曜の用事は午後から夜まで。

日曜の用事は朝から夕方まで。

 

一瞬ですが、なんの疑問も持たずに

「夜中に帰宅してすぐ家を出るのかー」

と、考えた自分がいました。

 

しかし、よくよく考えれば

帰路と翌朝の移動は合わせて3時間弱。

都内で一泊すれば費用はかかりますが

ホテルでゆっくり食事をして

残った仕事を片づけて、ゆっくり身体を休めれば

翌日もいいスタートが切れます。

 

習慣でいつもいつも同じ場所に帰っていると

「家に帰る」ことを無意識で考えてしまい

他の選択肢が考えづらくなっていました。

 

スポーツでも同じで

毎日毎日、同じ練習を同じ時間帯で

繰り返していると、本当はやらなくてもいい練習でも

問題意識を感じることなく、繰り返してしまうのです。

 

習慣は、能力を維持・成長させる土台にもなれば

呪縛となり手放すことに罪悪感すら感じてしまいます。

 

自分の習慣は、まわりの成長や変化にともなって

変わっていいし、まして習慣を手放すことに後ろめたさを

感じることなんてないんです。

 

過呼吸の人にまずすることは

息を吐き出させること。

あれもこれも詰め込みすぎると

消化不良を起こします。

 

一方で、環境の変化をよく考えて

不要な習慣を手放すことができると空き地ができます。

もしその空き地に新しい習慣をいれられれば

未来はどんどん変わっていきます。

 

無意識にやっている考え方や習慣こそ

定期的に振り返ることで、不要な習慣や考え方を断捨離していきたいものですね。

まず自分が得することを考えるから相手が傷つき離れていく

私より先に退職した後輩が、私の転職投稿をSNSで見て連絡をくれました。

 

もともとはエンジニアでしたが、退職後に好きな仕事を始めて、徐々に軌道に乗せているようでした。

 

心から好きなことを仕事にしている人には、表情や雰囲気に安心感が醸し出されます。目先の利益や損得勘定より、自分が好きなこと、自分が信じたことを大切にしているから。

 

だから、いきなり売り込んだりしてこない。

 

相手の興味関心を無視していきなり、自分の商品やサービスを売り込んでくる人は、まず自分が得をすることを考えている。

 

だから、相手のメリットより、自分のメリットを優先する。

だから、押し込めば押し込むほど、相手が離れていく。

 

彼にはそんな雰囲気はまったくなく、自分のサービスより、懇意にしているお店やお客様を勧めてくれました。

 

もちろん仕事や商売なら、損得を全部手放してしまっては倒産・廃業してしまいます。

 

ただ、自分よりまず相手に役立つ気持ちは、よりよいパートナー関係を続けるためには必須ですし、改めて大切にしていきたいと、彼が教えてくれたようでした。

 

千葉まで来てくれてありがとう。また会おうね!

2017年度入社の皆さんへ~送別会での御礼

送別会での一コマ。

今年度の新入社員から餞別をいただきました。

 

色紙には

「長所を見つけて伸ばしていただいた」

「入社のきっかけが川島さんだった」

「本当に出会えてよかった」

 

涙が出るほど嬉しかった。まるで、私の心を代弁してくれたようだったから。

 

もし皆さんが当社を見つけていなかったら、IT業界に興味を持たなかったら、会社説明会に参加しなかったら、、、私は皆さんにプレゼンすらできなかった。

 

星の数ほどある会社の中から、みなさんが入社してくれたから、私が私でいることができた。私が育てていたようで私も育てられていたんです。

 

この1年間で見違えるほど成長しましたね。

 

成長はみなさんが行動した証拠。たくさん失敗をして、たくさん悩んで、それでも行動したから今(結果)がある。どうぞ自信をもってください。

 

私がしていたことは、一人一人違う価値観を感じながら、長所を探して、確認して、勇気づけをしていただけです。

 

みなさんがこれから出会うたくさんの人たちも、みんな価値観が違います。

 

例えば、半分の水が入っているコップを見て「半分もあると考える人」「半分しかないと考える人」「なぜ半分になったのかを考える人」など違いがあるのは、人それぞれの価値観が違うから。

 

簡単にお互いが分かり合えないのも、価値観の違いが考え方の違いを生み、会話のすれ違いを作ってしまうのかもしれません。

 

みなさんは今月で新入社員を卒業します。

 

これから入社してくる後輩が、もっとも頼りに、憧れをいただくのは2年目のみなさんです。豊かなコミュニケーションで、豊かな人間関係を築いてくださいね。

 

すしざんまい!

f:id:es4794:20180327202019j:plain

駒込散歩~ソメイヨシノ発祥の地「六義園のしだれ桜」から野田焼売店へ

春といえば桜!

桜といえばソメイヨシノ! 

ソメイヨシノの名所といえば、、、

六義園(りくぎえん)のしだれ桜がおススメです。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

 

f:id:es4794:20180325082129j:plain

 

六義園は東京・駒込駅南口からすぐ。

桜の時期には駒込駅に一番近い入口が臨時解放されて、電車でアクセスもしやすくなっています。※駐車場はありません。

 

園内ガイドさんのお話によると、戦後まもなく植えられ70年ほどの歴史があるそうです。地面に近い幹から枝分かれしているので、歴史あふれる桜を目の前で楽しむことができます。

f:id:es4794:20180325082051j:plain

 

園内は都内の駅前とは思えないほどの広さ。ゆっくり散歩しながら景色を楽しむことができます。

f:id:es4794:20180325082118j:plain

 

園内を歩いて小腹がすいたので、駒込駅前の野田焼売店へ。

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13187277/

f:id:es4794:20180325082250j:plain

 

駒込に住む知人の超イチオシだったので、六義園と一緒に行こうと思っていました。ランチは11:30から。オープン前でも店外の丸椅子に行列ができていました。

 

前日、送別会で少し飲みすぎたので、さっぱり塩ラーメンと定番の焼売をオーダー(1,120円・税込)

f:id:es4794:20180325082300j:plain

 

桜を見て、何を感じるでしょうか?

 

見た目の綺麗(きれい)さ、咲いてすぐに散る儚さ(はかなさ)もありますが、

なぜこの場所に咲いているのか

なぜこの場所に咲かせようとしたのか

誰が、どのような思いで。

 

種をまいた人は、生きている間に、花が咲かないかもしれない。

でもなぜ種をまいたのか、苗木を植えたのか。

 

それは「自分のため」ではなく、その場所に住む次世代の人たちや、その場所をやってくる人たちを考えた「相手のため」ではないでしょうか。

 

日々気忙しく仕事をしている中でも、こうした自然に触れることができるのは「自分が働いた(収入の)対価」、というだけでなく、先祖の方々が残してくださった遺産や気遣いがあるおかげでもあると思います。

 

そして私たち現役世代は、次の世代に何を残せるか。

 

もしそれが仕事の延長にあるものだとしたら、それはやりがいのあるものだと思うのです。

失敗や反省をしても、後悔しない人生を

私の就職活動は今から22年前。

 

当時は就職氷河期の終わりごろ。クリスマスまで就職先が決まらず焦りまくっていた時、当時のオーナーに拾っていただき、IT業界飛び込んだのが平成9年。21年勤めた会社を退職することにしました。

 

SE・プログラマー・PM/企画営業/人事/採用/社員育成/新規事業など、さまざまなポジションで山ほどの失敗や学びがありましたが、本当にたくさんの仲間に支えていただきました。

 

入社当初は働く目的はなく遊んでばかり。遅刻や居眠りは日常茶飯事で、口を開けば会社や上司の文句と愚痴ばかり。いつクビになってもおかしくないようなポンコツサラリーマンでした。

 

この頃は、ずっと心の中で
「サラリーマンは不自由で窮屈だ」
「経営者やフリーは自由でカッコイイ」と、思っていました。

 

でも今思えば、それは単なる思い込み。

 

自分で「今の私は不自由だ!」と解釈して行動にフタをしていた。心の底=腹では、行動することで失敗することを恐れていたから。失敗して傷つくことを避けたかったことを、言い訳して取り繕っていたように思います。まさに自意識過剰な臆病な人間でした。

 

33歳のときに従兄弟が他界し、目が覚めるのですが、「自分を変えたい」「人生の遅れを取り戻したい」そんな気持ちがマグマのように沸き上がりました。

 

狂ったように本を読み漁り、仕事に打ち込み、自己投資を始め、地域活動やコミュニティに関わり、大学生の就活支援に参加し、専門学生の就活支援を立上げ、セルフブランディングを学び、ブログで発信しはじめました。

 

すると、いろいろな分野で活躍するエッジの立った、魅力的でカッコイイ社会人や、意欲と向上心にあふれる学生と出会うことができ、人生がおもしろくなりました。

 

みなさん強みも弱みも違い、さまざまな考え方や価値観に触れて自問自答するうちに、やがて

会社員とか経営者とか、仕事をするための手段でしかない。どこを目指したいのか、何がしたいのかが無ければ、会社員でも経営者でも仕事をすることが目的になってしまう。

と、目から鱗が落ちてからは、会社員でいることが目的から手段へ変わり、今の立場と環境で何ができるのかを考えて、時間を使うようになりました。

 

一生に一度の人生

 ・それで、何がしたいのか
 ・それで、何ができるのか
 ・それで、何を伸ばすのか
 ・そのために、自分はどうあるべきか。

 

考えて考えた末、将来により希望・可能性を感じる道へ進むことにしました。不安もありますが、おなじくらい武者震いもしています。

 

春から子供たちも小学5年生。最近では、親の仕事や言動に、よくアンテナを立てるようになりました。

 

極端な例えですが「お前たちを生活させるために働いているんだ」と、毎日つまらなそうな親の背中と「人生一度きり。辛いことも沢山あるけれど働くっておもしろいぞ」と、イキイキ働く親の背中。

 

どちらの方が、子どもが将来を楽しみにするでしょうか。

どちらの方が、大人になることに前向きになれるでしょうか。

 

新たな挑戦や環境の変化には失敗がつきものですが、反省はしても後悔はしたくない

 

頭だけで決めると損得を優先する。

心だけで決めると感情に流される。

腹で決めるから覚悟ができる。

 

こうしたメッセージを、わが子たちに生き様をもって伝えていくことができたら、後悔のない人生に近づいていくと信じています。

超一流への登竜門にチャレンジしているあなたへ

目指すは兵庫。

 

心・技・体の

すべて兼ね備えなければくぐれない

超一流への登竜門へチャレンジしているあなたへ。

 

フツーの高校生では

想像もできない狭き門だけど

その先にある異次元の世界に

魅せられ、感動して、憧れて

ここまで頑張ってきたんだよね。

 

失敗もたくさんあったと思うし

孤独を感じることもあったと思う。

ときに友達と比べてしまったり

頑張りが結果に繋がらなくて

くじけそうになったこともあると思います。

 

でもそのたびにきっと

もがいて、悩んで、苦しんで

一つずつ乗り越えてきたから

今のあなたがある。

 

あなたを支えてくれたすべての人が

あなたを見守っています。

私もその一人。

 

ここまできたら

自分を信じて

後悔のないように

自分の力を出し切るだけ。

 

後ろを見ず

前を見すぎず

今を見よう。

 

あなたの目の前に現れる

一瞬、一瞬を感じて、楽しんでほしい。

 

なぜなら

あなたが、心から楽しめているときが

あなたの魅力が、最大限に放たれるから。

 

心から祈っています。 

あなたの未来を。

価値を上げる方法

価値を上げるには、続けること。

 

鵜呑みにせず、疑わず

試しつづけること。

そして発信し続けること。

 

仕事でも趣味でも何でもそうですが

何かを始めるときは、みんなダイヤの原石。

 

できるかもしれないし

できないかもしれない。

 

最初はできなくても、続けるうちに

できるようになるかもしれない。

続けてもできないかもしれない。

 

このブログも約1000日続けていますが

書き始めのころと、今とでは

記事の内容も、発信のタイミングも、

あらゆるものが原型をとどめず全然違います。

 

試行錯誤しながら

有料のセミナーなどでノウハウを仕入れたり

いろいろな人の記事やブログを参考にしながら

ここまで続けてきました。

 

発信を続けていると

全然知らない人に知ってもらえたり

記事を楽しみにしてくださる人がいたり

仕事の連絡や相談をいただけたり

予想もしないような出逢いがあったり

価値を感じられるようになります。

 

自分では

「私はヘタクソだ」「まだまだだ」と思っていても

試行錯誤して継続していれば

発信を続けていれば、少しずつ信頼が得られて

価値を感じた人が出てくる「かも」しれない。

 

そう。

「かもしれない」を信じられるかどうか。

 

もし『1年続ければ必ず成功する』

と、わかっていれば続けられる。

しかし「かもしれない」がつくことで

・初めて続ける人

・初めて途中でやめる人

・最初からやらない人、に分かれてくる。

だから、続けるだけでも希少価値。

 

嫌いなことや苦手なことは避けた方がいいですが

好きなことや得意なことは

どんどん続けて、バンバン発信したほうがいい。

 

そうすればあなたの好きなことや

得意なことに興味を持った人や

あなたを必要とする人が、きっと現れます。

 

ちょっとやって

すぐ結果が出ることはまずありません、逆に

すぐ結果が出てしまうようなものは

すぐに飽きて風化する。

 

価値を上げるには、続けること。

かもしれないを、信じること。

 

これに尽きると思います。

新宿・池袋から最短30分|西武新宿線・狭山市駅前が便利だった

所要で狭山市駅を利用しました。

 

駅前が予想以上に(笑)整備されていてビックリ。予定よりも早めに到着したものの、改札直結のエミオに「ミスド・タリーズ・ドトール」などのカフェもあって快適。f:id:es4794:20180321154242j:plain

 

改札直結で専門店が並んでいました。エミオ(Emio)狭山市の公式サイトはこちら。

http://www.seibu-shop.jp/emio/floorguide/?fcd=8

f:id:es4794:20180321154333j:plain

 

午前は時間に余裕があり、午後の予定が窮屈だったので、往路は「最安ルート」、帰路は「最速ルート」で移動してみました。

 

〇往路「最安ルート」

JRで西船橋まで移動したあとは、東西線で高田馬場へ。西武新宿線に乗換えて急行で狭山市駅。乗換3回で乗車時間は2時間10分。短編小説は読み切れるかも。

f:id:es4794:20180321182811p:plain

 

〇復路「最速ルート」

西武特急ちちぶなら所沢から池袋までノンストップ、池袋からは丸の内線で東京へ。西武線から丸の内線への乗換えは距離が短いので便利です。乗換え3回で乗車時間は1時間40分。時間帯によっては東京→千葉は、成田エクスプレスや特急しおさいを使えばさらに10分~15分短縮できると思います。

f:id:es4794:20180321182914p:plain

 

千葉から入間まではかなり遠いイメージがありましたが、西武線の特急を使えば新宿・池袋まで30分でアクセスできるんですね。

 

西口駅前のスカイテラスも複合施設が充実。昼は都心でガッツリ働きながら、子育てや休日は静かにのんびり過ごしたいような方には、チェックされてみてはいかがでしょうか。

http://www.sayama-st.com/

名刺が増えれば仕事が増えると思っている「名刺ハンター」に要注意

よく異業種交流会やオープンなコミュニティで

名刺を片っ端から配りまくる人がいる。

 

すぐ仕事を増やしたい、すぐ売りたい。

売れれば誰でも構わない。

まるでよだれを垂らして

獲物を物色しているハンターに見える。

 

こういう人は決まって

自分の話をベラベラ機関銃のようにしゃべり

相手の話はそっちのけ

 

で、SNSなどで

「今日も、たくさんのご縁に感謝!」などと言いつつ

あとでDM(ダイレクトメール)や

SNSで「いいね!」リクエストや

イベントページなどを送りつけてくる。

 

ハッキリ言って迷惑です。

 

いいですか?

縁は、人間関係です。

出会い=縁ではないんです。

 

まれに、出会った瞬間から意気投合して

仕事につながることもありますが

多くの場合、出会いはきっかけにすぎず

そのあとネットの発信や仕事ぶりから

少しずつ相手のことに興味を抱いていくもの。

 

あなたがどんな人なのか

信頼できそうな人なのか、よくわからないのに

大切な仕事の相談をするわけないでしょ。

 

場当たり的な関係を望むなら

片っ端から連絡先をゲットしまくって

へたな鉄砲も数打てば当たる的な営業でも

いいかもしれませんが、いずれ限界が来ます。

 

人から信頼を得るには時間がかかりますが、

相手から必要とされるように

自分(自社)の強み、能力、技術を

磨いて磨いて発信し続ける。

 

そして相手の目線と立場になって

誠実に対応していく。

 

それが、お互いがハッピーになれる

本当のご縁に繋がり、深まるものだと信じています。

千葉・市原|長生美佐子台ボーイズが熱い!小学生・中学生へのメンタルトレーニングに参加

市原市でメンタルトレーニングの講習会にお招きいただきました。

 

f:id:es4794:20180318171045j:plain

 

少年野球チーム・長生美佐子台ボーイズの皆さんとは2017年からのご縁、今回は4回目の講習会でした。

www.netto.jp

 

このチームの素晴らしいところは、目的と手段がきちんと区別されていて、野球はきっかけにすぎず、目的は「長所を磨きプロで活躍できる選手」を育てているところにあります。

 

よく部活動でありがちなのが、練習の目的を選手が理解できないまま、顧問から選手への一方的なコミュニケーションで、ひたすら厳しい練習を長時間続けるケース。練習をすること・部活に参加すること・試合で勝つことだけが目的になってしまうことで、野球を楽しめなかったり、ケガで選手生命を縮めてしまう話もお聞きします。

 

美佐子台ボーイズの首脳陣、コーチ、保護者の皆さんはとても熱心です。いつお話を聴いてもチャレンジ精神にあふれ、先入観や過去の成功体験にとらわれず、子供たちが野球を楽しめる環境づくりに徹していらっしゃいます。

 

今回の講習会も、選手だけでなく、コーチや保護者のみなさまも一緒に参加。子供たちの反応や意見は、大人顔負けのアウトプットでした。小学生と中学生では視点がまったく違いますし、大人と子供でも視野の広さも異なりますが、みなさん積極的にお互いの意見に耳を傾けていました。

 

すごくないですか?

 

私も小学生のころ地元の野球チームに3年間所属しましたが、怖い監督と厳しい練習をこなすだけで、正直野球にいいイメージがありませんでした。

 

もし、美佐子台ボーイズのような環境で野球ができていたら、、、毎日の学校生活がもっと面白くなっていたと思います。チームの活動がホームページや口コミで広がっており、メンバーも着々と増えているようで、目が離せない注目のチームです。

 

選手の成長とチームの発展をこれからも応援させていただます。ありがとうございました!