読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

認証審査をスムーズに乗り切るための準備とコツ~法人担当者向け

個人に資格があるように

法人にも様々な資格(認証制度)がありまして。

審査を受けて通過すればマークが付与され

名刺やHPでPRできるのが一般的です。

 

しかしこの審査というのがなかなか曲者で

数年に一度なうえ審査に時間が掛かるのです。

今回の話はプライバシーマークの認証審査ですが

以前は丸一日5~6時間掛かってて

審査員の方から指摘(改善事項)を沢山もらって

ゲッソリしていました。

でも同じことをするならスムーズに終わるように

工夫をして臨んだら時間が半分で済んだ話。

 

本題)

審査を早く終えるには

質問に早く答える・資料をすぐ出せるようにする。

そして、深い呼吸で堂々と振る舞う。←これ結構重要

「川島さん、運用記録○○を見せてください」

「(即)こちらです」

「川島さん、第*条で運用した一覧表○○はありますか?」

「(即)紙では用意がありませんので、午後の提示でもよろしいですか?」

 

逆に

「記録○○ですか。ちょっと待ってください、、、えーと(パラパラ)」

「そうですね、、、資料はこちら、、、あ、やっぱりこちらかな」

「えー、、、と、どこだったかな、、、(ガサガサ)」

 

こうなると時間が掛かるうえ

審査員も人間なので「おいおい大丈夫ー?」となり

さらに追加で質問がでてさらに時間が延びてしまう。

 

ただ早く終わればいいというものではないが

審査がグダグダにならないようにするには

本番を想定した準備が大切。

 

本番で焦らないように。

探しやすく工夫して練習までしておくと、審査がとてもスムーズに進みます。

  • 当日の流れ事前にをできるだけ細部まで把握する
  • 目的別にファイルを分ける
  • インデックス貼付&ナンバリング

    f:id:es4794:20170301200957j:plain

  • 質問を想定して、実際に記録を提示するまでの流れを練習

 

もし更新審査などの対応に

毎回時間が掛かる方の参考になればと。

学生のみんなへ面白い人を紹介する~かさこさんの誕生日によせて

17年間1円にもならなブログをほぼ毎日更新し

好きなことを仕事にしている

「カメライターのかさこ」さん。

 

もしフェイスブックやツイッターをやってるなら

フォローしてみるといいです。

人生を楽しく生きる・好きなことを仕事にするヒントが

たくさん流れてきます。

 

私が2015年8月から毎日ブログを

更新するようになったのもかさこさんの影響。

まだ当時かさこさんにお会いしたことはなく

かさこさんのセルフマガジンを読んでみて

更新を始めました。

 

特にずっと突き刺さってるのがここ。

f:id:es4794:20170301000237j:plain

できない理由を考える前に毎日素振り。寝食忘れて熱中できるものをテーマに10年、毎日続ければいい(引用:かさこマガジン5-2) 

 

かさこさんのブログやセルフマガジンを読むと

続けていくことに勇気をもらえる。

続けた時間は揺るがない。

逆に続ければ絶対に追い越せない城壁が作れる。

ってことを伝えてくれている。

 

私はブログを書き続けて2年弱ですが

かさこさんは17年。この差は永遠に埋まりません。

だから続けることに意味がある。

でも続けることって大変だし

余程のものでなければ続かない。

 

メンドクサイ、才能、環境、時間、お金

言い訳しようと思えばいくらでもできる。

 

だから続けてみるとわかること

続けてみたから得られることが沢山ある。

続けるとどんなことが起こるのかを

かさこさんは背中を見せてくれる。

 

もし自分の人生をもっといいものにしたければ

かさこさんのセルフマガジンおススメです。※無料

http://www.kasako.com/kasakomz.html

 

そんなかさこさん、2月28日がお誕生日。

おめでとうございます。

 

過去記事:あわせてどうぞ

blog.kawa4ma.asia 

blog.kawa4ma.asia

他者目線でブログを書き続けると、サイレントユーザが現れる

他者目線でブログを書き続けると

サイレントユーザが増えてくる。

 

サイレントユーザとは

何もアクションを起こさないブログ読者の方。

いいね!やリツイートなど

目に見える行動は起こさないが

ブログを更新すると読んでくださる人達だ。

 

普段ブログを読んでいただくだけなので

私も何人いるかわからない。

 

しかしサイレントユーザは

ある日、突然目の前に現れる。

ビジネス交流会などでも向こうから

名刺交換にやってきてくださったり

フェイスブックで友達申請が来たり

人づてで紹介が出たり。

 

ブログを書く以前は自分から名刺交換に行き

毎回毎回、自己紹介や仕事の説明をし

仕事繋がりそうな人にはフォロー連絡をするのだが

なかなか仕事に繋がらず労力に見合わなかった。

 

でもブログを書き続けると、私に興味を持った人や

私が仕事で役立てそうな人が向こうからやってきてくれる。

ブログを読んでいるから私がどんな人なのか

何をしていて・どんなことに役立てるのか

知った上で相談に来てくれるから

お互い無駄なく話ができるのだ。

 

あくまで他者目線でブログを続ける。

というのがポイント。

自分目線の自己満足日記では

芸能人やよほど有名でなければまず読まれない。

一般人がタダで他人に役立つ記事を書き続けるから

定期的に読んでくれる人が増えてくる。

 

たまにブログのネタに詰まったり

考えがまとまらなくて更新に時間が掛かると

もどかしい気持ちになるときもあるけれど

 

他者目線で書いた記事は必ず誰かに読まれている。

 

サイレントユーザの方にお会いするとつくづく実感する。

それがブログを書くモチベーションにも繋がっています。

 

これからも一つ一つ積み上げていきます。

サンリオのパレードから学ぶ ~ 講演やプレゼンで聞き手を惹きつけるポイント

最初のツカミ。

 

家族で出掛けたサンリオピューロランドのパレードを観て。スタートから序盤の1分間で五感がビンビン惹きつけられもっと観たくなったと同時に「これってプレゼンや講演も同じだなぁ」と実感した話。

f:id:es4794:20170226203602j:plain

 

プレゼンでも、公演や授業でも、サンリオのパレードでも、もっと観たい・もっと聞きたいと思えるかは参加者を『惹きつけられるか』これに尽きる。逆に最初がグダグダだと聞き手のコンディションが崩れ、途中でよほど挽回できなければそのまま終わるから。

 

話し手が有名人だったり内容が聞き手にとって魅力的なら、聞き手の方から歩み寄ってくれる。

 

しかし大抵の場合、聞き手は話し手のこと・話し手のテーマを何とも思っていない。例えば学生100人に会社説明会をするとして、約半分くらいは聞きたいとも・聞きたくないとも思っていないのだ。

 

そこで相手を惹きつけずに淡々と説明をしても「ふーん」で終了。参加者は聞いているようでほとんど残っていないと思った方がいい。

 

時間制限のあるプレゼンや講演であれば、特に最初の第一声から序盤はとても重要。ブログでもタイトルや最初の1~2行がつまらないと後を読んでもらえないのと同じように、序盤で参加者を惹きつけられないと、後は聞いているフリをしてスルーされるのが関の山でした。

 

つまり、一生懸命伝えているつもりでも相手に伝わっていない。いい話を聞いたけど契約や応募に繋がらない。これは序盤で相手を惹きつけられてない、また最初は良かったが途中で飽きられてしまうことで起こることが経験上多かったのです。

 

惹きつけ方は聞き手の特性によって違いますが、例えば学生の講演であれば

  • おもしろいか・・・例え話、ポイントを絞る、イラストなど
  • 参加する・・・ワークやゲーム性をなどで動きを入れる
  • 考える・・・自分の言葉にさせる、間を作る

 

講演や授業などでこれらを織り交ぜることで学生が惹きつけられ、話し手が伝えたいメッセージが学生に残るようになります。

衣食住で繋がる千葉のリアルコミュニティ~チバラボLT交流会~

チバラボLT交流会が終了しました。

 

f:id:es4794:20170226214140j:plain※写真提供:小川さんありがとうございます。

 

今回のLTテーマは「衣食住」

毎日の生活に密着したテーマでもあり、広い意味では生きることそのものにも繋がるテーマだけあって、多彩な強みを持つ方々が登壇されました。

 

そもそも『LT交流会って何?』

 

という質問をいただくことがありますが、LT=ライトニング・トークつまりミニプレゼン。制限時間5分でテーマに沿ったプレゼンを行うものです。※写真は一部

f:id:es4794:20170226214137j:plain

f:id:es4794:20170226221817j:plain

f:id:es4794:20170226221911j:plain

f:id:es4794:20170226221826j:plain

 

そして前回のLT発表者の方が、LT交流会後にどんな変化が起こったのか、成果発表という形でご協力して頂きました。

f:id:es4794:20170226214138j:plain

f:id:es4794:20170226222017j:plain

 

そして交流会へ。

LT発表者や聞き手の皆さんが、衣食住をきっかけに仲良くなったり/出身高校が同じ人がいたり/新しいコラボが生まれたり、他。とにかく皆さん前向きなパワーで溢れていました。

 

土曜日の午後に交流会に足を運ぶ人たちですから、意識が低いはずがありません。この場に居てお話を伺うだけで元気になれる気がしました。

f:id:es4794:20170226214142j:plain

 

チバラボLT交流会は毎回異なるテーマで開催しています。

  • 第0回:私の喜怒哀楽
  • 第1回:これからカタチにしたいこと
  • 第2回:衣食住

 

そして次回のテーマは「文武両道」

 

学び/スポーツ遊びにまつわるLT(ライトニングトーク)と交流会で、楽しく盛り上がりたいと思います。

 

余談ですが、いつも思うのがこうした交流会には意識が高く・前向きで行動し続けるカッコイイ大人が沢山集まってきます。人口減少とか地域衰退など暗い話題も多い中、千葉に住む・働く・関わる大人同士がリアルに出逢い・新しいコミュニティが生まれていくことで、地域の力を底上げしていくことに繋がる。そう信じています。

 

FacebookやSNSなどで繋がった方の感想を拝見して、出逢いのきっかけに少しでも関われたことがとても嬉しく思った一日になりました。

 

どうもありがとうございました。

就活解禁前の学生にこれだけは伝えておきたい

就職が全ててはない。

就職は社会て働くための手段であって目的ではない。ということ。

 

世界的に見れば、4月に新卒一括採用がこれ程浸透している国は日本くらい。ヤフーの通年採用は大きなうねりになりそうだが、コストが限られている中小企業が同じ流れに乗れるかは不透明。

 

しかし社会の大きな流れとしては「成果主義」の波がやってきている。

 

最近ではカルビーが在宅ワークの上限日数を撤廃した。会社に来ても来なくてもいい。逆を言えば「成果でしか仕事を見ない」「仕事の過程は管理しない」という会社の裏メッセージだ。

 

これからは例えば一日8時間を20日、自分の人生の時間を会社に渡す変わりに固定給をもらう。安定した会社で消耗せず長く働きたい。といった、会社で働くことが目的になってしまうと、非常に危険な時代になってくるから。

 

「大手企業が安定してそう」と思うなら、実際に大手で働く社会人に話を聞いてみるといい。生き残りを掛けて毎日必至で働いている話が聞けるだろう。

 

卒業後に就職先が決まらいと「負け組」的な雰囲気を感じるかもしれない。でも、学校卒業=やりたいことを見つけてストレートに就職、という人の方が圧倒的に少ないのが現状なんです。

 

大切なのはあなたの人生を、あなたが何を目指して働いていくかを、あなたが決めること。人に決められた人生は苦しいときや理不尽なときに、どこかで不満や言い訳に繋がってしまう。そんな学生や求職者がをたくさん見てきたから。

 

何のために就職をするのか。「学校を卒業するから」という理由以外でとことん考えてほしい。それが今の時点であなたの働く理由。もし就職するならこの上に志望動機に繋がっていきます。

初対面で『またぜひ再会したいと思える人』にある共通点

目標に期限を決めている人。

 

やれるか・やれないかではなく

やると決めている人。

こうした人の言葉には力がある。

 

ビジネス交流会などで色々な人とお会いするが 

期限を決めている人の話は具体的で

何かしら動き出していることが多い。

準備だったり根回しだったり。

話を聴いていてワクワクする。

 

次に会った時はより目標に

近づいている期待があるから

お会いしたいと思えるのだ。

 

さらにそういう方に自分の目標を伝えると

ほぼ例外なく応援してくれてたり

具体的なアドバイスがもらえることが多い。

それが自分への刺激・肥やしになるから

またお会いしたくなる。

 

「いつか~したい」と考える人と

「1年後までに~します」と考える人。

1年後の成果は、、、

 

そして

相手からまたお会いしたいと

思われる人になれれば

人間関係もよりよいものになると思うのです。

相手に自分を伝えたいなら文字?映像?

人に何かを伝えるなら

文字だけでなくイメージ(映像)もあった方がいい話。

 

例えば私の駅伝について自己紹介。

はじめまして、川島正好です。

最近の趣味は駅伝です。

先日も稲毛海浜公園で 駅伝大会に参加しました。

チームカラーは赤で Tシャツはマネージャーがデザインしてくれました。

カメラ好きのメンバーもいて腕前はプロ級なんですよ!

 

と言葉で伝えるのと。

 

まずこちらをご覧ください。

f:id:es4794:20170225082337j:plain 

この写真、どこで誰が撮影したと思いますか? 実は、、、

 

どちらの方が伝わるでしょうか。

どちらの方がもっと聞きたいと思うでしょうか。

 

言葉で説明されると理解しようとするので

「左脳」が働きます。

映像を見るとイメージするので

「右脳」が働くのです。

 

もちろん伝える情報よっては

文字で正しく正確に伝えなければならないものあります。

 

就活でも自分の事をわかってほしい。

個性が発揮できる職場で働きたい。

 

このように考える就活生は多いですが

就活セオリーに 埋もれてしまっているケースを多く見かけます。

 

採用担当は能力や将来性だけでなく個性を見て

一緒に働けそうかを判断したいのが本音です。

特に中小企業は顕著だと思います。

 

しかし圧倒的に文字が多い。

ES・履歴書・成績証明書・自己PRシート、、、

そう、採用担当は普段文字ばかり見ているんです。

 

以前、当社の採用試験での実話。

「あなたらしさが一番伝わる写真はありますか?」

「あります。、、、、、でも」

「見せたくなければ無理しないでいいですよ」

「趣味でなんですが、こんな写真見せたら不採用になると思って、、、」

「あなたが好きなものは否定しません。質問の目的はあなたらしさがどういうものなのかを履歴書とは別の形で知りたいからです。出す出さないは自由に決めてください」

 

「(スマホで)これです」 

 

コスプレの写真でした。

面接ではすごく緊張されていましたが写真ではすごくイキイキとしていました。 

「なぜ見せてくださってんですか?」

「今とても緊張しています。でも自分が活かせそうな会社で、全力で働きたいと思っていました。そのきっかけを頂けた気がしたからです」 

 

結果は採用。

もちろん写真を見せれば

内定が取れる話しではありません。

 

イメージと文字をうまく組み合わせることで

将来を切り開いていくことに

繋がることもあるということです。

施さずに得る・与えずに取るなんて都合がよすぎる

人間関係はまるで鏡のよう。

 

笑顔で挨拶をすれば笑顔の挨拶が返ってくる。

本音を言えば本音が

ウソを言えばウソが

悪口を言えば悪口が

正論を押し込めば正論を押し込まれ

相手に役立てば、相手から役立ちたいと返ってくる。

 

だから何かを得たければ

まず自分から相手に施す・尽くすとうまくいく。

相手から何か取りたければ

まず自分から先に与えるとスムーズに進むもの。

 

損を取らずに得だけ取ろうとするから

相手と関係が長続きしなかったり

徐々にフェードアウトされたり

不信感が重なり信頼関係が崩れていくのだ。

 

上司を動かしたければ

自分から上司に役立つことをやってみる。

部下を動かしたければ

上司から部下の事情や気持ちを聴いてみる。

 

返ってこないかもしれない

損をするかもしれない

 

でもこうした自分のメリットを

自分から手放すから

やがて相手から返ってくる。

 

人間関係ってそういうものだと思うのです。

【Facebook】コメントスパムが不快なのでブロックしたら快適だった

コメントスパム

SNSやブログの投稿に関係ないコメント。

 

おはよーございます!

今日もハッピーでラッキーな一日でありますように♡

 

知るかボケ!

コメントが入るとスマホに通知が来るのだが

友達のコメントに紛れてスパムでも通知が来るので

ホント迷惑。

 

自分の投稿にスパムされるのは論外だが

最近はタグ付けされた友達の投稿に

割り込んでくることもある。

 

まるで断りなく土足であがられるような。

友達と一緒に思い出を共有しているところに

勝手に割り込んで自分を売り込んでくるような。

不快だし迷惑。

 

なぜってSNSは個人のものだから。

ネットで情報公開はしてるけど

SNSを使う目的はみんな違うし

そこには何らかの人間関係がある。

タイムラインが公開されているから

何をしてもいいことではない。

 

なのでこうした人を見かけたら

友達でなくてもブロックすることにした。

 

フェイスブックのブロック機能は強力。

ブロックした人コメントが見えなくなるだけでなく

いいねリクエストやイベントの招待も来なくなる。

実に快適。

 

こうしたコメントスパム入れる人って

ほぼネットワーク系の人。SNS友達が何千人とかいて

毎日キラキラ投稿しててコメント欄に

「おはようございます!素敵な◎曜日を!」とか

「今日も縁ジョイな一日に!」といった

投稿とは全然関係ないコメントや

絵文字だらけの文章がうじゃうじゃ並んでたりする。

 

以前はこうした人達とも

もしかしたらビジネスで何か繋がりが、、、

考えて間口を広げていたこともあったが

ダメなものはダメ。そして断ち切ると

新しい縁が入ってくるから不思議なもの。

 

SNSの使い方は人それぞれなので

どうあるべき!とか言う話ではないが

自分のメリット・利益・売り込みを優先させていると

結局同じような人しか集まらない。

 

私はこの手の人たちとは

ビジネスでもプライベートでも

お付き合いするつもりはありませんのであしからず。

 

【参考】

appllio.com