読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

パワポが使えれば『お絵描きスキルゼロ』でも簡単に画像が作れる素材サイト登場

元気に働く 元気に働く-HP・SNS

お絵描きスキルゼロの私でも

簡単にイラスト入りの画像が作れたサイトはこちら。

ai-catcher.com

 

ビジネスでも使えるイラストが

無料で商用利用OK。

サイトには編集機能もあるので

パワポのような感覚でサクサク作れます。

 

こちらも15分くらいで完成。

f:id:es4794:20170322134110p:plain

毎回プロに発注できればいいのですが

予算の都合もあるので優先順位をつけていくと

デザイン化の優先順位が低いものは

手つかずになっていました。

 

こうしたイラスト入りの画像が

無料で簡単に作れるととても助かります。

 

注意点はデザインの保存ができない(3/22現在)こと。

再利用が前提ならイラストだけダウンロードして

パワポで組合せて作るのもいいと思います。

 

まだサイトオープンして間もないので

全体的に種類は少なめですが

これから順次増やしていくようなので

気になる方はブックマークへチェック!

運転とビジネススキルは比例するか? 

元気に働く 元気に働く-雑感

自論は「比例する」と思っている。

 

採用の最終選考で『焼肉面接』をするのと本質は似ていて、その人の深層心理が見えるのが運転。

 

例えば、渋滞にはまり「ったく渋滞かよ!アポ遅れそうだなーーー」と、車中でイライラしている会社員がいたとする。

f:id:es4794:20170321233929p:plain

 

車を使うなら渋滞はどこでも発生するが、そもそもの段取りに落ち度はなかったか。

  • もっと早く出発できなかったか
  • 迂回路は調べてなかったのか
  • 公共交通の方が時間が確実に読めなかったか
  • アポ時間は妥当だったか

 

同乗者への気配りなどもそう。

  • 居心地はどうか
  • 寒くないか・暑くないか
  • 酔っていないか
  • トイレは大丈夫か

といった気遣いは、コミュニケーションや仕事振りにも現れる。

 

一方、少し極端な例だが

  • 信号無視をバンバンする人
  • 同乗者そっちのけで自分の運転に没頭する人
  • 思い通りにならないとすぐイライラする人
  • マナーが悪い人

 

こうした人は仕事でも同じような行動を取るため、顧客に受け入れられなかったり、協力者が得られなかったり。少しずつ人が離れていき、成果から遠のいていく。

 

相手のために自分にできることは何か。

 

運転でも食事でも何でもいい。一緒に楽しい時間を過ごしたり、相手をもてなしたりすることと、仕事で成果を上げていくこと。

 

根っこは同じことだと思うのです。

読者に役立つ情報発信だけが、生き残る時代になってきたようだ

元気に働く 元気に働く-ブログ

あなたがブログを書く目的は何ですか?

 

読者(ユーザー)に役立つことを置き去りにして、自分が稼ぐことを最優先しようとするブログは、今後検索で不利になる=順位が下がるかもしれない。という話。

www.kk3marketer.com

 

Googleのアップデートとは、検索アルゴリズム(サイトやブログを検索したり順位付けするプログラム)が変更になること。その結果、今まで上位表示されていたページが圏外になったりと検索順位に影響が出てきます。

 

今後すべてのブログが検索の圏外になるわけでなく「ブログの目的がアフェリエイト=広告収入の強いブログは、Google検索で順位が下がる」という報告が、3月9日以降ネットでにわかに報告され始めています。

 

ネット検索で表示されないブログを、赤の他人に見つけてもらうのは非常に難しい。もしこのアップデートが今後も適用されていくなら、広告を貼らず読者目線で役立つ発信を心掛けてきた身としては歓迎です。

 

しかし、このテの話はいつも「いたちごっこ」。 ルール変更がおこると、抜け道を探して楽に稼ごうとする輩が必ずいる。としても、アフェリエイトが主目的のブログが今後検索の価値が下がる傾向だとすれば、読者にメリットは大きい。

 

だってブログに表示される広告って邪魔じゃないですか。一瞬でも記事から気がそれたり、間違ってクリックしてしまったり。せっかくタイトルやリードに興味を持ってくれた人に、望まない広告を出して収入を得るってブログの意義として本末転倒です。

 

ネットでもリアルでも

『相手に役立つことを考えて発信・行動』していれば間違いない。

 

逆に、相手のメリット/背景心境などを考えず

自分だけが稼げればいい

己の都合だけまかり通ればいい

自社だけが売上(利益)を得られればいい 

とか考えるから、小細工や駆け引きをやりだし、見透かされて人が離れていく。

 

私は、アフェリエイト(広告表示)丸出しのブログやサイトだったり、こちらの事情や気持ちに配慮せず、自分の都合だけを押し込んでくる人は信頼しません。

 

もし自分ブログ・自社サービスの価値が、世の中でオンリーワンなら相手から求めてやってくる。しかし大抵は競合だらけ。とすれば「売る・稼ぐ」の前に「相手に役立った結果、売れた・稼げた」という考え方にしなければ生き残れない。

 

私たちはそんな時代を生きていると思うのです。

名刺とプロフィール写真を統一した方がいい理由

元気に働く 元気に働く-名刺

仕事のためにネットや名刺を使うなら

名刺の写真とネットのプロフィール写真は

同じものをお勧めします。

 

SNS繋がりの人と実際にお会いして

本人だとわからないケースって結構ある。

 

他人はあなたが思っている以上に

あなたの事を知らないし興味がない。

だから「あなたを・あなただ」と解りやすくすることは

知ってもらい・思い出してもらえることに繋がる。

 

 

私は、昨年参加したかさこ塾の講義を聞いて

今の名刺デザインとプロフィール写真に変更しました。

f:id:es4794:20170321215502j:plain

SNSで繋がりのあった人と名刺交換すると

「あー、フェイスブックと同じですね!(笑)」

と、安心して会話して頂けることが多い。

 

初対面の人との名刺交換でも

「フェイスブックで検索、、、あ、すぐ見つかりました!」

といったように自分のことをすぐ解ってもらえ

余計な時間を使うことなく本題に入れる。

 

シンプルはわかりやすい。

わかりやすいと伝わりやすい。

 

あなたの伝えたいことを

余計なものをそぎ落としてシンプルに見せるから

相手が興味を持ち、相手に届く。

プレゼンも名刺も伝える手段だから基本は一緒。

 

『シンプルイズベスト』

仕事で行き詰った時にしていること

元気に働く 元気に働く-雑感

走る(身体を動かす)

 

答えが見つからない。

選択で迷っている。

一歩踏み出せない。

モヤモヤの塊。

 

そんな時は走る。

塊を頭から忘れるのではなく

一旦横に置いて違うことを考えてみる。

 

走るペースは天気や体調でバラバラだが

30分くらい走り続けると苦しくなってくる。

「疲れてきたなー」

「そろそろ休もうかなー」

「次の信号までは走ろうかなー」 

 

こうして違うことを考えはじめると

モヤモヤの塊が横に移動する。

塊が客観的に見えてくる。すると

  • 大事なことを忘れていたり
  • 新しい選択肢に気づいたり
  • 簡単なことを難しく考えていたり

次の一手が見つかる。

 

それが正しいかは動いてみなければわからない。

でも決めて動くから上手くいく。

逆に決めずに動き出したり

他人に決めてもらうから流される。

 

もちろん走っても答えが出ないときもある。

 

そんな時は、周りにいる頼もしい

プロの皆さんに相談させていただく。

誰に頼んだらいいかわからないときに

真摯に的確なアドバイスを出してもらえる人もいる。

 

そんな安心感があるから

仕事をしていて楽しくて仕方がないんです。

 

f:id:es4794:20170319234332j:plain

プロフィール情報がない友達申請は『スパム・乗っ取りアカウント』と間違えられますよ

元気に働く 元気に働く-HP・SNS

SNSでの友達申請は基本承認していますが、プロフィール(基本情報)が全く無い申請は承認をしていません。

 

例えばこういうの

f:id:es4794:20170319162150p:plain

 

 

理由はセキュリティ。

 

プロフィール情報が乗っていないアカウントは、スパムや乗っ取られたアカウントの可能性があるため。 そして、もし私の友達にスパムアカウントが紛れ込んだら、私の繋がっている友達に被害が拡散する可能性があるから。

 

プロフィール情報があっても怪しい場合すらあるので、全く公開されていないアカウントを信用しろって言う方が無理な話。

 

企業も同じだと思う。

 

自社・自分を信頼してもらって取引が始まるには、自社のことをあらゆる手段で公開するだろう。会社案内・ホームページ・製品情報などなど。また、最前線の担当者が見込み客と信頼関係を築き、取引に繋がるケースも多々ある。

 

友達承認を押すか押さないかは

信頼できそうか否か。

 

自分を信頼してもらうには

まず自己開示から始めましょう。

まだ町内会で消耗しているの?

元気に働く 元気に働く-雑感

今年度で町内会を退会することにしました。

 

町内会への参加は任意=ボランティアなので、参加するのも・しないも個人の自由。だが今まで何となく近所と同調するように加入していました。

 

町内会を退会するとゴミが出せなくなるとか、災害時の救援物資が回ってこないとか、根も葉もない噂がありますが、冷静に考えればこれらは行政サービス。町内会費を払っているかではなく、住民税を払っているかどうかの問題です。

参加したければ、参加すればいい。

参加したくなければ、参加しなければいい。 

町内会とはそういう性質。

 

なので「退会させてください」と申し上げて「本当は来年度も加入して頂きたいですが、、、個人の自由ですので、それ以上は申し上げられません。」と、粛々と受理していただきました。

  

一口に町内会(地域によっては自治会)と言っても様々。全ての町内会がダメというつもりは毛頭なく、住民が主体的に参加していたり、理想的に機能している町内会もたくさんあると思います。

 

この記事は町内会を肯定・否定するものではありませんし、退会を斡旋するものでもありません。

 

どんなものなのか一度加入してみて、続けて参加したければ継続すればいい。もし参加する意義を見いだせなかったり、加入後の役割が負担で継続加入が難しいと判断されたのなら、退会するのも一つの選択肢。

 

任意団体への加入は強制できません。

これは最高裁からも見解が出ています。 

 

参考になれば幸いです。

 

f:id:es4794:20170318225711p:plain

【簡単】就活メールでのトラブルを避ける3つの工夫

これから働く これから働く-就活支援

就活解禁で学生の企業訪問が始まりました。

  

日々学生や求職者とメールのやり取りをする中で、勿体ないなーと思うことがよくあります。面接したいと思った学生に送ったメールがエラーになったり、ちょっとした勘違いで時間をロスしたり。

 

就活をスムーズに進めるためのポイントを企業目線で3つご紹介。

 

わかりやいアドレスをつける

どちらのアドレスの方がわかりやすく、可読性が高いでしょうか?

happy-happy-love_0123..keitai.jp

mkawa416@gmail.com

実はメールアドレス(@の前)に何をつけているかで、学生の社会性がみえてきます。社会性とは他者目線。自分のアドレスではありますが、相手から見てもわかりやすい名前をつける配慮がアドレスに現れるのです。

 

逆にプライベート丸出しの携帯アドレスは萎えます。履歴書は人事だけでなく、将来一緒に働くかもしれない職場のリーダーや、社長・取締役が見る可能性がある。また携帯アドレスはドメイン設定などで届かないこともあるので、フリーメールを取ってわかりやすい名前をつけましょう。余計なトラブルが避けられます。

 

受信確認を返す

例えばこんなメールが届いたとします。あなたならこの後どうします?

**大学 ◎◎様 

株式会社ルート14 の川島です。

 

明日の会社説明会は予定通り開催いたします。

場所・所持品などは、先日お送りしたメールと同様です。

ご参加お待ちしています。

 

最近はLINEで連絡を取り合う企業も出てきているようですが、まだ大半の企業はメールが多いのではないでしょうか。メールもコミュニケーションですから相手から連絡があったら返信を。それだけで差別化できます。なぜ?返信する学生は圧倒的に少ないから。

メールは既読されたかはわかりません。だからこそ返信があると相手は安心しますし、相手のことを考えた一手間・ちょっとした行動は、きちんと相手に届きます。

 

結論は明確に

ブログもそうですが、まわりくどい文章は読まれません。読まれても認識違いが起こり、伝えたいことが伝わらなければトラブルの火種になります。最終的に何を伝えたいのか、結論を先に書きましょう。

 

f:id:es4794:20170317215419j:plain

発信は人生をおもしろくする

元気に働く 元気に働く-ブログ

ブログのおかげで

ある講演のお話をいただいた。

 

もしブログを書いていなかったら

毎日書き続けていなかったら

今回のお話は無かった。

 

そのくらい嬉しいお話だった。

 

ブログを毎日コツコツ書くのは

慣れるまでキツかった。

しかし仕事の合間/移動時間/寝る前など

スキマを見つけて書くようになったら

ムダな時間が結構あることに気づいた。

 

そしてブログを続けていると

日常ではまずあれ得ないようなことが

起こるようになった。

 

最近、数千アクセスされた記事は

その日に起きたムカつく話を

友だちとチャットしながら20分で書いた記事。

blog.kawa4ma.asia

 

「これはみんなに役立つ!」と

気合いを入れて1時間以上書いても

泣かず飛ばすの記事は数しれず。

 

でもそうした過去記事が検索に引っかかり

SNSでシェアされたりして

面識のない学生や、親子さん、先生など

ブログが私を必要としてくれている人達との

橋渡しをしてくれるようになった。

 

逆に私と合わない人は

向こうから去ってくれる。

こちらから本音を発信していれば

考え方が合わないひとは読まなくなる。

 

だから発信し続けることで

人間関係が明らかにいい方向に変わり

だから人生が面白くなった。

 

受信は短期的には満たされる。

動画を見たり、情報を検索したり。

発信は即効性はないが

ロングテールで効果があるのを実感する。

 

書いたことを忘れた頃に

相談や問い合わせなどの反響が出てくるから

どんなことが起こるかわからないから

ワクワクしながら書いている。

 

どんな記事が誰に役立つか。

決めるのは読み手なんだと考えるようにしたら

発信が面白くなった。

 

だからこれからも書き続けていきます。

まだ見知らぬアナタと出逢えるように。

縄張りという名の「自己都合」を張り巡らせた会社員の末路

元気に働く 元気に働く-反面教師

ある人事担当者との話

「縄張り意識が強い社員(仮名A)がいましてねぇ」

「Aさんに役割や職域は?」

「ある程度はあります。ただ川島さんもご存知だと思いますが、中小企業は複数担当になったり、役割が決まっていない作業もあるんですよ」

「人員が限られていますから仕方ないですよね。取り組み方次第で成長してお得という考えたかも(笑」

「そういう考え方ならいいんですが(笑)。Aは処理能力が高いのですが、自分の解釈で仕事の線引きをしてしまうんです」

 

「もったいないですね。会社も本人も」

「やたらと線を引きたがるし、最低限のことしかしようとしないので、Aへの仕事が減り社内でも孤立していきました」

 

「Aさんとは歩み寄れそうですか?」

「退職しました」

「そうでしたか、、」

A曰く「私は義務を果たしたうえでの権利を言っているだけなのに、周囲は理解してくれません。このような環境では続けられませんので辞めます」と。

 

「何だか皮肉ですね」

「ええ、自分の都合を周りに主張しすぎた挙句、自己都合で退職になってしまうのですから」

 

組織は人そのもの。

仕事という食べ物が体に入り

いかにいい状態で循環させて

強くしなやかな体質を作っていくか。

 

もし部署間や担当間で押し付け合いとなり

仕事が滞ってしまうと

血液の流れが悪くなっているような状態になる。

長引くと血管の前後に負担と支障をきたし

やがて体(会社)全体に少しずつ悪影響を及ぼしていく。

 

だからなるべく仕事がスムーズに流れるように

役割が決まっていない仕事は

余裕のある人・部署が分担して巻き取っていくなり

仕事の断捨離・仕組み化・パッケージ化などして

体全体をいい状態に保つような意識で関わりたいところ。

 

だから特定の場所で

自分の都合ばかり主張するのは

一見自分の身を守っているようで

自分の血流を悪くしているのと同じ。

 

それはやがて

体全体の環境を悪化させていることに

早く気づいた方がいい。

 

何より周りが迷惑するから。