情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

明日是が非でも出社しようとしている会社員のあなたへ「会社に行くのは目的ではなく手段」

台風21号が関東地方へ接近中。

日本列島をすっぽり覆ってしまうほどの予報円を見れば、災害レベルの警戒は必至!

 

こんな状況で無理に出社しようものなら、大雨で視界が狭くなり、暴風で何が飛んでくるかわからない命に関わる危険な状況。くれぐれも安全優先で判断・行動するのが懸命です。

 

もし会社から何も指示・連絡がないからといって、始業時刻に間に合うように何時間も早く家を出ようとしているのなら、ちょっと考えてみてほしい。

 

会社は、仕事で結果を出す場所の一つにすぎません。

目的は仕事で結果を出すことで、会社に行くことが目的ではないはずです。

 

公共交通機関は乱れるでしょう。車も道路事情は読めませんし、事故・渋滞などで混乱するでしょう。もし無理に出社しようとしてケガでもしたら、後々まわりに迷惑をかけることになります。

 

もし当日、危険をかいくぐってびしょ濡れのスーツで会社に到着できたとしても、ヒーローでも凄くもない。もしあなたの立場や役職が上役であれば、あなたが無理に出社しようとするほど、アナタの大切な部下は、これから身の危険を冒してまで会社に来るようになってしまいます。

 

自然に逆らっても勝てません。当日は時間をずらして出社するとか、納期やリスケを調整するなどして、災害の被害を最小限に減らすように努めたいところです。

 

もしどうしても「あなたが・定刻通りに・会社に行って対応」しなければならない仕事だとしたら、関係者と調整して荒天になる前に移動しておくとか、会社近くのホテルに泊まるとか。まず社員や自分自身の安全を考えたうえで、仕事をコントロールしていくことがリスクマネジメントです。

 

ちなみに私が運営している『就職カレッジ』では、20日(金曜日)の時点で

23日(月曜日)は朝7時の時点で「警報または特別警報」が出ていたら休校とします。もし電車が動いていたとしても無理に登校しないこと。

としました。もし進捗が遅れている生徒が自宅で課題を進めたい場合は、メールやビデオチャットで授業が進むようになっています。

 

ちなみにビデオチャットを使った遠隔授業は、平常時でも折を見て実施しています。それは今回のような災害時の予行練習でもあり、生徒に目的と手段をきちんと冷静に判断できるようになっていただきたいためです。

 

学校に行くことが目的でもないし、会社に行くことが目的でもありません。手段と目的を区別して安全第一で判断・行動しましょう。

 

いのちは一つしかありませんから。

残せる安心感、残せない緊張感

先日子供たちと行った、船橋アンデルセン公園での話。

 

天気は最高。

秋晴れで風もなく長袖では汗ばむくらいの陽気でした。

 

息子と一緒にアスレチックや自転車などで身体を動かしたあと、休憩もかねて一緒にボートに乗りました。

 

しばらく漕いでいると

岸の近くに大きな花壇がありまして

大学生っぽいカップルがやってきました。

二人ともスマホで花や景色を写真に撮っては

またスマホをいじりだす。この繰り返し。

SNSにアップしているのでしょう。

最後に花壇をバックに二人で自撮りし

その場を去っていきました。

 

...

 

ゆったりボートを漕いで同じ場所に戻ってくると

今度は花壇の前に老夫婦が立っていました。

二人は花壇の前にゆっくりと座り

花の匂いを嗅いでみたり

遠くの景色を指差しながら

時に二人で顔を向きあわせて会話をしていました。

 

どちらがいい、悪いという話ではなく。

 

SNSを使うようになってから経験と撮影がセットになることが増えましたが、「写真に残せる安心感」も「写真に残せない緊張感」も。どちらも大切にできるといいのかなと、思った。

  

残せる安心感は、記録すれば後から振り返れるし、共有できる。

残せない緊張感は、記録には残らないものの、全身で感じる分だけ深く刻まれる。

 

ただ、撮影できる安心感は、目の前で起こっている経験に対する感度を少し鈍らせてしまっていないだろうか。そんな不安を老夫婦から感じました。

 

もちろんSNSは仕事や自分事を手軽に発信でき、仕事に繋がることもある便利なツールですが道具には得て不得手があります。便利なものは時として毒にもなる。

 

今はこの瞬間から過去になっていく。

 

目の前で起きている出来事も、目の前にいる大切な誰かも、今は今しかないのだから。時にはカメラを置いて、経験を全身に焼きつけることも大切にしたい。

 

そんなことを思いながら、こうしてシャッターを押すのでした。

f:id:es4794:20171022001001j:plain

TBS日曜劇場「陸王」第一話・役所広司の体育館プレゼンは一見の価値アリ!

陸王をオンデマンド配信で観ました。

www.tbs.co.jp

 

『半沢直樹』以来の感動と爽快感!

ストーリーにアッという間に引き込まれ第一話から感動の号泣でした。これからご覧になる方はハンカチ必須です!

 

個人的には注目したのは、役所広司さん演じる宮沢社長が、体育館で保護者を前に新開発シューズのプレゼンを行うシーン。※1:05:00あたり

 

聞き手はざっと見て600~700人。

 

壇上での冒頭、緊張しながらも「こはぜ屋の未来への決意」「従業員全員の今までの苦労」「新製品に賭ける想い」などを巡らせながら(と解釈)、目を閉じて大きく深呼吸したあと、さらに一呼吸間をおき、聴衆を惹きつけます。

 

プレゼンで「間」が重要なのはこのブログでも何度か書いていますが、ただ長く取ればいいというものではなく、状況によって最適な尺(しゃく)が違います。

 

現場でも長すぎず・短すぎずの「間」を、場の雰囲気を感じながら変えていくので正解が無いので難しいのですが、宮沢社長のプレゼンは間の取り方が絶妙でした。

 

そして表情。競合相手とのコンペのようなプレゼンでは、つい力が入って熱くなり硬い表情になってしまうのですが、今まで開発してきた苦労をねぎらうかのような、柔らかい表情がプレゼンのアクセントになり、聞き手を飽きることなく惹きつけ続けます。

 

ドラマは最後まで観て感動感動!でしたが、このプレゼンシーンは何度も見てしまいました(オンデマンドなのでクリックで送る度にCMが入ってしまいますが)。

 

間、スピードの緩急、表情の変化など、話し手としていい仕入れになりました。最終話まで録画決定です。

 

なお今回『陸王』のオンデマンドを知るきっかけになったのは、私も登録している長谷川亜由美さんのメルマガ『あゆめーる』。毎月3と8のつく日に配信され、ビジネスのヒントも得られるのでおススメです。

ai-comm.co.jp

 

原作もあるようですが、ドラマを見終わってからポチろうかなー。

陸王

陸王

 

 

自意識過剰で照れてばかりいるから経験も変化もうまれない

2年前のある高校での写真。

面接指導の休憩時間、学生に撮ってもらいました。

f:id:es4794:20171019172650j:plain

 

文化祭の準備をしていた時期だったこともあり、教室にオモシログッズがごろごろ転がって気になったので

「クッパ!!懐かしいなあ。コレちょっと借りてもいい?!」

「おぉぉぉー♪♪ なんだか強くなった気分!! あ、写真撮ってもらえるかな?よかったら一緒にどう??え?やめとく?」

 

見ていた学生はゲラゲラ笑ってましたが!

 

この前後で授業の雰囲気がガラリと変わり、学生から質問もドンドン出てきて有意義な時間になったのをよく覚えています。狙ったわけではありませんが、大人が本音&本気で関わることで学生は心が開く経験が得られ、以降の講演のスタンスに大きな影響がありました。

 

ポンコツ時代の私は

  • 「こんなこと言ったら学生にバカにされるんじゃないか」とか
  • 「歳がひと回り以上離れた学生に、自分をさらけ出すなんて恥ずかしい」とか

他人の目が気になって、一人でウジウジ考えて、失敗を恐れて、照れて、その場から動こうとしない人間でした。

 

でも、そんなことを気にしているのは自分だけだったんです。自意識過剰もいいところ。

 

照れや恥ずかしさには尺度があるので、人によって感じる大小は違います。しかし、照れてばかりいると「場数」が減るので経験値が増えることはない。ドラクエで戦闘せず逃げてばかりいるようなものです。

無論、戦略的に逃げがた方がいいときもありますし、明らかに自己満足な行動で周りに迷惑をかけたり、相手の人格を否定するような言動は論外です 

 

照れて・恥ずかしがって・動かないでいると

アッというまに時間が過ぎて歳をとってしまう。

 

小さなことでもいいからやってみようよ

小さな経験と小さな変化が起こる。

小さな変化が積み重なれば

大きな変化へのうねりになるから。

 

自信なんてなくていい。

やったことがないものに自信を持つのはナンセンス。

 

一歩目を踏み出す勇気があれば

自信は後からついてくるから。

発信が優れている人ほど相手の話をよく聞いている

話し上手は聞き上手、とはよく言ったもので。

 

発信力がある人ほど受信力が高いのは、ネットやSNSを見るとよくわかります。

 

また面接や研修などグループ会議のような場でも、発信力がある人は他人の発言をよく聞いたり、メモを要所で取っている場合が多く見られます。

 

例えば

10人が1人ずつ自己紹介をするとして。

10人のなかで一番緊張せず発言できる人は、自分以外の9人の話を一番よく聞いている人です。

 

一方、他人の話はそっちのけで自分「だけ」上手く話せればいいと考える人は、緊張や空回で伝えたいことがほとんど伝わらない。

 

だからこうした集団のなかで、緊張せず相手に言いたい事を伝えるには「他人の話をよく聞き、自分も発言する」。

 

難しい顔で硬直して自分のことばかり考えていると、相手も話しづらく自分も緊張しますが

  • 笑顔で相槌を打ったり
  • メモを取ったり
  • 質問をしたり

こうした相手の話に興味を持って聞くことで、相手も話しやすく、自分も筋肉がリラックスして緊張がほぐれ、力が発揮しやすくなる。という循環が起こります。

 

そして話をよく聞いてくれた人の話は、他人から聞いてもらいやすくなる。

 

だから届くんです。

 

1対1でこちらの話を興味なさそうに聞いている、そんな人からの話を聞く気にならないのと一緒で。

 

発信力を高めたいなら、まずしっかり受信。

対面でも集団でも同じことです。

居場所を支えてくださるすべての人たちへ

カフェ・貸し会議室・コワーキングスペースなど、外出先で仕事ができる場所が千葉にも増えたなーと思います。

monoloog.net

 

職場でも自宅でもない居場所からうまれたアイデアや行動は数知れず。

  • 気持ちを切り替えてもうひと頑張りしたい
  • 利害関係のない人の視点や意見がほしい
  • 集中して勉強したい
  • おしゃべりや雑談で羽休めしたい、、など

 

仕事が前に進むだけではなく、偶然居合わせた人との出会いやスペースで開催されるイベントがきっかけで、新しい人との縁が生まれることもあります。

 

こうしたスペースは私にとって第3の居場所であり、その居場所を支えてくださる全ての人たちに改めて感謝したいです。

 

だってその場所にあり続けることって、本当に大変なことだと思うから。

  • 人手不足でシフトを組むのも一苦労だったり
  • 人件費・最低賃金も上昇傾向だから別のところでコスト削ったり
  • 競合の動向にアンテナを立てて差別化を常に模索したり

 

利用する側からすれば、使いたいときに使えるのは当たり前かもしれない。お金を払っているんだからサービスを受けられるのは当然と思うかもしれない。

 

でもその場所を支える人がいるおかげで、今日もまた一歩仕事が進んでいき、前向きな人と話して気持ちが充電され、走り続ける人の背中から勇気をもらえる。

 

こうした居場所があり続けてもらえるおかげで「私も人に役立つ仕事をもっとしていきたい」と初心に返れるし「仕事って楽しいもの」と思えるからです。

 

そんな気持ちにさせてもらえる、私にとって第3の居場所を支えてくださる全ての方へ。

 

いつもありがとうございます。

その会議、会って行う必要あります?

「打合せは会議室でするもの」

「全員が一ヶ所に集まって行うものが会議」

 

こうした価値観に捉われている会社員は

依然としています。

 

理由を聞くと

「会った方が安心だから」って、なんとも残念。

趣味や好きで集まるのならいいけど、

仕事ならコスト掛かってるからね。

 

電話営業でも

「とりあえず一度お会いましょう」と、

言う人がいますが意味がわかりません。

 

会議は目的ではなく手段です。

 

集まっても目的が曖昧だったり

事前に資料が共有されてなかったり

ダラダラ話して何も決まらなければ

時間とお金を使って会う意味がない。

 

会うためのコストってバカにならないです。

拘束時間だけでなく

移動時間や遠方なら交通費もかかります。

 

今はパソコンとネットがあれば

離れた場所でも無料でもスムーズに

コミュニケーションが取れます。

 

例えば社内会議でも

目的(会議のテーマ)を明らかにして

事前に資料配布しておくだけで

オンラインでも大抵の会議は成立します。

 

もちろん会議は手段なので

何でもオンラインがいいというものではありません。

  • 初めて仕事をする人とか
  • プロジェクトのキックオフとか
  • 呼吸や雰囲気を汲み取るような交渉とか

時間とお金を掛けても会って話した方がいい会議もあります。

 

目的に応じた手段を選んで

貴重な時間を有効に使っていきたいものですね。

 

時間は過ぎたら戻ってこないのだから。

f:id:es4794:20171017201835j:plain

読む気が一瞬で失せてしまうブログとは

広告が出てくるブログ。

特に本文の記事の途中に割り込んでくる系。

 

「いいブログ(記事)だなぁー」

と、思いながら読んでいるところに広告(アフェリエイト)が割り込んでくると、一瞬記事から気持ちが外れてしまい途中で離脱したり、読み終わっても響かなくなります。

 

ホント不思議ですが、その「一瞬」があるか無いかで読了感(読み終わった時の気持ち)がまったく違うんです。

 

特にスマホで読んでいると、スクロールしにいく絶妙のタイミングで広告が出てきたりするので、間違って押すと一気に萎えます。

 

会社案内に他社の広告はまず載せませんよね。

 

でもブログになると小遣い稼ぎのためなのか、ブログサイトの制約かわかりませんが、仕事用と思われるブログに広告がバンバン貼ってある。

 

そのブログが仕事に繋げることが目的なら、広告は外したほうが絶対いいです。

 

  • 広告を避けてリピーターにならなかったり
  • 偶然見つけた記事でも途中で離脱してしまったり

広告があなたの記事の邪魔をして、読者を遠ざけてしまっているとしたら勿体ない!

 

なぜなら

  • ブログを定期的に読んでくれる人から、仕事の相談があるかもしれない。
  • 偶然ブログを見つけて記事を読み切った人が、記事をシェアしてくれるかもしれない。
  • 誰も読んでいないだろうと思って書いた記事でも、予想しない人に読まれてお問合せに繋がるかもしれない。

本文を読んでほしいと思ってブログを書いているなら、広告は外したほうがいいですよ。

 

こうした「まさか」が起こるのがブログだから。

「緊張せずに人前で話す方法はありますか?」という父親からの質問

緊張の原因は初体験です。

 

自宅で歯を磨くことに緊張する人はいないと思いますが、もし

初対面300人の前で歯を磨いてください。

と言われたら多少は緊張すると思います。毎日している歯磨きを、大勢の前で初めてする。

 

この体験したことが無い部分が緊張の原因です。

 

人前での歯磨きは初めてでも、いつもやっている歯磨きなら緊張は小さいかもしれませんが、もし

  1. 初めて野球のピッチャーを
  2. 初めて行く球場で
  3. 初めて大勢の観客の前で投げる

となれば緊張だらけになると思いませんか?

 

初体験の要素が多いほど、掛け算のように大きくなるのが緊張。人前で話すのも同じです。

 

私は人前で話し始めるまでは、いつも緊張しています。

 

同じ講演テーマでも聞き手は毎回変わるので「初めて会う人」という部分は初体験。社内・社外研修では同じ聞き手でも「初めて話すテーマ」という部分の初体験があれば緊張します。

 

話す内容・相手・人数・場所・自分のコンディション、、、これらを掛け合わせれば同じ状態で話せることは皆無といっていい。

 

だから緊張をゼロにすることは諦めています。初体験が一つでも残る以上仕方ない、と。

 

しかし緊張に支配されてしまっては、力が出し切れません。だから具体的に練習をする。本番で緊張する初体験を一つでも減らしておくのです。

  • 本番と同じ服装で
  • 本番と同じタイムリミットで
  • 本番をイメージして話す

もし本番と同じ場所でリハーサルができるなら尚良いですが、本番は聞き手がいますから差し引いた分は緊張します。

 

逆に、練習や経験が積み重なるほど、スタート時点で感じる緊張は小さくなります。

 

緊張はゼロにならないし、ゼロにする必要もない。

 

こうした心構えと準備があれば、本番がスタートした後は緊張することなく話せるものだと思うのです。

 

f:id:es4794:20171013153504j:plain

個人事業主から会社員へ転職した人がイキイキと働いていた話

会社員を辞めて独立・起業する人はよく拝見しますが、逆の人とはあまりお会いしたことがありませんでした。

 

その方とは地域活動でご一緒したこともある信頼するカウンセラーの方。偶然再会してお話を伺うと、以前から興味のあった福祉業界へ就職されていました。

  • ずっとやりたかったことを
  • 今までの経験・能力を発揮して
  • 会社が求める役割として働けている

仕事や職場のようすを語る姿は、とても充実しているように見えました。

 

普段、面接や転職相談などで求職者のお話を伺いますが、会社員が転職や起業を考える要因はだいたいこの4つです。

  • 仕事・・・やりたい仕事ができない
  • 報酬・・・給料や対価が折り合わない
  • 時間・・・通勤や慢性的な残業など時間の主導権がない
  • 人間関係・・・社内や社外の人間関係が合わない

逆にこれらに問題がなければ(気にならなければ)会社員は良い環境だと思います。※あえて危機感を持って飛び出す人もいます。

 

過去記事でも書きましたが、「自分のやりたいこと」が「会社や事業部のやるべきことで」それを「実現できる経験や能力」がある状態は、会社員でも事業主でも理想的です。

blog.kawa4ma.asia

 

しかし簡単ではありません。

 

どこかの円が重なってもどこかの円が離れてしまったり。仕事に慣れてきた頃に経営環境の変化や人事異動などで、円が離れてしまうこともあります。

 

その方も言っていましたが、結局どの環境下で自分を高め続けていくか。が仕事をおもしろくする鍵。

 

会社員だからダメで起業すればバラ色になるとは限らない。事業主は会社の管理から開放される代わりに、すべて自己責任です。

 

会社員でも「仕事がやれる自分」が大きくなって「やるべき仕事」と重なれば、結果に繋がり手応えも出てきます。一方、やれる自分を大きくしても、やるべき仕事・やりたい仕事が遠ざかってしまうようなら、環境を変えたほうがいい。

 

人間だもの。他人と比べて過剰に悩んだり落ち込んだり、周囲や環境のせいにして愚痴や不満もたまには仕方ありません。

 

ただ、それでも一歩ずつ少しずつ。できる自分を積み上げることが、働くことを面白くしていくことなんだと思った偶然の再会でした。

 

ありがとうございました!

f:id:es4794:20171013234445j:plain