読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

相手に自分を伝えたいなら文字?映像?

これから働く これから働く-就活支援

人に何かを伝えるなら

文字だけでなくイメージ(映像)もあった方がいい話。

 

例えば私の駅伝について自己紹介。

はじめまして、川島正好です。

最近の趣味は駅伝です。

先日も稲毛海浜公園で 駅伝大会に参加しました。

チームカラーは赤で Tシャツはマネージャーがデザインしてくれました。

カメラ好きのメンバーもいて腕前はプロ級なんですよ!

 

と言葉で伝えるのと。

 

まずこちらをご覧ください。

f:id:es4794:20170225082337j:plain 

この写真、どこで誰が撮影したと思いますか? 実は、、、

 

どちらの方が伝わるでしょうか。

どちらの方がもっと聞きたいと思うでしょうか。

 

言葉で説明されると理解しようとするので

「左脳」が働きます。

映像を見るとイメージするので

「右脳」が働くのです。

 

もちろん伝える情報よっては

文字で正しく正確に伝えなければならないものあります。

 

就活でも自分の事をわかってほしい。

個性が発揮できる職場で働きたい。

 

このように考える就活生は多いですが

就活セオリーに 埋もれてしまっているケースを多く見かけます。

 

採用担当は能力や将来性だけでなく個性を見て

一緒に働けそうかを判断したいのが本音です。

特に中小企業は顕著だと思います。

 

しかし圧倒的に文字が多い。

ES・履歴書・成績証明書・自己PRシート、、、

そう、採用担当は普段文字ばかり見ているんです。

 

以前、当社の採用試験での実話。

「あなたらしさが一番伝わる写真はありますか?」

「あります。、、、、、でも」

「見せたくなければ無理しないでいいですよ」

「趣味でなんですが、こんな写真見せたら不採用になると思って、、、」

「あなたが好きなものは否定しません。質問の目的はあなたらしさがどういうものなのかを履歴書とは別の形で知りたいからです。出す出さないは自由に決めてください」

 

「(スマホで)これです」 

 

コスプレの写真でした。

面接ではすごく緊張されていましたが写真ではすごくイキイキとしていました。 

「なぜ見せてくださってんですか?」

「今とても緊張しています。でも自分が活かせそうな会社で、全力で働きたいと思っていました。そのきっかけを頂けた気がしたからです」 

 

結果は採用。

もちろん写真を見せれば

内定が取れる話しではありません。

 

イメージと文字をうまく組み合わせることで

将来を切り開いていくことに

繋がることもあるということです。

施さずに得る・与えずに取るなんて都合がよすぎる

元気に働く 元気に働く-反面教師

人間関係はまるで鏡のよう。

 

笑顔で挨拶をすれば笑顔の挨拶が返ってくる。

本音を言えば本音が

ウソを言えばウソが

悪口を言えば悪口が

正論を押し込めば正論を押し込まれ

相手に役立てば、相手から役立ちたいと返ってくる。

 

だから何かを得たければ

まず自分から相手に施す・尽くすとうまくいく。

相手から何か取りたければ

まず自分から先に与えるとスムーズに進むもの。

 

損を取らずに得だけ取ろうとするから

相手と関係が長続きしなかったり

徐々にフェードアウトされたり

不信感が重なり信頼関係が崩れていくのだ。

 

上司を動かしたければ

自分から上司に役立つことをやってみる。

部下を動かしたければ

上司から部下の事情や気持ちを聴いてみる。

 

返ってこないかもしれない

損をするかもしれない

 

でもこうした自分のメリットを

自分から手放すから

やがて相手から返ってくる。

 

人間関係ってそういうものだと思うのです。

【Facebook】コメントスパムが不快なのでブロックしたら快適だった

元気に働く 元気に働く-HP・SNS

コメントスパム

SNSやブログの投稿に関係ないコメント。

 

おはよーございます!

今日もハッピーでラッキーな一日でありますように♡

 

知るかボケ!

コメントが入るとスマホに通知が来るのだが

友達のコメントに紛れてスパムでも通知が来るので

ホント迷惑。

 

自分の投稿にスパムされるのは論外だが

最近はタグ付けされた友達の投稿に

割り込んでくることもある。

 

まるで断りなく土足であがられるような。

友達と一緒に思い出を共有しているところに

勝手に割り込んで自分を売り込んでくるような。

不快だし迷惑。

 

なぜってSNSは個人のものだから。

ネットで情報公開はしてるけど

SNSを使う目的はみんな違うし

そこには何らかの人間関係がある。

タイムラインが公開されているから

何をしてもいいことではない。

 

なのでこうした人を見かけたら

友達でなくてもブロックすることにした。

 

フェイスブックのブロック機能は強力。

ブロックした人コメントが見えなくなるだけでなく

いいねリクエストやイベントの招待も来なくなる。

実に快適。

 

こうしたコメントスパム入れる人って

ほぼネットワーク系の人。SNS友達が何千人とかいて

毎日キラキラ投稿しててコメント欄に

「おはようございます!素敵な◎曜日を!」とか

「今日も縁ジョイな一日に!」といった

投稿とは全然関係ないコメントや

絵文字だらけの文章がうじゃうじゃ並んでたりする。

 

以前はこうした人達とも

もしかしたらビジネスで何か繋がりが、、、

考えて間口を広げていたこともあったが

ダメなものはダメ。そして断ち切ると

新しい縁が入ってくるから不思議なもの。

 

SNSの使い方は人それぞれなので

どうあるべき!とか言う話ではないが

自分のメリット・利益・売り込みを優先させていると

結局同じような人しか集まらない。

 

私はこの手の人たちとは

ビジネスでもプライベートでも

お付き合いするつもりはありませんのであしからず。

 

【参考】

appllio.com

いい加減、年齢や環境のせいにして言い訳するのやめません?

「川島さん何でそんなに元気なんですか?」

「走ってるから。一緒に走ります?」

 

するとたまに

「えー走るなんて私にはムリですー」

「もうそんな年じゃないから、、、」

「時間ないし」

という方をお見かけする。

 

それで、あなたは何をするんですか?

 

別に走ったり駅伝じゃなくてもいい。

今この瞬間は今しかないのに

言い訳している瞬間から過去になるのに

今を生きていられるだけで奇跡なのに

 

年齢を理由するのが一番手っ取り早いよね。

「もう年だし」

「そんなに若くないし」

 

でもそんなことばかり言っていると

言い訳に麻痺してしまって

言い訳している自分に気づかなくなるよ。

 

最初から上手くカッコよくやろうとするから

言い訳が始まるの。

失敗しても上手くできなくても

周りはそんなに期待してないから。

 

普段、体の限界や気持ちの限界に

挑むことってありますか?

なるべく失敗のないように。

オーバーワークにならないように。

終着点を最初に決めて安定飛行になってませんか?

 

もちろん大人だから冷静な判断は大切。

でも、たまには心のブレーキ外したら

どんな自分に出会えるだろうね。

 

駅伝には心のブレーキを外す力があるんです。

襷(たすき)を掛けて走るとね

限界以上の力が出るんです。

例えるなら運動会の最終種目のリレーみたいに。

 

周りからたくさんの応援を浴びながら

バトンを待つあのドキドキの気持ち。

仲間が全力で運んできたバトンをしっかり握り

持てる力を全部出そうと腹決めして走り出す。

次の仲間に少しでもいい形でバトンを届けていく。

 

そこには年齢や言い訳は一切ない。

足が速い・遅いは関係ない。

一生懸命やるか・やらないか。

それだけ。

 

やればそれなりのものが返ってくるし。

やらなければ何も残らない。

 

何でそんなことが言えるのかって

自分が昔そうだったから。

言い訳ばかりの人生だったから。

 

周りからどのように見られてるかなんて

気にしているのは自分だけ。

言い訳を手放して一歩踏み出せば

今まで経験したことのない景色に

きっと出会える。

 

そんな経験の積み重ねが

人生をよりよいものにしていくと思うのです。

 

f:id:es4794:20170220212946j:plain

「プロフィール写真どれがいい?」って聞くなら目的と用途くらい教えてくれって話

元気に働く 元気に働く-HP・SNS

たまにフェイスブックで

プロフィール写真を撮影しました。

①②③どれがいいですか?

いいねの数で決めたいと思います!

といった投稿を見掛けるが

丸投げされているような感じがして

すごーく違和感がある。

 

仕事や趣味など写真を使う目的に沿って

決めればいいだけなのに。

目的も用途もなく「これどう思います?」って

聞かれても答えようがない。

 

また自分の顔写真くらい

自分で決められないんですか。

とも思ってしまう。

 

もしリサーチの目的で発信するなら

写真の用途や目的を一緒に書いておいたほうが

よりよりアドバイスが得られやすい。

 

例えば

「名刺作ったんです!どうですか?」

って聞くのと

「進路に悩む学生に対して信頼感・安心感を伝えたい名刺ですが、どう感じますか?」

では聞き手の答え方も全く違う。

目的や用途を明確になるほど

専門外で答えられない人もいるだろうが

その分だけ質の高いアドバイスが出やすくなる。

 

「これどう?」と聞かれてよほど相手が嫌じゃなければ

「なにそれ?ダサ!」という人はそういない。

基本的に人は嫌われたくないと思っているので

もしそれほどいいとは思わなくても建前で

「すごく素敵ですね!」とつい言ってしまいがち。

 

物事をよりよくするには他者目線は大切。

思いこみや勘違いなどを指摘してもらえたり

自分が想像もしない所からアドバイスがもらえたりするから。

 

しかし他者目線を勘違いして

何でも相手に丸投げするのは無責任。

やりたいこと・なりたい姿の主導権はあくまで自分。

 

でも人間は不完全。

だから他者の意見も参考にしながら

よりよいものを作り上げていこうとする姿勢が

本来の他者目線だと思うのです。

大名商売も程ほどにしないとロボットに足元すくわれますよ

元気に働く 元気に働く-反面教師

決められた手順で仕事するのもいいけど

相手を見ながら臨機応変に対応していかないと

ロボットに足元をすくわれるよ。

 

現在、社内のITサービスを検討中で

数社から見積もりを取り寄せ検討している。

各社とも成約に向けてのフォローに余念がない。

 

そんな中、ある大手メーカーの営業担当とのやりとり。

規定により来訪での営業対応はできかねますので、ご質問事項をまとめておいて頂けますか。○月○日*時にお電話します。

指定の時間になっても掛かってこない。

 

翌日同じ担当者からお詫びの入電あり。

しかも慌ただしい朝に。

当然ゆっくり話ができる状況でなく最低限の用件になる。

昨日はお電話できず申し訳ありませんでした。再度ご都合のよろしい時間帯を教えて頂けますか。その時間に合わせてご連絡しますので、、、では○月△日**時にお電話します。

で、また掛かってこない。

 

さらに翌日メールが届く。

昨日はお電話に至らず申し訳ありませんでした(略)大変申し訳ありませんが再度候補日を頂きたく存じます。

---ここから---
日程 :  月   日
時間帯:10:00~12:00
    15:00~17:00
※平日のご指定でお願いいたします。
---ここまで--- 

 

バカなんじゃないですか?

メールができるなら最初から

質疑自体をメールでやりとりした方が

確実じゃないですか?

 

だいたい口約束を2度もスッポかすのだから

3度目の約束だって信用できないし。

メールで日程調整すれば

約束が守れるとも思ってるんですか?

 

恐らく社内ルールで

進め方が決まっているのでしょうね。

しかし双方の効率を考えたら

繋がる保証もない電話にこだわるよりも

最初からメールにしておけば

もっと早く疑問が解消されて早く成約に

つながったかもしれないのに。

 

問題なのは、現場でこのような

機会損失が起きていることに

本人が問題意識を持っているか。

そして会社がどこまで把握しているか。

 

何でもメールにすればいいというものでなく

電話とメールの特性をふまえて

相手に応じて臨機応変に使えばいいと思うのです。

 

杓子定規に言われた事だけをこなすだけなら

やがてロボットができるようになっていくから。

一体何が言いたいのかわからないプレゼンに共通するもの

元気に働く 元気に働く-プレゼンテーション術

間(ま)

 

間が無い話は刺さらない。 

全体の中でどこが重要なのか。

話し手が一番伝えたいことは何かがわからない。

だから聞き手に何も残らない。

 

間がない話しの原因は大体2つ。

緊張と照れ。

 

緊張すると早口になってしまい間がなくなるうえ

照れると間を打ち消したくなる。

「あのー、そのー、えー、そうですねー」

などと言わなくてもいい言葉で埋めてしまうから

間が無くなってしまうのだ。

 

節と節の間

文と文の間

単語と単語の間

 

間を取るのには話し手に勇気がいる。

しかし間は、聞き手に考える(消化する)時間を

渡すことになる。

 

間をとりすぎると間延びするので

さじ加減は必要なのだが

全く間の無い話よりたっぷり間があった方が

伝わりやすい。

 

余計なものをそぎ落とすから

本当に必要なものが際立つのです。

f:id:es4794:20170216213316j:plain

不要なアドバイスで消化不良を起こしそうな時には

元気に働く 元気に働く-コミュニケーション術

吐き出そう。

言葉でも、文字でも、発信でも。

 

不要なものは不要。

良かれと思って押し込まれても迷惑だから。

 

もし迷惑な品物を無理に渡されそうなら

「いらない」と返せばいいが言葉は目に見えない。

相手に返して無かったことにもできない。

 

一生忘れられないような強烈なひと言もあれば

望まない余計なアドバイスが積み重なって

「何となくあの人ニガテ」となる場合もある。

 

しかし相手が望まないアドバイスを

何の問題意識もなく押し込む人は意外と多い。

 

でも聞いている方は相手に嫌われたくないから

相手との関係が悪くなると

仕事に支障が出るかもしれないから

ガマンして聞いてしまう人もいるんです。

 

消化できないものを溜めてしまうと

やがて消化不良をおこす。

不本意なものを溜めておく必要はない。

押し込んだ張本人は、押し込んだ自覚すらないから。

 

そんな時は吐き出してみる。

信頼できる人に聞いてもらうのも。

こっそり日記に書いてみるのも。

こうしてブログに書いて晒してしまうのも。

 

目に見えないものを

目に見える形にするのも消化の一つ。

 

よかったら試してみてください。

踏み込むからクレームや反論が出てくるもの

元気に働く 元気に働く-トレーナーの心構え

セミナーなどの参加者アンケートで

 「いい話でした」

 「とてもためになりました」

といった声は参加者からの

おひねり・スキンシップと思った方がいい。

つまり聞いて終わるパターン。

 

聞いたことを行動に移して活用するまで

繋がらない可能性が高い。

 

和やかな感想ばかり出てくるのは

一見良さそうにも見えるが

講師が嫌われることを恐れ・避けることで

内容が玉虫色になり参加者に刺さっていない。

だからセミナー講師は

こうした意見の言葉を額面通りに受け取って

「あー私の話は相手に役立ったんだ」、と

満足してしまうととても危険。

 

むしろ参加者から質問・反論・クレームが

出てくる方が参加者に届いている。

しっかり届いているからこそ疑問や反論が出てくるから

出てきた反論をきちんと処理してあげれば

より深い納得に繋がる。

 

相手の成果・成長ために嫌われる覚悟で

踏み込むから反論が出る。

 

だから反論が出たらチャンスなのだ。

自己投資せず配当だけ得ようなんて都合よすぎませんか?

これから働く これから働く-キャリア教育

過去は今までの自分の集大成。

未来の結果は今の自分がつくる。

 

配当は投資が無ければ得られない。

学びであれば時間やお金だ。

 

今より未来を少しでもよいものにするなら

自分の時間やお金を投資できるかどうか。

 

しかし投資をせず配当だけ得ようとする

なんてムシのいい話。

今の自分のままでいて結果だけ変えることは

できないのだ。

 

もちろん普段の仕事や生活の中で

自分の成長へ投資できる時間は限られている。

働きながらであれば特に。

 

しかしそのような中でも

時間をやりくりして学びの時間を作ったり、

飲み会を1回我慢して教材を買って自宅で

勉強をコツコツ積み重ねたりしている人などは、

少なからず成果を上げ目標を掴み取っている。

 

学生であれば偏差値50の生徒が

今より偏差値の高い上位学校を目指すとして

達成するには方法は2つ。

 

今の自分を高めるか、目標を下げるか。

 

夢や目標を掴むためには

結果をよりよい方向へ変えるなら

自分を高めていくしかない。

 

そして大切なのは

どこに向かって何を高めるのか。

そのために何をどこへ投資するのか。

 

選択肢が多様だから投資にも迷いがうまれるもの。

「これいいのか」

「このまま続けて大丈夫か」

といった本人の迷い。

 

大切な生徒の将来を預かる先生や

前途ある部下を持つ上司が悩むのもこの点が多い。

 

そしてこんな時こそ

キャリアの専門家を活用するのも

大切な人を導いていくことに繋がると思うのです。