情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

ロボットと協力して働く時代こそ「セルフブランディング」が大切

人間と機械が協力して成果を出す時代が、すぐそこまで来ています。

 

製造業を中心とした産業ロボットは既に浸透していますが、テクノロジーの発達でロボットやAIがデスクワークにも広がってきてきます。

  • 大量の情報を蓄積・定量化し
  • いつでも瞬時に検索・解析でき
  • 24時間365日働き続け
  • 感情に左右されることなく判断できる

しかも人件費より安く。

 

例えば、大卒1人を正社員で雇用すると、月々の給料を20万円として、会社の社保負担・各種積立て・教育費など総額で給料の2.5倍~3倍が掛かります。

 

昔はロボットが高いうえに、仕事の領域が限られていましたが、テクノロジーの進歩で有能なロボットが安く使えるようになりました。性能がいいパソコンが安くなって普及したように、ロボットや人工知能(AI)が広がろうとしているのも歴史が物語っています。

 

例えばソフトバンクは、年間3万人を超える学生のエントリーシート(応募書類)を人AIが解析しています。しかしAIも万能ではないので、AIがNGジャッジした書類を人間が解析するそうですが、それでもトータルの所要時間が年間500時間も削減したそうです。

 

仮に10人の採用担当が1日8時間働くとして一人当たり年間6日の時間が、ロボットに仕事を任せることで生み出されたわけです。

 

ロボットに任せた方が効率的な仕事はドンドンロボットに任せ、空いた時間を使って人しかできない仕事・人が行ったほうが効果的な仕事を行っていく。

 

こうした住み分けがこれから加速します。

 

「AIが人を支配する」 と懸念する人がいますが、便利なものは広がるのが社会です。スマートフォンがこれだけ浸透したのもここ5~6年くらいの話。完璧な道具はありませんから、個人でも企業でもリスクをきちんと理解して上手く活用していきたいところです。

 

業務量やデータ量が多い大企業だけでなく、採用に苦戦する中小企業でも、業務を整理整頓してロボットを活用できれば、本業にリソースを集中投下できるようになります。

 

そんな時代を生き抜くには、個人が「私だからできること」や企業が「当社だからできること」といった、セルフブランディングが必須の時代になっていくと思うのです。

 

f:id:es4794:20171123154855j:image

お金へのブロックを外さないと引き寄せられないのでは?と考えている人へ

ブロックが問題ではありません。

行動が足りないだけです。

 

お金のブロックを外して

  • 収入を○倍にしましょう、とか
  • お金の流れをつくりましょう、とか
  • 一瞬で願いを叶えましょう、とか

こうした集客ブログ・募集サイトを見かけますが、飛びつく前によく考えましょう。

 

ブロックを外したメリットに魅力を感じている時点で「自分が儲ける」ことが最優先になっていませんか?

 

仕事はまず相手です。

  • 相手を満足させたり
  • 相手の悩みを解決したり
  • 相手の痛みを取り除いたり

こうして相手に貢献することだし、能力を磨いて・情報を発信しつづけてるからリピートが増え、ネットを始めとした発信を通じオファーが来るようになっていく。

 

銀行残高や収入の見通しから目を背け、一杯1000円以上もするコーヒーを自己投資とみなし、セルフイメージだけを高めても所詮メッキです。今までのアナタだったら不要と感じるものに、高いお金をかけるのは勿体ない。

 

もしコーヒーが100円マックだとしても、仕事のPDCAをガンガン回してひとつでも結果をつかんだ方が長期的な結果に繋がる。

 

仕事には正解がありません。

 

だから「調査→仮説→検証→改善」といった行動が足元を強いものにしていき、結果がでてくればブロックを外す・外さないといった次元を超えて、お客様の方から相談がやってくる。

 

そうなれば無理に背伸びすることなく、1000円のコーヒーだって美味しく頂けると思うのです。

「本番はちゃんとやります」という人ほど本番で失敗する

だって過去に10できていたとしても

手を抜いて6の練習を続けていたら

やがて6が天井になるから。

 

上がり目の人は本番で10を出すために

11や12の練習をする。

練習の経験がレベルを少しずつ上げていき

やがて本番で10が出せるようになる。

 

一方、下がり目の人は

いつでも10を出せると考え練習をサボりだし

6・7程度で練習で満足するようになる。

楽をして10を取ろうとするので

練習での経験が薄くレベルが下がっていく。

 

なぜか。

過去の成功経験にこだわり、高慢で

ちっぽけな持論やプライドが手放せないから。

どうせ「またチャンスがある」と考えているから。

 

残念だが手を抜く人にチャンスは回ってこない。

「どうせまた手を抜くだろう」と思われるのが関の山。

年齢が若ければ期待値が勝るときもあり

チャンスが与えられるかもしれないが

間違いなくマイナスからスタートする。

 

練習で手を抜いて6が天井になった人が

さらにマイナスになるから、結果に繋がらない。

 

そんな状況でもプライドが捨てられず

「自分は周りとレベルが違う」と

意固地になるからますます孤立していき

回りから人が離れていく。

 

誰にも媚びず、一人の力で生きていく?

 

勘違いしないように。

そもそも今の給料に見合う結果が出せているのか?

直接売上げに繋がらないとしても、

会社や周囲がよりよくなる貢献をしているのか?

 

もし会社員でスタンスで仕事ができるのは

せいぜい新入社員(1年目)まで。

2年目以降になっても自分のことしか考えず

周囲の人や足元(会社)に貢献できなければ

窮地に立たされる。

 

で、どうするか。

ちっぽけなプライドを手放して

他社目線で自分を謙虚に見積もること。

 

屁理屈を並べて動かない自分を手放し

今の仕事がラストチャンスだと思って

目の前の仕事に全力で取り組むこと。

 

その積み重ねが周囲から期待され

仕事を任され・場数が増え、

上がり目に入っていくから。

 

f:id:es4794:20171122014557j:plain

 

 

ブログを書き続けるとタイムマシンが手に入る

1年前の今日。

あなたはどんな事を考えて、何をしていましたか?  

 

おそらくほとんどの人は答えられないのではないでしょうか。答えられたとしてもうる覚えだったり、思い違いをしているかもしれません。

 

でもブログを書き続けると一瞬で遡れるんです。まるでタイムマシーンのように。こんな感じで。

 

f:id:es4794:20171121081807p:plain

 

だから何って?

 

「いままで」を振り返えると「これから」が具体的になっていく。ブロガーのはぁちゅうさんも、このような記事を書いています。

www.froggy.money

 

例えばダイエットをしたい人が、太った原因を振り返らずやみくもに運動したり食事制限をすれば空回りします。

 

例えば病気になってしまった人が、今までの生活習慣や体の特性を無視して薬を飲み続けたればやがて身体を壊すでしょう。

 

過去の自分を具体的に振り返ることができると

  • なぜ今こうなっているのか
  • 自分の強みや弱みはどこにあって
  • 何を実現してどうなりたいのか

こうした未来の姿も具体的になっていく。ブログを書き続けていくと、今の自分と以前の自分を簡単に比較できるようになります。自分がどれだけ変化・成長したのかが一発でわかるタイムマシンなんです。

 

そして私の周囲でもタイムマシンを手にした人たちが現れはじめました。ブログを書く仲間が増えるのはすごく嬉しいし、何よりブログがきっかけで仕事や人生がもっと楽しいものになりますように。

 

日本語教師の藤田ちひろさん。

ffchr09.hatenablog.com

 

海外留学の経験を活かしたサッカー教室を主催する伊藤浩嗣さん。

fcveteranos.hatenablog.com

「自分にはチャンスが回ってこない」と嘆くあなたへ、チャンスを見つけて掴み取る方法

自己投資をする。

 

勉強・セミナー・本・交流会・二次会など、貴重な時間やお金を投資して何かを得ようとするからアンテナの感度が高くなる。すると目の前で起こっていることがチャンスが見えてきたり、近づいてきたら躊躇なく掴むことができるんです。

 

一方、時間やお金を投資することなくボーっと待っている人にチャンスはやってきません。もし偶然目の前を通り過ぎたとしても、アンテナの感度が低いと見過ごしたり、迷っているうちに通り過ぎてしまう。

 

で「また今度でいいや」と自己完結させてしまうのです。

 

もし教育に手厚い会社であれば、正社員が会社の経費で給料をもらいながらセミナーで勉強できる会社も多くあります。ぬるま湯に浸かってしまった会社員ほど「自己投資」という感覚が麻痺している。

 

もしかしたら、麻痺していることすら感じないかもしれません。

 

もし参加自由で費用が自腹だったら絶対参加しないようなセミナーに、会社や上司に指示されて参加しているから、アンテナの感度と参加意欲が低いのです。

 

時間とお金を誰が投資しているのか。

 

ここをきちんと理解していれば、会社の経費で参加した人は、仕事や結果で還元しようと取り組むでしょうし、個人で参加した人は、自分の将来にプラスになりそうな話しや出会いに積極的に向かっていく。

 

だからチャンスがチャンスに見えてくる。

チャンスを掴み取れる確率が上がるんです。

 

「俺にはチャンスが回ってこない」

 

本当にそうですか?

会社や上司の文句ばかりで思考停止していませんか?

環境・状況の言い訳ばかりしていませんか?

将来のために時間やお金の自己投資をしていますか?

 

自分が信頼できる人のアドバイスを信じて

本やセミナーで勉強してみるとか

憧れの人が参加する二次会など

より深く関われる場所に参加してみるとか。

 

リターンが確実にあるかわからない所に

リソースを入れるから投資です。

 

手当たり次第の投資は論外ですが、

自己投資はチャンスを見つけ

チャンスを掴む確率を上げる王道だと思うのです。

 

家族が納得できる進路選択を見つけたい保護者の方へ

高校生1〜2年生の保護者みなさまへ講演後、あるお母さまとのお話。

進学のことなんですが、子供(本人)は後先考えず楽観的だし、父親は持論を曲げずに一方的で。

お金も掛かる話ですし、母親としては家族でよく話し合って、納得できる進路を歩んでもらいたいと思っているんですがなかなか話し合いにならなくて、、、。

 

将来の選択肢が全く無いのも困りますが、今は選択肢がありすぎるため確信を持って選びづらい時代になっています。

 

病気や法律に専門家がいるように、進路にも専門家がいます。

 

ご家族だけで納得した進路選択ができることに越したことはありませんが、もし難しい場合は専門家を交えた話し合いの場も、選択肢に入れてみてください。

 

今は子供の人口より学校(大学・短大・専門学校等)の定員数の方が多い時代です。参考までに、、

18歳人口

  • 昭和55年(1980年)で158万人
  • 平成29年(2017年)で120万人

大学数

  • 昭和55年(1980年)で450校
  • 平成28年(2016年)で780校

 

そもそも「学校が多すぎる・定員を減らせばいい」と話は別として、学校も生き残りをかけて定員確保に奔走しています。

 

情報はスマホで何でも手に入り、オープンキャンパスやホームページでは高校生が興味を持つしかけが満載です。学校を通さないルートで本人と接触を図り、青田買いする学校もあります。

 

学生は「早く進路を決めて開放されたい」という心理があるので進学する目的があいまいのまま進路を決めてしまい、入学してから後悔・休学・退学してしまう。こうしたお話は毎年必ず耳にします。

 

専門家の強みは、ご家族の方向性に即して適切なアドバイスができることです。

 

経験や事例・客観的なデータを踏まえて、進路毎のメリット・デメリットを整理し、ご家族によりよい選択肢を提示することができます。

 

私もキャリアアドバイザーとて進路や就職相談を承ることができますが、進学であれば大学や専門学校を熟知した信頼できる専門家をご紹介する事も可能です。

 

お子さんとご家族にとってよりよい進路選択のために、お悩みの方はぜひご連絡ください。

http://www.kawa4ma.asia/

即効性がないからこそ続けていく価値がある。それがブログ

即効性のありそうなものにはすぐ飛びつくのに

即効性のないものはやらないんですか?

 

私は毎日更新してまだ3年弱ですが

予想もしない出会いがあったり

思わぬ所から仕事が生まれたりと

人生がおもしろくなりました。

ブログのおかげで。

 

続けた人にしかわからないですし

続けるかどうかは最後は本人次第。

人生をおもしろくしたければやればいいし

別の手段でおもしろければ別にいいと思います。

 

ただね。

すぐ結果が出そうなセミナーばかり飛びついて

仕事で加工する事も思考錯誤することも無く

人のノウハウを鵜呑みにして

ちょっとやって結果が出ないとすぐ辞めてしまう。

そんな人をまたあちこちでお見かけします。

 

だから結果が出ないんじゃないですか?

 

セミナーがいいとか悪いではなく

その仕事を続けていく気持ちや

その仕事で誰かに役立ちたい情熱が

心の中にどのくらい大きなものなのか。

 

短期的に成功するなら他力を借りるのもいいと思いますが

長期的には自力をつけなければ、成長も成功もないと思います。

 

ブログの継続=仕事が面白くなる

なーんて言ったら、鼻で笑われたこともありました。

「そんなワケないでしょ」

「所詮、雇われの身なんだから」

「誰が読むんですかね(笑)」 

 

何度も言われた。

でも続けていたら面白くなりました。

 

すぐに結果が出ればいいですが

このご時勢、成功の方程式はありません。

 

だからといって

ブログに1日で何時間もかけてたら

仕事に影響をきたして本末転倒。

 

1日30分。

未来の自分に投資し続けてみませんか。

 

あなたが役立ちたい人を思いながら

あなたのお客さんになってもらいたい人を考えながら

役に立ちそうな情報を書く。

 

ブログを1本書いて即お問合せはありません。

芸能人じゃあるまいし。

 

書き続けて、回りまわって

忘れた頃に成果となって返ってくると

ブログがやめられなくなりますよ。

プレゼンで「言いたい事が上手く伝えられない」あなたへたった一つの処方箋

スライドで結論を先に伝える。

 

プレゼンの主導権は話し手にあり、聞き手は話の全体像がわからないため「この人は何が言いたいのか?」というアンテナが常に立っています。

 

ですから「私がこのスライドで伝えたいのは○○です。理由は、、、」という流れで伝えると、聞き手が消化しやすい形で話が届いていきます。

 

結論を先に出すと飽きられてしまうのでは?という人がいますがむしろ逆。結論がいつまでも見えないダラダラした話のほうが飽きられます。

 

もちろんプレゼンのテーマによっては結論を最後にしたり、時間に余裕があれば結論をあえてぼかし、ワークやロープレなどと織り交ぜた方が聞き手に深く刻まれる場合もありますが、プレゼンは通常10分~長くて30分程度。30分以上のプレゼンは稀です。

 

結論を伝えて後から理由を紐づけると聞き手に

  • 「なぜ○○なの?」という疑問や
  • 「なるほど!だから○○なのか」といった納得

こうした自問自答が生まれやすくなります。こうした疑問がプレゼン中に解消されたり、プレゼン後の質問で解決できればさらに深まる。結論が先にあると聞き手が消化しやすいのはこのためです。

 

また、話が苦手な人にも結論先出し型はオススメ。結論を先に出しておけば、もし話が逸れたり上手く話せなかったとしても、いつでも話を軸に戻すことができます。

 

私がプレゼンのノウハウを書く理由は、プレゼンで成果をつかむ人がもっと増えてほしいと思っているから。

 

プレゼンをするということは、誰かに何かを伝えたいことがあるからではないでしょうか。とすれば、伝えたいことが伝わらないなんて勿体ないですし、一人でも多くの人に伝わるように使っていただければと思っています。

 

伝えたいことを伝えたいなら

結論を先に、シンプルに届けること。

 

もしプレゼンに慣れていない方・ちょっと自信がない方には特におすすめです。

 

f:id:es4794:20171116203052j:plain

一流の講師と二流の講師はここが違う

相手を本気にさせること。

 

人前でお話させて頂くようになってから、さまざまなキャリアを持つ講師の方を見聞きするようになりましたが、一流の講師は相手を本気にさせ、成果のきっかけを作っています。

 

つまり、時間とお金を投資して参加した人が、本気で行動するきっかけになれるかどうか。

 

 

しかし話す側に回るとつい上手く話そうとしたり、嫌われないようにアンケート等で否定されないように、自己防衛機能が働いてしまうことがありました。

 

スランプや停滞を感じるときほど、相手の成果<自分の成果に意識が向いていることが多いので注意していきたいところです。 

 

聞き手がセミナーに参加する目的はさまざまですが、仕事であればほぼ「成果のため」に集約されます。

 

しかし行動が変わらなければ成果は変わりません。

 

ノウハウやテクニックは行動するための手段にすぎず、行動するかは最終的に聞き手に主導権があります。

 

だからこそ一流と二流の違いは、相手をいかに本気にさせ、アクセルを踏ませることができたか。一方、饒舌な話を届けても聞き手がまるでサイドブレーキをかけたまま変わらいようであれば、講師としては二流だと思います。

 

「セミナーを活かすも殺すも聞き手の意欲次第」

 

という講師もいますが、アンテナの感度が高い人はセミナーに限らずどんな環境からも学び取るので、講師の腕はあまり関係ありません。 

  • 何となく聞きにきた人
  • 何となく動かなかった人
  • 何となく今のままでいいや、と思って参加した人など

 

こうした人たちを本気にさせられるか。 

 

そのために講師が本気で相手と関わり、相手の人生に貢献することにコミットしているか。

 

世の中講師やセミナーで溢れ返っているからこそ、何で差別して選ばれていくかは、講師も同じだと思うのです。

 

 

f:id:es4794:20171115232053j:plain

 

余談

いくら動きに繋げる講師だからといって

マインドコントロールして相手を変えていくとか

世間を騙したり他人に迷惑をかけるような

動きに繋げるセミナーは論外ですのでお間違えなく。

高校生がインターン・アルバイト以外で社会経験を積む方法

コミュニティに参加すること。

最初は興味があるものを「少し覗いてみる」くらいの気持ちで大丈夫です。

 

高校生の社会勉強といえば、企業へのインターンシップやアルバイトなどがありますが、どちらもメリット・デメリットがあります。

 

インターンは短期間で経験できることが断片的すぎますし、アルバイトは現場での主導権が狭く目的がお金だけになりがちです。

 

一方、コミュニティはお金はもらえなくても、好きなことや興味のある活動に自由に関われます。もし参加して合わなければ距離を置けばいい。コンセプトや活動内容に興味があれば底辺で共通点があるので、前向きな人間関係が築きやすいのも特徴です。

 

例えば、私が所属している稲毛駅伝部は「楽しく走り、仲間を応援する」コンセプトにしたランニングのコミュニティ。メンバーは20台~50台まで男女不問・陸上経験不問・仕事もバラバラですが、コンセプトに共感した人が集まっています。

 

もしあなたが楽しく走ることに興味があれば、こうしたコミュニティに参加してみると結果的に社会勉強になります。知らない同世代や大人がいる中に飛び込んで話をしていくうちに、自分が何者なのか・何ができるのか・何がしたいのかなどがよくわかります。

 

インターンやアルバイトは具体的に仕事を体験することができますが、仕事全体の中で断片的な仕事が切り出されることがほとんど。基本的に指示があって受動的に動いていくことになります。

 

一方コミュニティは、チャレンジ意欲があれば主体的に振舞いやすく、さまざまな価値観を持つ人と関わることができます。お金はもらえませんが、自分の深層に気づいたり、自分の将来と向き合うきっかけが生まれます。

 

お金のためだけにアルバイトにどっぷり浸かってしまうと、社会人になっても給料のためだけに働くようになる。

 

もちろん生活のためにお金も大切ですが、そのお金をどこに向かって・何に使うのかが大切だということを、昔お金のためだけにアルバイトしていた当時の私に伝えてあげたい。

 

f:id:es4794:20171114233215j:plain