情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

会社説明会で意欲の低い学生にするために気をつけていること

会社説明会の冒頭で

「本気で働きたいと考えている学生だけ残ってください。」と、一言入れること。

 

3月1日から2019卒学生の就職活動が解禁になりました。

 

企業の採用担当は、一人でも多くの学生と接点を作るため、インターンシップや会社説明会など、あらゆる手段で応募者集めに奔走する一方、学生の意欲はバラバラです。

 

意欲が低い学生だと感じてしまうポイントは

  1. 事前準備
  2. 身だしなみ
  3. 反応

例えば会社説明会で、この三拍子が揃った学生が混ざると、説明会のコンディションは著しく下がります。

 

採用担当も限られた時間をやりくりして学生と接触していますから、会社説明会一つにしても費用対効果が高いものにしたいもの。そこで、文頭の一言は効果があります。

 

一般的な会社説明会の出だしは

当社の会社説明会へお越しくださり、ありがとうございます。

 学生みなさんの疑問や不安をなるべく解消できるように、これからご説明させて頂きます!

一人でも多くの学生さんに興味を持ってもらえればと思いますので、質問があればどんどん仰ってくださいね。  

 

一方、このように踏み込むと、場の緊張感が高まります。

当社はこれから30分間、全身全霊を込めてプレゼンをします。

中途半端な気持ちや、腰掛けの会社を探している学生は、他の会社(ブース)へ移動してくださって結構です。

どんな会社でも、どのような職種でも構いません。本気で働きたいと考えている学生だけ残ってください。

 

誰も動かない場合もありますし、本当に別の会社へ移動する学生もいます。しかし、この言葉を踏まえて、ブースに残った学生の意欲をイメージしてみてください。

 

即応募につながるかは未知数ですが、説明会の雰囲気やコンディションが格段に上がり、質疑応答でも、本質を突いた質問がバンバン飛んできます。

   

中小企業の新卒採用は、何百人も採用するわけではなく、採用活動に使える人的なリソースも限られています。

  • 本気で働きたい学生に興味を持ってもらいたい。
  • 主体的な学生に応募してもらいたい。
  • 長い目で人材を育てていきたい。

こうした考えの採用担当の方は、ぜひお試しいただければと思います。

上手く話そうとするほど、上手く話せなくなる

プレゼンで間違えないように

噛まないように

参加者に嫌われないように

自分がいい格好をしようとするほど

緊張して上手く話せなくなる。

 

逆に

少しくらい間違えてもいい。

多少噛んでも構わない。

参加者に嫌われたっていい。

相手の将来のためを思って本気で話すと

相手に突き刺さります。

 

スポーツの試合でも同じだと思うのです。

例えば、サッカーの試合。

 

両チームとも余裕たっぷり

全員涼しい顔でミスが全くない試合と

両チームともガチ勝負

ミスもトラブルもあるが

全員が持てる力を出し切ろうとしている試合。

 

どちらのほうが魅力的でしょうか。

どちらの試合の続きを観たいでしょうか。

 

あなたの上手な話よりも

あなたの本気な話が聴きたい。

 

余裕たっぷりノーミスで難なく終わるよりも

ミスや想定外のトラブルにも心折れることなく

やりきろうとする姿勢が観たい。

 

プレゼンを例えるならライブコンサート。

あなたが伝えたいことを

あなたの言葉で

本気で伝えるから、価値がある。

 

DVDや配信動画でミスやトラブルだらけでは

価値が下がってしまいますが、

ライブは何が起こるかわからない。

だから、多少ミスがあっても

エネルギーでカバーする位の気迫が

聞き手を惹きつけるものだと思うのです。

 

私がブログを1000日続けてこれたのはこの人のおかげ

私が子どものころ。

周りにいた大人はみんな

仕事が辛そうで・疲れきっていました。

 

両親も毎日毎日、決まった時間に会社へ行き

遅くまで働いていました。

 

当時は、大人になると働かなければいけない。

どんな仕事をするかわからないけれど

自分も辛く・疲れきった大人になるだろう。

でも世の中「そんなもの」と、思っていました。

 

外からの情報といえば

学校の先生・テレビ・新聞・アルバイト程度。

働くことにいいイメージはありませんでした。

 

しかしネット・パソコン・スマホのおかげで

時代は大きく変わりました。

 

世界中の情報が一瞬で手に入り

個人でも簡単に発信できるようになりました。

全国の人たちとネットで自由に繋がれる。

リアルな人間関係を飛び越えて

コミュニティに参加したり新しい人と出会えるなんて

以前は考えたこともなかったのです。

 

ネットの力すごい!

発信しないなんて人生もったいない!

 

そんなことを教えてくれたのが

かさこさんでした。

kasakoblog.exblog.jp

 

発信はすぐに効果が出るものではないことを

かさこさんが一番よく知っているからこそ

ノウハウを破格で惜しみなく伝えてくれる。

 

何よりかさこさん自身が

毎日ブログを更新を続けて19年になるそうです。

 

私もブログを書き続けて1000日になりますが

ブログが書けない時期もありました。

面倒で辞めてしまおうとした時期もありました。

 

でもそんな時に限って「グサッ」と刺さる記事が

かさこさんから放たれる。そしてまた書く。

 

足が止まりそうになったとき

言い訳してサボりたくなったとき

かさこさんのブログに励まされたことが

何度も何度もありました。

だから1000日続けられた。

 

そして、仕事が面白くなりました。

 

思考が前向きな人とたくさん出会えて

さまざまな道のプロから刺激をいただいて

自分ももっと頑張ろう、と思いながら

仕事をするようになりました。

 

ブログだけがすべてではありませんが

ブログを書き続けていなかったら

今の自分はありません。

 

だからこれからも書き続けていきたいし

私も誰かを元気づけ・勇気づけられるような

記事をどんどん放っていきたいと思います。

 

『才能とは、持続する情熱』(かさこ)

不安・心配・煩わしい気持ちに支配されたくない時にしていること

走る

走る

走る

一つのことに集中する。

なるべく単調な動作がおススメです。 

 

もしケガで走れなければ

ウォーキングや筋トレ

雨で外に出られなければ

ストレッチや掃除などに置き換えます。

 

最近、公私共いろいろなことがあって

不安や心配に加えてノイズや暴言などもあり

気持ちを整理するために走ってきました。

 

走り始めはまだ余力があるので

頭から離れない現実がグルグル回ったり

雨雲のように覆いつくす不安にモヤモヤ。

 

が、しかし。

走り続けていると

体が苦しくなってくると

雨雲が横にずれていきます。

 

つかのまの晴れ間で気持ちを切替えて

嵐や台風に立ち向かうパワーが

充電されていくようなイメージです。

 

体に余裕がなくなると

心が体と会話をし始めるのです。

 

呼吸が苦しくなってくる

脇腹が悲鳴を上げてくる

脚に疲労がたまってくる

 

すると

弱い自分が顔を出して囁きだします。

 

「もう止まったら?」

「そこそこ走ったじゃん?」

「これ以上は無理、仕事に戻れば?」

 

続けるか、止めるか。

 

自分との単純な会話を繰り返していると

頭から離れなかった雑踏が

一瞬手放すことができるのです。

 

そしてこうした悪魔の囁きを

ぞうきんを絞るように

腹筋に力を入れて絞りつぶす。

 

あと1km

あと500m

あと電柱1本

 

目標の距離をクリアした後は

汗だくの体に心地いい疲労感。

そして前向きな気持ちが手に入ります。

 

「最初から上手くやろうとするな」

「不安だったら動け」

「勇気が先、自信は後、いいからやれ」

 

前に進めば、新たな不安が湧き上がる。

そうしたらまた走ればいい。

 

そんな繰り返しだとしても

壁を乗り越えた経験は心と体に刻まれ、

人を成長させてくれます。

 

だから不安や心配はあった方がいい。

 

安心で平和な環境にドップリ浸かり続けていたら

去勢されて戦えなくなってしまう。

戦闘意欲さえ削ぎ落とされてしまうでしょう。

 

変化の激しい世の中だから

不安や心配は尽きません。

 

だからこそ気持ちを上手く切替えて

乗り越えていきたいものだと思います。

 

失敗には自己肯定感が育つ種がたくさん詰まっている

「30分遅刻した」

「約束を守れなかった」

「ケアレスミスをした」

 

失敗の原因(因子)には自己肯定感を育てる種が、たくさん詰まっています。

  • だって眠かったし
  • 前日仕事で遅かったし
  • 寒いし
  • 細かい作業は面倒だし

 

こうした因子を乗り越えると自己肯定感が飛躍的に高まります。「お、私もやればデキルじゃん!」的な。

 

小さい因子を繰り返していくことで、少しずつ「どうせ私はダメだ」から「私ならきっと大丈夫」へ変わっていきます。

 

もちろんすぐ取り組んで継続するに越したことはありませんが、習慣を変えていくことは容易ではありません。

 

3日坊主でもいいと思います。

 

1回できなくて手放してしまうのはもったいない。野球のように『3回に1回は失敗する』くらいの気持ちのほうが継続します。

 

3日坊主だって繰り返していけば、単純計算で70%です。

blog.kawa4ma.asia

 

仕事ができる人、私が憧れている人は、みなさん自分のことが大好きです。

 

ナルシストという意味ではなく、自分の価値を自分が一番認めているからこそ、プロとして堂々と自信を持って仕事をしている。ほぼ例外なく数え切れないくらいほどの失敗を経験されています。

 

だから失敗には、自己肯定感が育つ種が、詰まっていると思うのです。

【千葉駅近・貸会議室】コワーキングスペースの貸し会議室が、スタッフ常駐&完全個室で快適だった

キャリア相談を受けるとき、私が一番気を配っているのは場所(空間)です。

 

ご本人にとって将来を左右する大切な時間ですから、安心して対話ができる空間を大切にしています。

 

ここ数年、千葉市内だけでもカフェ、コワーキングスペース、シェアオフィスが増えました。電源・WiFi完備のところも多く、移動の合間でもオフィスに戻ることなく仕事ができるので本当に助かっています。

 

しかし、初対面の人との面談や打合せであれば、設備やアクセスのよさだけではなく「安心と信頼関係」が重要なキーワードになります。相手から信用してもらえなければ、相手の本音は出てこないからです。

 

相手との信頼関係を築くために、身だしなみや立ち振る舞いはもちろんですが、場所や雰囲気の力はとても大きいのです。

 

カフェやコワーキングスペースは、周囲が気になったり、誰に聞かれているかわかりません。無人の会議室もありますが、初対面の人との密室になるため、多少なりとも不安を感じる方もいらっしゃいます。

 

今回、大切な知人からのご紹介でキャリア相談を行うことになり

  • 千葉駅・徒歩圏でわかりやすい
  • 個室(プライバシー確保)
  • スタッフ常駐
  • 少人数スペース
  • フリードリンク(or 持込可)

これらを満たしてくれたのが、千葉コワーキングスペース201の貸し会議室でした。

chiba-coworking.com

 

設備やシステムなどの詳しい情報は、千葉中央勉強会イブスタ主催者でもある、長谷川亜由美さんのブログに詳しく書かれています。

ai-comm.co.jp

 

今回の面談ですが、当初は1時間の予定でしたが、話が盛り上がってしまい、時間延長も柔軟に対応して頂きました。※延長料金はかかります。

 

途中でフリードリンクをいただきながら雑談したり、ホワイトボードが自由に使えたのも、コワーキングスペースならでは。

 

何より、駅近&カンタン予約手続きで、個室&プライバシーに配慮したカウンセリングができたことが革命的でした。また機会があれば利用したいと思います。

 

ありがとうございました。

 

f:id:es4794:20180225231419j:plain

写真引用:千葉コワーキングスペース201 https://chiba-coworking.com/

悪い魔法使いの得意技「心配という名の否定」

相手から瞬時にやる気を引き出す

いい魔法使いもいれば

相手から瞬時にやる気を奪い去る

悪い魔法使いもいる。

  

相手の状況や心境はお構いなし。

「まだ危ないから」

「どうせ失敗するから」

「私にはわかるから」

 

たちが悪いのは

相手のために良かれと思って言っている。

自分が満足したいから

自分がマウントを取りたいから。

自分の正論を相手に押し込む。

 

決してあなたのことを

本気で考えての発言ではない。

もしあなたのためを思った発言なら

応援とともにアドバイスが出てくるだろうから。

 

悪い魔法使いの言葉に右往左往することはないよ。

だって、悪い魔法使いは自分のことしか考えていない。

 

自分で決めたこと大切にして

勇気を持って自分に刻み込めばいい。

 

逆に言えば、悪い魔法使いの言葉程度で

決意が揺らぐのであれば

その程度の熱意だということだ。

「やりがいのある仕事に就きたい」と考える就活生のみなさんへ

3月1日より就活解禁。

ナビサイトがオープンし、会社説明会や選考へのエントリーが始まります。

 

「やりがいのある仕事に就きたい」

 と、いう学生も多いと思いますが

仕事そのものにやりがいはありません

 

やりがいは

自分で見つけるもの。そして

自分で近づけていくものです。

 

例えばコピーを取る仕事があったとして

舌打ちしながら「チッ、何で俺がこんな仕事を」と

ブツブツ仕方なく働く人もいれば

コピーの目的や用途を踏まえて

受取った相手に満足してもらえるように

どんどん創意工夫をして働く人もいます。

 

企業も余裕はありませんから

コピー処理の仕事ばかりではありませんが

どちらの人が仕事がおもしろくなっていくか

やりがいを感じる仕事に近づけるかは

圧倒的に後者なのです。

 

国内だけでも400万社以上※ある中で

新卒採用でナビサイトに掲載する企業は

わずか2万社~3万社。率にして0.5%です。

※個人企業も含みます。

 

婚活パーティーで出会えた人が

世の中の全ての男女ではないのと一緒です。

 

ナビに掲載されていない会社でも

新卒採用に意欲があって魅力的な会社は

本当に沢山あります。

 

どんな業種でも

どんな職種でも

どんな仕事でも

やりがいを感じる人もいれば

やりがいを全く感じない人もいます。

 

ナビサイトは便利ですが

就活のすべてではありません。

 

ネットを使った就活でも

上手くいく人もいれば手こずる人もいます。

やりがいのある仕事を求めるあまり

ネットでの就活に疲れたら

ネットを辞めてみればいい。

 

アナログな就活だからこそ

出会える企業も沢山ありますから。

 

f:id:es4794:20180225123409j:plain

売れそうな営業マンが売れない理由

話が長い。

 

例えば、イケメンで清潔感たっぷり。

トークも理論整列。

さまざまな角度からの質問。

 

でも、話が長い。

いつ終わるのか分からないセールスは、見込み客が遮らなければ、延々と続くような錯覚さえあります。

 

何でも、終わりがないというのは辛いものです。

  • ゴールの見えないマラソン
  • 区切りのない授業や公演
  • いつ終わるかわからない飲み会や上司の話など

 

もし、野球の試合に終わりがなかったらどうでしょうか?

 

高校野球も、3年最後の夏を9回裏までやり抜こうとするから集中もパワーも生まれ、逆転劇や感動のプレーが残ると思うのです。

 

セールスも同じで、第一印象で見込客を惹きつけたとしても、話が長いセールスにはだんだん冷めていきます。

 

一方的に、ベラベラ延々と話続けてみたり、質問攻めで無意味に話を広げても

「結局、売りたいだけなのか」

「自分が話していたいのか」

「ヒマ(売れてない)のか」

と、思われてフェードアウトされるのが関の山です。

 

お互い時間は限られていますから、相手の時間を大切にする気持ちが、信頼関係を作ります。

 

例えば、終わりを決めてセールスを始める。

 

「30分お時間を頂いてよろしいですか?」

OKなら相手も協力してもらいやすくなり、話が届きやすくなります。ただし約束の時間はきちんと守る。ダラダラ話続けてしまうと「時間が守れないだらしのない人」と思われて終了です。

 

もし「15分しかないんだよね」と言われたら

15分過ぎたら一旦区切り、延長の確認をする。もし興味がなければ、そこで終了したほうが、次の見込み客へ時間を振り向けられます。

 

もし「時間がありません」と言われたら

別の日で、再アポの打診が取りやすくなります。相手に、潜在的な興味があれば調整してもらえますし、興味がなければ相手から離れていきます。

 

お互い貴重な時間ですから、なるべく意味のある機会にしたいものですよね。

 

見込み客が有意義なセールスだったと思えるかどうかは、終わりにメリハリのある中で、見込み客が主役になれる、そんな時間だと思うのです。

信頼も不信感も小さな積み重ねでできている

先日、いつも待ち合わせに遅れてくる人から

メールが届きました。

同じ内容で5通です。

 

直後の印象は

「管理が甘くて(アカウントが)乗っ取られたかな?」

と、いう不信感でした。

結果的には乗っ取りではなく送信エラーが続いたため

再送を繰り返していたようでした。

 

もし、日頃からお世話になっていたり

信頼している人だったら

「どうしたんだろう。何か手伝えないかな?」

と、いう心境だったと思います。

 

 

信頼や不信感は1度の大きな結果より

日常の小さな積み重ねの結果だと思います。

 

例えば仕事なら

  • 雰囲気のよい挨拶
  • 報連相・質問のタイミングや内容
  • 提出期限を守る
  • 心のこもったお礼や謝罪、、など

こうした小さな積み重ねが信頼を築きます。

 

野球の試合でも

逆転サヨナラホームランを打った人には

次のチャンスが回ってきやすくなりますが

胡坐(あぐら)をかいて日頃の練習をサボっていては

信頼も期待も得られません。

 

不信感というのは

致命的な大きなミスをしたというよりも

こうした習慣を疎かにしていることで

不信感が積っていくものだと思うのです。