情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

AI(人工知能)共存時代を生き抜く人材育成のあり方とは

進路指導に関わる高校教員の皆さまへ「2020年以降の人材育成」というテーマで、基調講演をさせて頂きました。

f:id:es4794:20171212215145j:plain

 

少子化・多様化する価値観・成果主義・グローバル社会・ロボット・AI(人工知能)の社会進出、、、いまだかつて誰も経験したことのない変化の激しい時代での人材育成は、容易ではありません。

 

まず、変化の時代を生きていることを自覚すること、そして変化に対応するために、自ら見て・考えて・動くことが重要です。

 

例えば、海に浮かぶ船を思い浮かべてみてください。

  • 船が会社
  • 船員が社員
  • 海が時代です

風もなく安定した海(時代)であれば船(会社)の揺れは少なく安定していますが、今は全く違います。

 

天気がいい日もあれば、急に雨になったり強風が吹いたり、気を抜けばアッという間に転覆してしまう時代。船は右に左にバサバサ揺れています。

 

そんな状況で船員が誰かの指示を待ち続けて動かないでいると、揺れの激しい船で船酔いしてしまうのです。

 

もちろん大きい船より小さい船のほうが揺れは激しいですが、大きい船でも業績悪化や外圧などから、ある機能(事業部)ごと売却・清算されたり、海外の船員がやってきて指揮系統がガラリと変わることもあります。

 

今は、高度経済成長時代の学歴社会ように成功の方程式がありません。いい大学に進学すれば、企業が成長し続け、年功序列の終身雇用で、老後まで安定が保証される時代は終わりました。

 

船が揺れている以上、自分自身も動いたほうが結果的に安定します。だから空振りを恐れずにどんどん動いたほうがいい。まずこうした時代を生きているということを知ることが第一、その上でどこを目指して何をするか。です。

 

先行きが不透明な時代の進路指導は本当に難しい。とはいえ何もしなければ学生は選択肢がありすぎて迷い、思考停止になる学生も多く見られます。

 

学生から主体的な動きを引き出すには、こうした現代社会の状況をありありと考えさせる事が土台となり、本気で自分の将来を考えようとし始めることがスタートラインになると

 

しかし。

こうした意識改革系の講話は生徒に届きづらい、といった悩みをよくお伺いします。

  • 『私達(先生)の話は、授業で慣れてしまっていて刺さらないんです』
  • 『ネットの情報で達観してしまうんです』

こういうときには、外部講師(ボイスチェンジ)がオススメ。

 

人は「何を聞くか」より「誰から聞くか」にアンテナが立ちやすいので、同じメッセージを

 

普段の学校では経験できない「熱量とエネルギー」を乗せて、伝えることができます。

 

これからの時代は、進路に関わる大人キャリアの専門家や企業と連携していくことで、若者の進路選択がよりよいものなっていくと思います。

絶品メンチカツ・生姜焼き・定番メニューが揃う錦糸町南口1分「キッチン藤」が超オススメ

錦糸町でのランチでよくお世話になっている「キッチン藤(ふじ)」

 

場所はJR錦糸町駅南口から徒歩1分。丸井の向かい・京葉道路沿いにある洋食屋さんで、昼時はいつ行っても近隣のビジネスマンで混雑しています。

 

今回も12時ジャストに入店しましたが残席わずか。ちょうど入れ替わりのカウンター席で、大好物のメンチカツ定食をいただきました。

f:id:es4794:20171212221437j:plain

 

ランチメニューは2種類。他にも、メンチカツ・カキフライ・ロースカツ・生姜焼きなど洋食屋さんの定番メニューが揃っています。

 

もーとにかく美味しい!揚げたてサクサク、ご飯も気持ち柔らかめで揚げ物によく合います。

 

ボリューム満点ですが食べ終わった後もぜんぜん重くなく、頭のてっぺんから足の先まで充電されていくような感じで、午後もガッツリ仕事ができます。

 

何度も通いたくなる洋食屋さん「キッチン藤(ふじ)」、超オススメですのでぜひ一度お試しいただければと!

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13110523/

悩んだとき迷ったときに前向きになれるとっておきの方法

体を動かすこと。

 

好きなスポーツ・ウォーキング・散歩・ストレッチでも。体を動かしていると文字通り気分転換になります。

 

例えば私の場合はランニング。

 

最初はモヤモヤ考えながら走っていても、体が疲れてきたり苦しくなると、走ることに集中していき、やがて悩みや迷いが横にずれるのです。

 

考えても考えても頭から離れないような不安や悩みが、頭が霧が晴れたようにリセットされることで、問題を前向きに・客観的に見ることができるようになります。

 

ランニングや駅伝に何度も助けられました。

 

駅伝を始めた3年前、新しい変化に弱気になったことがあり「私にできるだろうか」と決めきれずに迷っていることがありました。

 

雨の日が続いていて走れない日々でしたが、偶然予定がない休日に晴れた時間帯があり思いっきり走ってみたところ

不安だけど、やれるだけやってみよう。ダメだったらまたその時に考えればいい。

と、腹決めができました。

もしあの時モヤモヤしたままだったら、無難な判断していたかもしれません。

 

最初から悩まない選択はノーストレスですが結果も見えている分、経験値は小さいもの。

 

何でも前に進めばいいというものではありませんが、自分が納得して選択できることは、後悔のない選択ということだと思うのです。

 

f:id:es4794:20171210234534j:plain

コンフォートゾーンを飛び出した上がり目の就活生が集結!IT業界の社会人とフリートーク

船橋市でITゼミ(専門学生のための就活支援)を開催しました。

https://shukatsu-engineer.jimdo.com/

 

IT業界での就職を目指す学生と、IT業界で働く社会人がフリートークでワイワイ雑談。リラックスした雰囲気で将来を考えていただける場を3年前から千葉と船橋で提供しています。

 

今日はこの冬一番の寒さ!

 

架線凍結で1時間以上遅延した路線もあって休日の交通機関は乱れ気味。にもかかわらず、自分の将来に自己投資する学生と、IT業界で活躍する社会人のみなさんが集まってくれました。

 

基調講演は株式会社マデールの土屋社長にお願いして快諾いただきました。一番印象に残ったのがコンフォートゾーンのお話。

t-shimohara.com

 

コンフォートゾーン(既にできること、ストレスなくこなせること)にずーっと留まっていては成長はなく、ラーニングゾーン(まだできないこと、)に身をおくことがポイント。というお話でした。

 

まさに今日参加した学生と社会人のみなさんは初対面。

 

コンフォートゾーンから抜け出した学生が、ラーニングゾーンで自分の意見・感想をシェアしたり。社会人からのフィードバックやアドバイスをスポンジのようにメモを走らせる姿がとても印象的でした。

 

誰もが不安になる就活ですが、学校をコンフォートゾーン・就活をラーニングゾーンと考えたらいかがでしょうか。

 

内定はゴールではなく社会人のスタート。

 

今日のITゼミに参加してきた皆さんはコンフォートゾーンを超えて上がり目が始まりました。就活を通じて自分を磨きながら、よりよい人生を歩んでいただければと思います。

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

f:id:es4794:20171209162805j:plain

 

Q.ITゼミに参加して、就職活動に対する印象に少しでも変化がありましたか?

  • 自分が思っていた以上に表情が大切だと認識が変わった。
  • 全開でいい。
  • 面接への自信がついた。
  • 自己PRでの話し方や面接官が考えていることがとても参考になりました。
  • 面接のイメージが変わりました。
  • ITゼミの自己分析をしてみて、自分がぼんやりと見えたので、もっと前向きに週かつをしていけそうです。
  • まだまだ不安ですが、少し気持ちが落ち着きました。
  • 就職活動に前向きになれました。
  • 硬くなりすぎず、リラックスした方が自分をよく表現できるのではと思いました。
  • 面接に肩の力を抜いて参加で競うになりました。
  • 会社への着眼点が自分の中の考え方から少し変わった。
  • 就活を楽しんでやったほうがいいとおっしゃっていて、とてもイメージが良い方に変わりました。
  • 就活はゴールではなく、働くためのスタートだと再認識できました。
  • 就活を難しく考えていましたが、少し考え方が変わりました。
  • 対等な関係で、お互いが必要とする人を選ぶのが選考だと学びました。

SNSは人のどこを切り取っているかだけの話

だから一喜一憂する必要ないんです。

あなたはあなた、他人は他人。

 

SNSに投稿がなくても

充実している人は沢山います。

投稿が盛りだくさんで外見はキラキラでも

足元がグラグラな人もいます。

 

感動の詰まったアルバムや

自分の考え・宣伝などの一部を

ネットで公開しているにすぎません。

 

だから誰かのSNSを見て

その人のすべてだと思う必要はないし

「私だって!」と、無理に背伸びをして

発信する必要もないんです。

 

目的次第。

誰に何を届けたいのか。

その発信の狙いは何なのか。

 

無理を続ければやがて崩れます。

道具は手段であって目的ではありません。

 

しかし手段が目的になってしまうと

あっさり崩れていくものだと思います。

都内で早朝会議!千葉からほぼ始発で1時間以上前に現地入りする理由

電車が遅れるかもしれないから。

 

もし移動1時間・会議1時間の計2時間で「時間に追われて焦りっぱなしの2時間」と「余裕タップリの2時間」ではどちらの方がいい仕事になりそうでしょうか。

 

でも「電車が遅れてるんだから、遅刻しても仕方ないでしょ」と、いう人がいます。

 

遅刻の影響が個人止まりなら許容できる場合もありますが、会議やプレゼンのように相手がいる場合は致命的です。

 

もし到着時刻ギリギリに乗った電車が遅延したら、、、

  • 定刻に合うかどうかで焦り、気持ちに余裕がなくなる。
  • 直前の資料チェック作業などが飛び、準備が浅くなる。
  • 遅刻の影響(相手を待たせたり、時間調整させたり)で場のコンディションが崩れる。

 

このように同じ時間でも、余裕がない仕事はミスや手戻りが起こりやすく、生産性が下がるものです。ただ、会議の決定権があって朝一スタートが避けられればいいですが、参加人数が多い場合では「朝しか空いていない」ケースも出てきます。

 

であれば、早く行く。

 

例えば移動に1時間掛かる場所でのプレゼンが9時スタートであれば、今までの経験から最低1時間前、可能なら1時間半~2時間前に到着できると安全圏です。

 

もし遅延しても少々の遅延であれば吸収できますし、平常運行していれば近くのカフェなどで新聞や本を読んでゆっくり過ごしたり、パソコン仕事ができるならまたそれもよし。

 

こうして気持ちを落ち着かせて始まる仕事は、バタバタと焦って始まる仕事より、質やスピードの面でいい影響を及ぼします。

 

f:id:es4794:20171207230444j:plain

一生懸命話をしても相手に伝わらない理由

それは、文字で伝えようとしているからかもしれません。

 

例えば採用活動をしていて、初めてお会いする学校の先生から

御社が求める学生の人物像は、どのようなものがありますか?

 

と、聞かれたとします。これを文字で伝えようとすると、、

はい。ポイントは3つあります。

 

まず主体的に考え・行動する人です。今の時代は仕事に答えがありませんから、指示がなくても自分で考え、仮説を立てて、どんどんチャレンジしていく人はいいですね。

 

次にコミュニケーション。システム開発は工程や進捗が見えづらいので、わかりやすく相手に伝えられるかは重要です。

 

最後に相手志向。顧客やメンバーの目線や立場をきちんと考え、関係者と一緒に前向きに頑張っていただける人です。

 

会社の人事としては正しいことを話していますが、おそらく相手には半分も届いていません。なぜならこのテの話は聞き飽きているから。そして文字はあまりワクワクしないからです。

 

そこで文字ではなく映像・イメージで伝えたほうが相手には届きやすくなります。※実話です

御社が求める学生の人物像は?

 

はい。例えるならドラえもんです。

 

(???)

 

一体どういうことでしょうか??あ、便利道具を沢山出せる何でも屋さん、ということですか?

 

はい、先生の仰る通りです。一つ付け加えるなら、困ったのび太をいつも見守り、問題が起きたら道具(技術)で解決していく。

まるでドラえもんのように相手の気持ちに寄り添い、問題を技術で解決することに使命感を持っていただける方であれば、ご縁になりやすいと思います。

 

例えが珍しくてよく解りました。各学科長に伝えておきますね。「ルート14さんはドラえもんだって(笑)」 

 

先生、ドラえもんが欲しいわけではありませんのでご注意くださいね(笑)

 

というように。

 

全てをイメージで伝えることは難しい時もありますが、「まるで○○のように」といった、例え話の威力は絶大です。

 

例えば「40%」の凄さを伝えるとして

  • 4割です。約5分の2です。というのと
  • イチローの打率くらいです

 

というのでは、同じ4割でも後者のほうが「スゴイ!」という印象が伝わります。もちろん相手が野球をある程度知っている人が前提ですが。

 

こうした例え話を相手によってある程度使い分けることができたら、伝えたいことがより相手に伝わっていくと思うのです。

自分らしく生きるとは、例え遠回りでも「自分の王道を進むこと」だと思う話

もし手元に花の種があって、これから種を蒔こうとしたときに「今年はダメ。1年延期しましょう」と言われたら?

 

早く蒔けば早く実るし、そもそも蒔かなければ実りようがありません。

 

「あの人も頑張っているから」

「この人も前に進んでいるから」

「だから私も早く***」と、すぐ動いて・すぐに実をつけたくなります。

 

しかし、やむ得ない事情で前に進みたかったのに、留まらなければならないときは人生の中で起こるものですが、そんな時は、焦って・正当化して・無茶をしかねません。

 

物事やってみなければわかりませんが無謀運転は危険です。もし独身ですべて自己責任で済むのならいいかもしれませんが、子育て世帯となれば優先順位が変わってきます。

 

その優先順位の根拠になるのは「ミッション=理念」

 

ミッションは行動や考え方の軸になるもの。もちろん人によってさまざまです。

 

何を大切にするか。そのために何をして・何をやらないのか。ミッションは人から与えられるものではなく、自分の腑に落ちているか。誰かの受け売りではなく自分が本当に納得しているかで、馬力が全く変わってきます。

 

今はSNSで他人の出来事が瞬時に手のひらでわかります。ましてやSNSに流れている情報は人に見せられる情報ですから見栄えもいいものばかり。「○○さんはスゴイ、だから私も頑張ろう」といったマインドアップも大切です。しかし、、、

 

自分の人生は。自分のものだから。

誰かと比較しながら生きるより、自分の大切にしたいものを大切にしたいと思います。

  

信じているものを信じきる、大切なものを守りぬく。

 

こうした自分のミッションを基準に判断することは王道。

信じた王道を、他の誰と比較するのではなく自分の足で歩いていく。

 

もし自分の信じた王道を生きていれば、他の人は気にならなくなるでしょうし、いつ死んだとしても、、きっと後悔はないと思う。

 

ダラダラほほーんと先送りにするわけじゃないのなら、期を待つのも大切だと思います。

 

いいじゃない。少し遠回りになったとしても。

いいじゃない。少し結果を出すのが先になっても。

 

硬い土に種を蒔いても実りづらいものですが、水分・養分をたっぷり含んだ土であればきっと実りやすい。

 

大切なものを大切にするとは、自分という土壌を耕すことなのかもしれません。

アポイントは「取りにいく」より「選んでもらう」ほうがいい理由

面識のない方とアポ調整する際の話です。

 

例えばこんなケース

個人的に、前後の都合を考えると今週水曜日・午前中にアポが取れるとベスト。今週を逃すと来週以降になる。先方と面識はなく電話は初めてで、予備知識はホームページくらい。

 

こんなときにやってしまいがちなのは「6日の午前中はいかがですか?」と、相手に一択の打診をすること。

 

自分は都合がいいかもしれませんが、相手からすると選択肢がない状態となり、断られやすくなります

 

よほど商品・サービスに魅力的だったり紹介が強い場合なら、相手も譲歩する可能性はあります。しかしまだフラットの状態なら、選択肢を用意して相手に選んでもらったほうがお互いストレスなくアポが取れやすくなります。

 

そして、相手に選んでもらうとアポがずれにくい

 

これはアポの打診を受けた側の立場になるとわかるのですが、相手から提示された日程に合わせる、自分で選んだ日程とでは、心理的に重要度が一段上がるのです。

 

もちろん人対人のことなので万能ではありませんが、相手の都合に合わせた日程調整のほうが、アポの質が上がります。

 

せっかく取ったアポのリスケやキャンセルが多い場合は、ご参考にしてみていただければと。

すべては生きているからこそ味わえる

うれしいことも、悲しいことも

ムカツクことも、切ないことも。

やるせないことも、虚しいことも。

 

仕事ができるおかげ。

相手がいるおかげ。

生きているおかげ。

 

そう思えるようになったのは

7年前に亡くなった従兄弟のおかげです。

 

交通事故でこの世を去った彼の亡骸は

あまりに突然すぎて言葉が出なかった。

 

当時ダメサラリーマンだった私は

愚痴・不平不満・苛立ち・虚しさ・切なさ

心のどこかで人に依存して、人のせいにして

そのくせ周りの目ばかり気にして生きてきた。 

 

何となくつまらない毎日だけど

自分を変える勇気も

自分と向き合う勇気もなかった。

 

でも、彼のおかげで目が覚めた。 

「明日は来ないかもしれない」と

心の底から思ったから。

 

もうすぐ彼の命日に

改めて思い出して刻んでおきたい。

 

カラッと晴れた日もあれば、

急に悪天候になる日もある。

どんより曇り空が続く時期もあれば

梅雨のように長雨になる時期もある。

 

雨は気分も沈みがちですが

空気が潤い土に恵みが降りそそぐ。

雨が降るから地が固まる。

 

避けられる雨もあれば

避けられない雨もある。

 

自分で選んだ道でも

外圧で選ばざるを得ない道だとしても

たった一度の人生を

こうして生きていられるのであれば

大切にしたいものや

大切にすべきものに対して

最善を考えぬいて

最善を尽くしていこう。

 

一歩ずつ大切に。