読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hataraku日記

千葉市でちょっと熱量高めの人材育成トレーナー。日々の活動や気づきの綴り。

フィードバックは成長の肥やしである

元気に働く 元気に働く-研修

フィードバックとは感じたことを相手に伝えること。

そしてフィードバックが成立するには「①信頼関係、②同じ成果や成長の方向性」が前提になる。

例えば、サッカー部のキャプテンが後輩にフィードバックする際、①信頼関係と②チームの目標や方向性が同じなら、後輩は先輩のフィードバックを糧にして成長していく。「この局面ではこうした方がいい」とか「今のプレーは相手から**のように見える」など。

もし、①信頼関係が無ければタダの嫌味に聞こえるし、②目指すものが違えば他人事でスルーするだろう。

フィードバックがし合える関係は人を成長させる。もしあなたが会社員で成長に飢えているなら、フィードバックが貰えるコミュニティに参加するといい。会社内でもいいが、人間関係や役職などでフラットな意見が貰えない場合もある。


今日は全国のトレーナー候補者同士が本気でプレゼンを行い、フィードバックし合うトレーニングだった。練習の成果を発揮したり、本番さながらに挑みミスをしたり。そんなチャレンジを汲み取り、讃え、研修参加者がどのように感じるかをフィードバックするのだ。

フィードバックだから相手が感じた事・思った事がそのまま出てくる。人によって内容が同じだったり違ったり。最終的に咀嚼(そしゃく)して明日に活かせるかは自分次第だ。

学びも多く成長している実感があり、本番では平常心で臨めるから成果に繋がりやすい。もちろん失敗する時もあるし、力が出し切れない時もある。しかしプロ野球選手と同じように日々のトレーニングと反復は嘘をつかない。サボれば錆びるし磨けば光る。

フィードバックは練習の成果が確認できる。トレーニングしてきたことが間違いではない事を実感でき、背中を押してくれる気がする。だから定期的なフィードバックの場は外せない。

もっと沢山の人に役立つために
もっと高い所へ行く。

だからこれからも練習を続ける。
ブログもその一環にすぎない。

f:id:es4794:20160823232659j:plain

「自分の長所と短所がわかりません」という高校生の話

これから働く これから働く-就活支援

高校の模擬面接で女子高生Aさんとの話。

川:Aさんの長所や短所を教えてください。

A:、、、、、。

川:どうしました?

A:よくわからないんです。

川:何がです?

A:自分の長所や短所がです。

川:なるほど~

A:私が人より優れているものが見あたりません。

川:短所だと思うところは?

A:色々あって面接で何を話せばいいのかわかりません。

川:ではこんな風に考えてみたらどうかな?


学校の就職指導では長所を目立たせて短所を
裏返しにするのがセオリーのようです。

例えば「長所は集中して取り組む」
に対し「短所は周りが見えなくなる」
といった具合に。

しかし予め用意された回答は
まるで台本を棒読みするようになり
エネルギーが低く相手には響きません。

長所も短所もその人の性格ですし
相手によって長所が短所にもなります。
つまり長所と短所の種は、相手の解釈と理由です。


長所は他人に感謝された経験
自分では当たり前なことでも
誰かに役立てた経験は長所になります。
 「ありがとう」
 「助かったよー」
こうした経験が無いか振り返ってみては。
エピソードと一緒であれば面接でも話しやすく
相手も伝わりやすい。


短所は親友に指摘(アドバイス)された経験
 「こうした方がいい」
 「あなたらしくない」
どーでもいい人からの指摘はムカつくだけですが
嫌われるかもしれないリスクを取って
あなたの耳が痛いことを言ってくれる人は
上辺の付き合いでなく本物です。

そして他人の解釈を自分が納得していれば
長所や短所に見えますよ。

もし学生のアナタに
親友がいないとか
他人に感謝された経験も
親友に指摘された経験もなく
就活に悩んでいるなら
私に連絡をください。

メールでもTwitterでも
就活してる学生ならいつでもどうぞ。

上司の心が、部下の行動に映し出される

元気に働く 元気に働く-研修トレーナー

以前あるリゾート施設へ宿泊した話。
事前に口コミをチェックしたら
従業員の接客態度に賛否があった。

実際に行ってみたら「なるほど」と納得。
フロントやサービスカウンターなど
宿泊者のニーズが高いスタッフの接客スキルは高いが
売店や送迎バスなどスポットのポジションは
当たりハズレが多いのだ。

冬場はスキー場なので敷地が広いのだが
フロントの研修生と宿泊棟から少し離れた
売店のアルバイトにそれとなく聞いてみた。

<フロントの研修生(推定:20歳前半)>

川:接客が素晴らしいですね

研:(自然な笑顔で)ありがとうございます

川:きっと教育が行き届いてるんですねぇ

研:ハイ、上司の先輩を見習って早く成長したいです

川:どんな教育を受けてらっしゃるのですか?

研:定期的な教育もありますが、、、人としてどうあるか、みたいなことを話し合うことが参考になります。うまく言えませんが。

 

<売店のアルバイト(推定:20歳前半)>

川:接客が素晴らしいですね

バ:(鉄仮面で)そうすか?

川:きっと教育が行き届いているんですねぇ

バ:マニュアル通りにやってるだけですよ

川:どんな教育を受けてらっしゃるのですか?

バ:マニュアル読んであとはよろしくー。みないな感じッス。

 

彼らにも上司が居る。
マニュアルが悪いのはなく
上司の真意がアルバイトに伝わっている結果。

「マニュアル通りにやれば問題ない」
上司がそう思ってバイトにマニュアルを渡すから
バイトがその通りになる。

結局上司やトレーナーが
どのような心で仕事や顧客と向き合おうと
しているのかが部下に映し出される。

マニュアルは文章にできるが心は目に見えない。
伝える事に王道はなく時間もかかる。
だから教える側には情熱が要る。
すぐ見限ったりさじを投げる人を
育成のポジションに置いてしまうと悲劇だ。

だから誰を育成するのかも大切だが
誰が育成するのかが重要。

なぜなら上司の心が
部下の行動に映し出されるから。

リオ五輪で密かに注目~女子重量挙げ・安藤美希子選手(千葉県白井市)5位入賞

元気に働く 元気に働く-考え方

実はウェイトリフティング女子の
安藤美希子選手を密かに注目していた。

安藤選手は千葉県白井市出身の23歳。
しなやかな試技でメンタルも強い期待の新星。

前回のロンドン五輪では紙一重で出場できず
4年分の想いを試技にぶつけて
58kg級で日本新記録更新、結果は5位入賞。

表彰台に届かずテレビで
生放送されることはありませんでした。

でもね。
五輪の舞台で自己ベスト(日本新記録)を出せるって
もの凄い事だと思います。

www.gorin.jp


ついでにJOC公式サイトに歴代のメダル数・入賞者数
掲載されていたのでまとめてみると、
メダル獲得数も入賞者数も過去最多。
日本が世界と戦えていることがよくわかる。

またメダルを逃した選手も、悔しさ残るメダリストも
4年後の東京五輪のリベンジが楽しみです。

f:id:es4794:20160820193818p:plain


やっぱり真剣に戦う姿は感動する。

その種目が好きだから
その種目に本気だから

嫌いな種目で
本気じゃなければ成功なんてない。

好きだから本気になれる
本気になるから好きになれる

その道のプロとして
仕事人のあり方も大いに勉強になる。

夏休みのある日、就職模擬面接で変な社会人がやってきた

これから働く これから働く-就活支援

夏休みのある日
高校卒業後の進路が民間就職の私は
採用試験の準備で学校へ。

就職の面接指導にやってきたのは
見た目は篠原信一・中身は松岡修造のような
ちょっと変わった社会人。

面接前の全体会の挨拶で
いきなり友達の女子高生に
「好きです付き合ってください♡」と告白し
「ごめんなさい」とあっさりフラれる。

でもどんな人かわからない人と付き合えないように
就職の面接は私のことを知ってもらう場なのかも。
と何となく感じた。

不慣れな就職活動。
雲を掴むような面接対策。
何を聞かれるか解からないから
準備をしても不安が拭い切れない。

そもそも正解がない
どこまで掘り下げればいいのか
手応えがあるような無いような
この不安を少しでも軽くするために
何かヒントが掴めれば。

そんな中で授業がスタート。
普段学校では聞いたことの無い話。
「高卒就職は入社3年で50%が辞めている」
「これからは東京五輪の影響で景気の風向きが変わる」
「会社は新卒採用に投資している」


最初はよくわからなかったが
もし私がバイト先の店長だったら
時間とお金をかけて教育した新人が
大した理由なく辞めたら
ムカつくなぁ、、と思った。

それから模擬面接が3時間。
面接官の目線で友達の面接も見れたが
みんなスラスラ話せてすごいと思った。
私は、、、緊張で何を話したかよく覚えていない。
けど、友達は「良かったよ」と感想をくれた。

f:id:es4794:20160820193148j:plain


何となく1回目より2回目の方が
手応えがあった気がした。

ということは3回、4回と繰り返せば
自分の力を出し切れるかもしれない。
もう少し練習してみようかな、、(つづく)

 

 

修造です。
あっという間の3時間でしたね。
生徒皆さんから真剣なエネルギーが
ビシビシ伝わってきました。

今回の授業は
社会という海へ船出する皆さんへ
海図とコンパスをお届けしました。
手ぶらで闇雲に頑張っても苦労するので
安心して踏み出していただければと思います。

初めてのことだから
自信が無いのは当たり前。

必要なのは勇気。
勇気が行動になれば
行動は経験となり
経験がやがて自信になるよ。

一生に一回の人生
勇気を持って行動して
新しい自分に逢いに行こう。

f:id:es4794:20160820173932j:plain

就職活動で損をするメールアドレスの例

これから働く これから働く-就活支援

仕事がら履歴書をよく拝見するが
メールアドレスで損をしている人が実に多い。

私用のアドレスをそのまま使ったり
扱いづらいアドレスを良く見かけるのだが
本人が自覚なく使用しているケースがほとんど。

採用選考で人生を左右するメールが送られる
可能性を考えると「もったいないなー」と感じるので
残念なアドレスの例をいくつかご紹介。

 

携帯

****@ezweb.ne.jp
****@docomo.ne.jp
****@softbank.jp

ドメイン拒否やSPAMブロックなどで届かないことが良くある。送る側は携帯アドレスを見ると「届くかな?」という不安が残るので印象はマイナススタート。GmailやYahooメールなどで就活用のアドレスを取ることをお勧めします。

 

間違えやすい文字を含む

0(ゼロ)・O(オー)
1(イチ)・l(エル)・I(アイ)
r(アール)・u(ユー)・m(エム)・n(エヌ)
_(アンダーバー)・-(ハイフン)

読み違えで送信エラーになる可能性がある。一度届いてしまえば返信で送れるが、最初のメールで面接日を調整するケースもあるため、届かないと選考自体が進まない。もしエラーでメールが戻ってきたら読み替えての再送信はしない。だって全然関係ない別の人に送信するかもしれないから。上記の文字を含んでいても氏名(例:masaru.yamada@example.jp)であれば推測できるが、意味不明な羅列(例:0w1qrmn-clover@example.jp)は一文字ずつ書体や他の文字と照合しながらなので、時間が掛る。

長い

abcdefg-hijklmn.opqstu@example.jp

入力にも時間を使うので、短く解かりやすいアドレスと比べると印象はマイナススタート。企業は応募管理表などで採用状況を可視化しているが、長いメールアドレスは入力欄に入らない場合もあり、余計な手間が増える。

キラキラ系

happy-happy.hanako@example.jp
hanako.angel@example.jp
forever_love-hanako@example.jp

見る人の個人差はあると思いますが、あまりおススメしません。印象が下がることはあっても上がることはなく、私は一発で冷めます。

 

おススメのアドレス

hanako.yamada@example.jp
hyamada@example.jp

メールは人に対して送るものなので、名前が一番わかりやすい。応募者が自己中心的な人なのか・相手に配慮出来る人なのかは、メールアドレスからも垣間見えることを知っておいた方がよろしかと。

f:id:es4794:20160818153749j:plain

面接で遅刻した学生が内定した理由

これから働く これから働く-新卒採用

失敗のリカバリが誠実だったから。

ある学生から面接開始30分前に電話があった。

学:本日9:30から面接予定の◎◎と申します。

川:どうしました?

学:実は電車の乗り継ぎを間違えてしまったようで、到着が10分程遅くなる見込みです。

川:了解しました。気をつけてお越しください

学:誠に申し訳ありません。失礼します。

(申告した時間通りに来社)


学:お忙しい中でお時間を頂いたにも関わらず、遅刻して大変申し訳ありませんでした。

川:どのような乗り継ぎで来られました?

学:A⇒B⇒CのBで乗車する電車を間違えました。

川:9時に**駅に居たということは、もし平常だったら何時頃着く予定でしたか?

学:30分前には千葉駅に着く見込みでした(略)


面接でも失敗談を聞くことはできるが
過去の話なので信ぴょう性が疑わしかったり、
就職エージェントを経由していると
どこまで加工されているかわからない。

この学生も試験科目はすべてパスしていたものの
リアルな失敗を誠実にリカバリした点は
大きな安心材料になった。

一度説明会で来社しているので
移動時間は予測しやすい状況だったはず。
にも関わらず30分前到着で準備していたから
10分オーバー程度の遅刻で済んだのだ。

結果だけ見れば失敗でも
経緯を紐といていくと
どのような準備・判断をし
どのように乗り越えようとしたのかが見えてくる。

仕事は問題と判断の連続なので
失敗は日常茶飯事に起こるもの。
だから失敗は決してNGではない。

失敗しないように最善を尽くし
失敗を乗り越え今後に活かせる人なのか。
荒削りでも将来性を感じる人材とは
「失敗を活かせる人」かもしれない。

もし私が社長だったら、採用部門には営業がデキル人を配置すると思う

元気に働く 元気に働く-プレゼンテーション術

新卒の会社説明会を行って
「採用と営業は共通点が多いなー」
と改めて感じたのでポイントをメモ。


①採用は「会社の広告塔」
学生にせよ経験者にせよ
応募企業の第一印象は採用担当とHPで決まる。
清潔感、相手との信頼関係、迅速で誠意ある対応などが
企業から感じるイメージになる。

そしていつどこで誰に会うかわからない。
たまたま立ち寄ったコンビニやファミレスで
採用を見送った学生がバイトしているかもしれない。
「壁に耳あり障子に目あり」は営業も採用も同じ。

 

②採用は「ニーズを臨機応変に処理する」
営業も採用も人相手のなので
相手のニーズを嗅ぎ取れるかが肝。
例えばの会社説明会に参加する学生は
文系・理系で聴きたい内容が違うし、
時期によってもニーズが違う。

ある程度セオリーはあるにせよ
相手や状況を見ながら臨機応変に
対応していくのは営業も採用も同じ。


③採用は「相手を動かす」ことが成果
説明会や面接はプレゼンそのもの。
解かりやすく伝えることはもちろん
相手の行動に動機付けをもたらせるか。

いい話を聞きました(おわり)
ではプレゼンした意味がない。
次のアポ・契約・他社の紹介など
聞き手に次のアクションを起こせるかが
営業も採用も同じ。


相手がいるから仕事ができる。
どんなに優れたプレゼンができても
どんなに優れた製品・サービスを持っていても
相手がいなければ無力なのだ。

だから聞き手との出逢いに感謝しながら
相手のために最善を尽くすことが
大切だと思うのです。

f:id:es4794:20160817143354j:plain

好きなことは人生を楽しくする~【祝】稲毛○○部3周年

元気に働く 元気に働く-パワースポット

稲毛○○部の3周年記念パーティーへ参加し
駅伝部の活動をご紹介しました。

f:id:es4794:20160816000824j:plain


好きな事・やりたい事は
行動した方が人生面白くなる。
と言う学びは稲毛駅伝部のおかげです。

だって稲毛駅伝部の活動を通して
楽しく走ることに共感してくれる仲間と繋がり
宝物のような経験が山ほどできたから。

人はいつ死ぬかわからない。
目の前の人は次に会えないかもしれないから
好きな事・やりたい事は行動した方がいい。

仕事が忙しい
時間が無い
お金が無い

特に所帯を持っていたら
お金や時間は自分一人のものではなく
家族のために使う場面も多いですが
何かを理由にやらないのなら
その程度の熱意ということ。

本当にやりたいのなら
1日1分でもいいから始めてみたい。

1分を削り出すために
例えば仕事を集中して早く終わらせる。
ようやく削り出した1分であれば
本当にやりたい事ができている
充実さも感じられると思うのだ。

こうした気づきは
留守さんが仕掛けた大人の部活
稲毛○○部(いなげまるまる部)のおかげ。

○○部は好きなことを宣言して
仲間から共感を得て行動する、だけ。
事前に申請とか強制は一切無し。
始めるのも辞めるのも自由。

○○部はきっかけに過ぎない。
○○に当てはまるものは共感の種であり
やりたいことの背中を押してくれる場なのだ。

こんな場に駅伝部で関われたことで
人生がメチャメチャ楽しくなった。

引き継いだ当初は「できるかなー?」と
思ったこともあったが、
稲毛○○部代表の留守さんからは
いつも応援という安心を貰って活動できている。

共感と応援を得る仕組みがあれば
一歩踏み出す人が出てくる。
主体的に動く人が増え・繋がり
好きなことに参加する人も楽しくなる。

この考え方は組織作りや社内の教育制度にも
加工して使わせて頂いてます。

留守さん○○部3周年おめでとうございます。
今後さらなる発展を応援しています。

f:id:es4794:20160815232140j:plain

九十九里海岸での潮干狩りが、営業の仕事と良く似ていた話

元気に働く 元気に働く-考え方

千葉県といえば海。

しかも太平洋に面した外房(そとぼう)沿岸の夏は、海水浴やサーファー達で賑わいます。今年は新盆もあったのでOFFで帰省し、蛤(はまぐり)探しをしました。

一般的なイメージの潮干狩りではありません。砂浜でスコップや熊手でガシガシ掘るのでなく素足で海に入り足裏を使って貝を探していきます。※漁業権があるため取ったら海へ戻しています。

  • 海をマーケット
  • 貝を顧客(または契約)
  • 自分を営業
    と置き換えてみたら
    営業の仕事によく似ていた話です。

f:id:es4794:20160814235823j:plain

似ている所1:成果は確率

ボーッと立っていても貝はやってこないのでとにかく掘ってみる(動いてみる)。10回掘って10回見つかることはありませんが、最初は空振りが多くても徐々に確率が上り、10回に1回だったのが、2回・3回と見つかるようになります。

営業でもミスしたくない・断られたくない気持ちが、行動にブレーキを掛けていたとしたら機会損失に繋がっているかもしれません。

 

似ている所2:静と動

海は時間帯で上げたり(上潮)引いたり(引潮)します。今日は上潮でしたが、日が昇り海面が温かくなると貝が動きだして地上に上がってくるように、顧客の繁忙期・市況感・予算などを踏まえて動いて流れに乗りたいところです。

さらに波はどんどんやってきては引いていきます。沖へ向かって引く時に貝を拾おうとしても流れが速いので上手く拾えないし、無理な態勢を続けたらやがてバランスを崩してしまいます。

営業もただ動き続けるより動く時・止まる時にメリハリをつけた方が、コンディション良く営業・プレゼンができます。

似ている所3:漁場を学ぶ

コツを掴んで動き続けると結果が出ますが、貝の居ない所を探しては意味がありません。例として、波が交わる付近は潮の流れが穏やかで貝が留まりやすい傾向が見られます。

経験から学べることもありますが、先人からの教えは大いに役立ちます。時間をかけ失敗を繰り返して得た先人のノウハウが活用できれば時間も短縮でき効率も上がります。


大切なのは教えて頂く謙虚な姿勢。そしてノウハウのお陰で成果が出たら、報告や御礼をお忘れなく。

 

注意)

取った貝は持ち帰らず海へ戻しましょう。

f:id:es4794:20160814235846j:plain